プロモーションが含まれています。

フロアコーティング 自分でDIY!床をコーティングする方法

スポンサーリンク

フロアコーティングを自分でできる?

フロアコーティングを自分でするメリット

フロアコーティングを自分でするメリットはいくつかあります。

プロのサービスを利用するよりも、自分でフロアコーティングを行うことで費用を節約できます。専門家の労働力やサービス料金がかからないため、予算の制約がある場合には魅力的なオプションです。

プロのサービスを待たずに、自分の都合に合わせて作業ができます。時間を柔軟に管理できるので、忙しいスケジュールに合わせて作業を進めることができます。

自分で行った作業の結果を見ることで、自己満足感や達成感を得ることができます。自分の手で家やオフィスのフロアを美しく仕上げたという達成感は、非常に満足感をもたらします。

プロに頼む場合と比較して、自分でフロアコーティングを行うことで、仕上げやデザインにおいてより自由度があります。自分の好みやスタイルに合わせてカスタマイズすることが可能です。

フロアコーティングを自分でするデメリット

フロアコーティングを自分でする際のデメリットも考慮する必要があります。

プロの職人が持っている技術や知識が不足している場合、誤った手順や材料の選択が起こりやすくなります。これが結果に影響を与え、長期的な耐久性や美観に悪影響を及ぼす可能性があります。

フロアコーティングは慎重な作業が必要であり、時間と労力を要するプロセスです。自分で行う場合、それに十分な時間を割かなければならず、また作業中に様々な作業を行う必要があります。

プロの職人が行う仕上がりと比較して、自分で行った場合には完璧な仕上がりを得るのが難しいかもしれません。特に高度な技術や専門的な機器が必要な場合は、プロに頼む方が賢明かもしれません。

フロアコーティングには多くの異なる製品があり、それぞれの特性や適用条件が異なります。自分で適切な製品を選択することが難しく、誤った選択が結果に悪影響を与える可能性があります。

フロアコーティングを行う前に、フロアの下地を適切に準備する必要があります。これにはクリーニング、研磨、修復などが含まれ、これらの作業が手間と時間を要します。

フロアコーティングの種類

フロアコーティングの塗布剤にはいくつか種類があります。

主なものは以下の4つになります。

・ウレタンコーティング

ウレタンコーティングは、強力な保護力と耐久性を備えたフロアコーティングの一種です。ウレタンはプラスチック系のポリマーで、その特性からくる柔軟性があり、地面の動きに対しても強い耐久性を発揮します。また、耐薬品性も高く、化学物質や汚れから床を守ります。ウレタンコーティングは比較的施工が容易で、長期間にわたって美しい光沢を保つことができます。

・シリコンコーティング

シリコンコーティングは、シリコーンポリマーを基にしたフロアコーティングです。このコーティングは非常に滑らかで、光沢感があります。耐水性や耐摩耗性が優れており、特に湿気の多い場所や水周りの床に適しています。シリコンコーティングはシンプルで手入れが楽で、清潔感を保ちながらも滑りにくい表面を提供します。

・ガラスコーティング

ガラスコーティングは、シリカ(ガラス成分)を主成分とするコーティングです。このタイプのコーティングは非常に硬く、表面に硬質な保護膜を形成します。耐久性が非常に高く、傷つきにくいため、高い耐摩耗性が期待できます。また、光沢感があり、美しい仕上がりを実現します。ガラスコーティングは主に高い光沢を求める場合や、耐久性が重要な場所に適しています。

・UVコーティング

UVコーティングは、紫外線硬化型のコーティングです。このコーティングは光の作用で急速に硬化し、強固な表面を形成します。UVコーティングは速乾性があり、即座に使用できるため、施工の効率が良いです。耐久性があり、優れた光沢感を持ちつつも、薄膜であるため、床の質感を損ないません。UVコーティングは即時に床を利用できるので、施工後の手間が少ないのが特徴です。

フロアコーティングを自分でするなら…

フロアコーティングを自分でする場合、おすすめなのはガラスコーティング、もしくは水性ウレタンコーティングです。

ガラスコーティングは一般的にプロフェッショナルが行うことが多いですが、一部の市販のガラスコーティング製品はDIYで使用することができるものもあります。

ガラスコーティングにより、床の表面が耐摩耗性を持ち、傷やスクラッチから保護されます。光沢が生まれ、床の美観が向上します。透明性があり、床のデザインを損ないません。ガラスコーティングにより、水や液体が床に浸透しにくくなり、清掃が容易になります。

木製のフロアに適用することで、木材を保護し、耐久性を向上させます。タイルのフロアにも適用でき、撥水性や耐汚れ性を向上させます。

床を徹底的に清掃し、埃や汚れを取り除き、ガラスコーティングを均一に床に塗布します。均等に広げることが重要です。硬化時間を守ることで、耐久性が向上します。

水性ウレタンコーティングもおすすめです。水性ウレタンコーティングは一般的なDIYユーザーにとっても使いやすいです。一般的な塗料と同じように、水性ウレタンコーティングも水で薄めて扱うことができ、簡単なクリーニングも水で行えます。剥離できるため、もし失敗したとなったときでも、やり直すことができます。比較的速く乾燥し、施工後の床を早く利用できるようになります。ただ、十分な硬化時間は必要です。水性ウレタンコーティングは揮発性有機化合物(VOC)が少なく、そのため臭気が低減されています。これにより、室内での作業時に不快な臭いを最小限に抑えられます。環境にも優しいです。

UVコーティングは効率的で耐久性がありますが、自分で施工することはできません。UVコーティングは紫外線硬化型であり、特殊なライトや機材が必要です。施工中に紫外線が眼に直接当たると健康に悪影響を与える可能性があるため、適切な保護措置も求められます。また、施工技術が不足すると、ムラや波状の表面ができてしまい、美しい仕上がりが難しくなります。均一な薄膜を形成する必要がありますが、硬化が速いため、素早く作業を進めることが求められます。UVコーティングは専門的な知識や機材が必要であり、施工が難しいことから、プロにお任せする方がいいと思います。

フロアコーティングを自分でする方法

事前に準備するもの

フロアコーティングを自分でするためには、いくつかの事前準備が必要です。

  1. フロアの清掃用具:
    • ほうき
    • 掃除機
    • マイクロファイバークロスやモップ
  2. 表面処理用具:
    • フロア研磨機やサンダー(必要に応じて)
    • エッチング剤(必要に応じて)
  3. 安全用具:
    • 保護メガネ
    • 作業用手袋
    • 適切な呼吸保護具(塗料や化学薬品を使用する場合)
  4. フロアコーティング製品:
    • 選んだフロアコーティング製品(ウレタン、エポキシ、アクリルなど)
    • プライマー(必要に応じて)
    • クリーナー(フロアタイプに応じて)
  5. 塗布用具:
    • アプリケーター(スポンジ、ローラー、ブラシなど)
    • ペイントトレイ
    • 適切な大きさのペイントブラシ(必要に応じて)
  6. その他の道具:
    • ペイントスティックや混ぜ棒
    • ペンキ缶オープナー
    • マスキングテープ(必要に応じて)
  7. 予備の作業空間:
    • フロアコーティング作業を行うスペースを確保。他の家具や物品を移動する必要がある場合は事前に計画しましょう。

事前の掃除

フロアコーティングを自分でする際の事前の掃除は非常に重要です。適切な清掃が行われないと、コーティングが十分に密着せず、耐久性や美観に問題が生じる可能性があります。

家財や小物の移動する

最初に床のコーティングを行う部屋の中を整理します。不要な家具や小物はできるだけ片付け、コーティング作業の邪魔にならないようにします。小さな家具や軽い家具は、持ち上げて移動することができます。ただし、床を傷つけないように、家具の底にはフェルトパッドやゴム製の足の保護具を付けると良いでしょう。重い家具や大きな家具は、プラスチックの敷物を使って移動させると効果的です。これにより、床を傷つけずに家具を簡単に移動できます。家具を動かす前に、床の状態を確認してください。大きな家具の下にはプラスチックシートや防水のビニールシートを敷いておくと、床の汚れや水滴から守ることができます。電子機器やデリケートなアイテムは、慎重に移動させる必要があります。事前に必要な配線の取り外しや整理を行い、クッション材や布で包んでから移動させると安全です。移動させた家財や小物は、作業中にほかの部屋や一時的な場所に収納しておくと作業スペースが広くなります。移動先のスペースもきちんと整理しておくと、後で戻す際にスムーズです。

作業する部屋の壁や巾木を養生する

作業する部屋の壁や巾木を養生することは、フロアコーティングを自分でする際の重要な手順です。壁と床の接続部分(巾木やモールディング)にマスキングテープを貼ります。マスキングテープは塗装やコーティングが付着しないようにするためのバリアとなります。壁の角や線状の部分にテープをしっかりと貼り付けます。マスキングテープを貼る際に、きちんとした直線や角を保つことが、仕上がりの美しさに影響します。注意深くマスキングすることが大切です。壁や巾木にマスキングテープが貼られたら、床全体に防護シートを敷きます。これにより、床以外の部分が塗料やコーティングから保護されます。防護シートはしっかりと固定し、隅々までしっかりと広げることが大切です。コーティングが床以外の場所に飛び散るのを防ぎます。壁と巾木の境界部分は特に注意が必要です。この部分に余分なコーティングが付着すると、後で取り除くのが難しくなります。マスキングテープをしっかりと押さえ、境界部分を確認しながら作業を進めます。

古い仕上げ物の剥離

古い仕上げ物の剥離は、フロアコーティングの重要な手順であり、良好な密着と仕上がりを実現するために重要です。塗料剥離剤は、揮発性があり、香りや刺激が強い場合があります。換気扇を回し、可能であればマスクや手袋を着用して安全対策を確保します。床の素材によっては、適した剥離剤が異なります。床材やコーティングの種類に合った剥離剤を選びましょう。また、剥離剤の効果時間にも注意が必要です。剥離剤を指定された厚さで均一に塗ります。注意深く作業し、周囲の素材にはかからないように気をつけます。床が大きい場合は、適切なエリアで段階的に作業を進めます。塗布後、剥離剤が適切な時間(通常は数分から数十分)反応するのを待ちます。この時間は剥離剤の製品によって異なるため、指定された時間を確認しましょう。剥離剤が十分に反応したら、スクレイパーやナイロン製のブラシを使って古い仕上げ物を除去します。力を入れすぎず、床を傷つけないように注意深く行います。仕上げ物が除去されたら、残留した剥離剤や汚れを布やスポンジで拭き取ります。床が清潔で乾燥していることが次の工程に備える重要なステップです。最後に、床が十分に乾燥していることを確認します。湿ったままでは新しいコーティングがうまく密着しません。

隙間やひびの修復

隙間やひびの修復は、フロアコーティングを行う前の重要な手順です。床の表面を注意深く観察し、隙間やひびがどの程度広がっているか、また床材によってはどのような補修材が適しているか確認します。掃除機やブラシを使って、隙間やひびの周囲の埃や汚れを取り除きます。きれいな表面に補修材を適用することが重要です。隙間やひびに適した補修材を選び、指示に従って正確に混ぜます。パテや補修材を小さなスポンジやブラシを使って隙間に埋めます。余分な材料が出ないように注意深く作業します。パテが完全に乾燥する前に、補修箇所の表面をサンドペーパーで均一化します。この工程で、仕上がりが滑らかになります。サンドペーパーを使用した後は、余分な埃を掃除機や湿った布で丁寧に取り除きます。床面を清潔に保つことで、コーティングの密着性が向上します。コーティング作業を行う前に、補修した箇所を周囲から保護するために、マスキングテープを貼ります。これにより、コーティング剤が補修箇所以外の部分に付着するのを防ぎます。隙間やひびの修復が完了したら、床全体を再び掃除機や湿った布で清掃し、綺麗な状態に保ちます。

ダストやゴミの除去

ダストやゴミの除去は、フロアコーティングを行う前の重要な手順です。床上に置かれた家具や小物を移動し、作業スペースをできるだけクリアにします。これにより、隅々まで掃除しやすくなります。掃除機を使用して、床全体のダストやゴミをしっかりと吸い取ります。特に隅や角、家具の下など、見落としがちな部分も丁寧に掃除します。掃除機が届きにくい隅や角、ベースボード周りなど、細かい部分はホウキやダストパンを使って丁寧に掃除します。ほこりや微細なゴミを残さないように、湿らせた布やほうきを使用して床の表面を拭き取ります。湿らせた布を使うことで、ほこりが舞い上がるのを防ぎます。グリースや油汚れ、食べこぼし、その他の頑固な汚れがある場合は、それらを特に重点的に掃除します。専用のクリーナーや中性洗剤を使って汚れを取り除きます。掃除が終わったら再度掃除機をかけ、最後に残った微細なダストや繊維を取り除きます。最後に、湿らせた布で拭いた箇所が完全に乾燥していることを確認します。床が湿っているままでコーティングを行うと、密着が悪くなる可能性があります。

塗り方

フロアコーティングを自分でする際には、正確で丁寧な塗布が、コーティングの仕上がりと耐久性に大きな影響を与えます。

均一な下地の確保

フロアの種類やコーティング製品によっては、プライマー(下地調整剤)の使用が推奨されることがあります。指定されたプライマーを使用して、密着性を向上させましょう。プライマーは床表面を均一にし、コーティング剤の密着性を向上させます。指示に従い、ローラーブラシを使用してプライマーを広げます。均一に塗布することがポイントです。プライマーが完全に乾燥するまで待ちます。これにより、次のコーティング剤が安定して密着することができます。プライマーの仕様によりますが、通常は数時間から一晩程度が必要です。プライマーや補修作業後には、再び掃除機や湿らせた布を使って床表面をきれいに掃除します。これにより、塗装前の清潔な状態を維持します。コーティングを行う期間中、室温はコーティング剤の指定範囲内に維持する必要があります。これにより、均一な硬化が実現されます。通常、フロアコーティングのコーティング剤は20℃~25℃程度の室温が適しています。

適切な温度と湿度

適切な温度と湿度を確保することは、フロアコーティングの成功に影響を与えます。フロアコーティングを行う前に、室温と床温を確認します。床温が低すぎると、コーティング剤の乾燥が遅れ、仕上がりが損なわれる可能性があります。湿度も重要な要素です。湿度が高すぎると、コーティング剤が乾燥しにくく、表面にムラができる可能性があります。逆に湿度が低すぎると、剥がれやクラックの原因となります。通常、湿度は40%~60%の範囲が理想的です。もし可能であれば、深夜や早朝に作業を行うことで温度が安定しやすくなります。昼間の気温が高すぎる場合は、夜間や早朝の方が適しています。床温が低い場合、事前に床を暖房機で温めるなどして適切な温度に調整します。これにより、コーティング剤が均一に広がりやすくなります。

スムーズで一貫した動き

スムーズで一貫した動きは、フロアコーティングの均一で美しい仕上がりを実現するために重要です。ローラーブラシやペイントブラシなど、使用する塗装道具を適切に選びます。床の素材やコーティング剤の仕様に合ったものを使用しましょう。使用するコーティング剤を均一に混ぜ、適切な量を用意します。均等に混ぜないと仕上がりにばらつきが生じる可能性があります。塗装を始める前に、作業するスペースの動線を考え、塗り終わった箇所に足を踏み入れないようにします。これにより、ムラや足跡を防ぎます。一貫した方向でコーティング剤を塗ります。通常は直線的な動きで均等に広げると、美しい仕上がりが得られます。また、コーティングの途中で方向を変えないようにします。前回の塗布した部分にオーバーラップ(重ね塗り)するように注意します。これにより、塗りムラを防ぎ、均一な仕上がりを実現します。塗布するコーティングの厚みは均等であることが重要です。厚塗りや薄塗りがあると、仕上がりに不均一さが生じます。ラシやローラーから余分なコーティング剤が滴るのを防ぐよう注意します。滴りが床に付着すると、仕上がりに不均一な箇所ができてしまいます。フロアを均一に塗りたい場合、一度の作業で大きな範囲を塗るのではなく、小さなエリアを適切に分割します。通常は部屋の1/4など小分けにすると管理がしやすくなります。

硬化・乾燥時間を守る

指定の硬化・乾燥時間を守ることは、フロアコーティングの仕上がりや耐久性に直結します。使用するコーティング剤の取扱い説明書に目を通し、硬化・乾燥時間や適切な環境条件を確認します。各コーティング剤には異なる時間が指定されていることがあります。重要な施工前には、硬化・乾燥時間の前提条件を確認します。例えば、2回塗りの場合は、最初のコーティングが完全に硬化してから次の層を塗布します。湿度が高い場合は、硬化・乾燥が遅れることがあります。除湿器を使ったり、換気を強化したりして湿度を下げる対策を行います。取扱い説明書に指定された硬化・乾燥時間よりも、余裕をもって待つことが好ましいです。急いで次の工程に進むと、仕上がりに悪影響を及ぼす可能性があります。

フロアコーティングを自分でするときの注意点

窓の開閉について

フロアコーティングを自分でする際には、事前の掃除が非常に重要ですが、窓の開閉についても注意が必要です。施行中は窓は閉めるようにしてください。フロアコーティング中に窓を開けると、外部からホコリや微粒子が室内に入り込む可能性が高まります。これが床に付着すると、仕上がりに不均一さやゴミの混入が生じる原因となります。開けた窓からの風がコーティング剤や薬品を乾かす速度を変化させ、均一な仕上がりを阻害する可能性があります。風の影響を最小限にするためには窓を閉めることが重要です。窓を開けることで外気の影響を受けやすくなり、室内の温度や湿度が不安定になります。コーティング剤は指定の条件で硬化・乾燥する必要があるためです。窓を閉めることで、外部からの虫や花粉、その他の不純物が作業中の床面に付着するリスクを軽減します。これにより、美しい仕上がりを実現しやすくなります。

天気の良い日に実施する

フロアコーティングを自分でする際、天気の良い日に作業を実施することが大切です。なぜなら、良い天気の日にはいくつかのメリットがあります。

湿度の高い雨の日には注意が必要です。 コーティング剤は湿気に敏感で、湿度の高い雨の日に作業すると、コーティングが乾きにくくなります。湿気が多いと、コーティングが十分に硬化せず、仕上がりが不安定になる可能性があります。したがって、晴れて湿度が低い日に作業を行うと、コーティングが効果的に硬化し、耐久性が向上します。

部屋が暗くなるとゴミに気付きにくくなります。 天気の良い日は自然光が豊富に入るため、作業エリアが十分に明るくなります。これにより、ゴミや微細な埃に気付きやすくなります。明るい環境で作業することで、きれいで均一なコーティングを実現しやすくなります。逆に、暗い日や雨の日は、細かい汚れが見落とされやすくなるため、十分な注意が必要です。

可能であれば「密着試験」を行っておく

「密着試験」はフロアコーティングを行う際の重要な注意点の一つであり、コーティング剤がしっかりと床に密着しているかを確認する手法です。コーティングを施す前に、床の一部で密着試験を行います。通常は見えにくい箇所や目立たない部分で行うと良いです。これにより、実際の仕上がりを確認できます。密着試験を行うエリアを十分に掃除し、ホコリや汚れを取り除きます。清掃が不十分な場合、密着性の評価が正確に行えません。試験エリアにコーティング剤を均一に塗布します。指定の方法や道具を使って、できるだけ均等な厚さで塗ります。待機時間が経過したら、コーティングした箇所の端をマスキングテープで覆い、そっと剥がしてみます。剥がれやすさや剥がれた部分の状態を確認します。もし密着が不十分な場合は、原因を確認し修正します。可能であれば床の表面を適切に処理して再度試験を行います。この密着試験を行うことで、実際のコーティング作業に入る前に密着性の問題を事前に検知し、適切な対策をとることができます。これにより、より耐久性の高い仕上がりを確保できます。

ムラなく仕上げる

フロアコーティングを自分でする際、「ムラなく仕上げる」ことは美しさと耐久性の向上につながります。

速乾性のコーティング剤に注意: 一度塗ると表面がすぐに乾燥するコーティング剤を使用する場合、素早く塗る必要があります。塗りムラが生じると、表面の色が不均一になってしまいます。ムラを防ぐためには、手際よく塗ることが大切です。

2. 手際よく塗るためにルートを決める: 事前にコーティングするルートを決めておくことが重要です。具体的な塗布の順序やパターンを予め計画し、手際よく移動することで、ムラなく均一にコーティングすることができます。

3. 均等な圧力と速度で塗布: 均等な圧力と速度で塗ることもポイントです。特にローラーやブラシを使う場合、圧力や塗布速度が不均一だと仕上がりにムラが生じやすくなります。一定の圧力と速度を心がけ、均等に塗るようにしましょう。

4. 重なり部分の管理: 前回塗布した部分と重なる際には、均等に重なり部分を設定し、ムラを防ぎます。特に乾燥が速い場合、素早くかつ注意深く作業を進めることが求められます。

フロアコーティング 自分でQ&A

フロアコーティング 何年もちますか?

フロアコーティングの寿命は使用されるコーティングの種類や条件によって異なりますが、通常は3〜5年程度が一般的です。定期的なメンテナンスや適切な使用環境であれば、耐久性が向上し、長く美しい仕上がりを維持できます。

フロアコーティングを施工する人の割合は?

フロアコーティングを自分で行う人は増加していますが、専門業者に依頼する割合も高いです。正確な割合は地域や状況により異なりますが、専門業者に頼むことで専門知識や技術が活かされ、美しい仕上がりと耐久性が期待できます。専門業者のプロフェッショナリズムに頼ることで、より長く満足のいく結果を得ることがおすすめです。

フロアコーティング どれくらいで乾きますか?

フロアコーティングの乾燥時間は使用するコーティングの種類や環境条件により異なりますが、通常は数時間から一日程度です。具体的な製品の指示に従い、通気性を確保しながら硬化させることが重要です。完全な硬化には数日から数週間かかることもありますが、通常の使用に耐えられる程度には早い段階で乾燥し、軽い荷重にも耐えられるようになります。

フロアコーティング 自分でのまとめ

フロアコーティングを自分でするメリットは、費用削減や自分のスケジュールに合わせられる柔軟性があります。一方で、デメリットとしては専門知識や技術の不足からくる施工の難しさや、プロ仕様の耐久性が難しいことが挙げられます。自分でする方法は、適切な清掃から下地処理、均一な塗布までを丁寧に行うことです。注意点は、湿気や埃、揮発性成分への対策、均一な仕上げを確保するための手際よい作業が求められます。

【関連記事】

フロアコーティングは必要ない?床コーティングは必要or不要 必要性

突き板 フローリング 後悔/床材 突板フローリングの失敗

シートフローリング 後悔/フローリングの種類でおすすめな人