プロモーションが含まれています。

突き板 フローリング 後悔/床材 突板フローリングの失敗

楽天トラベル割引クーポン!

スポンサーリンク

突き板のフローリングで後悔した事例

思っていたよりも質感が良くない

「突き板フローリング」を選んで後悔しました。予想していた質感とは異なり、実際の仕上がりが期待外れでした。突き板の凹凸が思ったよりも強調され、足触りも硬すぎて快適さに欠けました。メンテナンスも手間がかかり、傷がつきやすい印象。施工前に慎重に検討すべきでした。同じような失敗を避けたい方は、突き板フローリングの特性や他の素材との比較を事前によく調べ、実際のサンプルを確認することが重要です。後悔の原因となる可能性がある点について、しっかりと理解してから選択することをお勧めします。

ヒヤッと冷たい

選んだ「突き板フローリング」で後悔しています。足元がヒヤッと冷たく、無垢材のような木の温かみは感じられませんでした。寒冷な季節には特に不快で、床に直接触れると冷気が伝わります。この冷たさは家庭内でのくつろぎを損ないます。無垢材と勘違いしての選択で、結果として期待外れ。突き板の特性には注意が必要で、暖かい雰囲気を求めるなら他の素材を検討することをお勧めします。

経年劣化の見た目が良くない

「突き板フローリング」を選んで経年劣化に後悔しています。時間が経つにつれ、表面の塗装が取れてしまい、見た目が劣化。初めは美しかった木目もくすんでしまいました。メンテナンスの手入れが不足だったのか、素材の特性によるものかはっきりしませんが、見た目の劣化には驚きました。突き板のフローリングを選ぶ際は、メンテナンスや耐久性についての情報をよく確認し、適切な手入れを怠らないように注意が必要です。

突き板 フローリングについて

突き板 フローリングとは?

「突き板フローリング」は、複合フローリングの一種で、合板やMDF(中密度繊維板)などの基材に突き板を貼り合わせた構造を持つフローリング材です。このタイプのフローリングは、基材として複数の材料を使用し、その表面に突き板を薄く張り合わせています。突き板の厚さは一般的に0.2mm〜0.6mmほどで、薄くても木材の風合いや質感が残ります。これにより、見た目は天然木に近いが、基材の強度や安定性を利用しているのが特徴です。突き板フローリングは経済的でありながら、自然な木の雰囲気を楽しむことができる人気のあるフローリングの一つです。

突き板 フローリングのメリット

突き板フローリングにはいくつかのメリットがあります。まず第一に、その自然な木の風合いが挙げられます。突き板は薄くても、木の質感がしっかりと感じられ、部屋に温かみと自然な雰囲気を与えます。これにより、リビングや寝室などの空間が心地よく、落ち着いた雰囲気になります。

また、経済的な利点もあります。突き板フローリングは複合構造を持ちながら、天然木の特長を生かしているため、他の木材に比べて比較的リーズナブルな価格で提供されています。質の高い木の風合いを手頃な価格で楽しむことができるのは、予算を考慮する際に大きな利点となります。

さらに、突き板フローリングは比較的軽量で、施工がしやすいという特長もあります。これにより、リフォームや新築時の工事において、迅速かつ効率的な施工が可能です。簡単な取り扱いができるため、DIYプロジェクトにも適しています。

突き板 フローリングのデメリット

突き板フローリングにはいくつかのデメリットも存在します。まず一つ目は、耐久性に関する課題です。突き板は表面が薄いため、強い衝撃やキズに対しては比較的傷つきやすい傾向があります。このため、家庭内での激しい使用や家具の引き移動などには慎重が必要です。

もう一つのポイントは、経年変化に伴うメンテナンスが必要なことです。突き板の表面の仕上げが剥がれたり、劣化したりすることがあります。このような変化が見られる場合、再度の表面処理や保護塗装が必要になります。メンテナンスが不十分な場合、外部からのダメージにより見た目や質感が劣化する可能性があります。

最後に、突き板フローリングは湿度に敏感です。湿度の変動により、床が膨張したり収縮したりすることがあります。特に高湿度の環境では、床の変形や反りが生じやすいため、適切な湿度管理が求められます。

突き板 フローリングで後悔しない!おすすめな人

木の質感は欲しいけど予算を抑えたい人

突き板フローリングは、木の質感を求めつつも予算を抑えたい方におすすめです。このフローリングは、表面が薄い突き板を使用しており、その薄さにも関わらず天然木の風合いをしっかりと感じることができます。そのため、見た目にこだわりたい方に最適です。

一方で、突き板フローリングは他の天然木のフローリングに比べて比較的リーズナブルな価格で提供されています。これにより、予算を抑えながらも本物の木の温かみや味わいを楽しむことができます。デザインや雰囲気を大切にする方で、同時に経済的に考える方にぴったりの選択肢です。

また、突き板フローリングは比較的軽量で施工がしやすいため、リフォームやDIYプロジェクトにも適しています。自分で床を取り付けることができれば、施工費用を抑えつつ理想の空間を手に入れることができるでしょう。

無垢材のような環境による伸縮はイヤな人

突き板フローリングは、無垢材のような環境による伸縮が気になる方におすすめです。このフローリングは寸法安定性が抜群で、湿度や気温の変化に対しても安定した状態を維持します。無垢材が収縮膨張しやすい特性が苦手な方にとって、突き板フローリングは変形の心配が少ない利点があります。

さらに、手入れが簡単なのも魅力です。突き板フローリングは表面が薄いため、掃除やお手入れが比較的容易。日常的なお手入れで美しい状態を維持することができます。特に、湿気や乾燥に強く、繊細な取り扱いを求められないので、お手軽にキレイを保つことができます。

このように、無垢材のような伸縮が気になる方にとって、突き板フローリングは安定性があり手入れが簡単な選択肢となります。自然な木の風合いを楽しみながら、安心してご利用いただける素材です。

床暖房を採用したい人

突き板フローリングは、床暖房を採用したい方にとっておすすめの素材です。このフローリングは薄いがしっかりとした木の風合いを持ち、その薄さが床暖房との相性を良くします。

まず、突き板フローリングは薄いため、熱伝導が迅速で、床暖房の熱を素早く広げます。これにより、床全体が均等に温まり、部屋全体が快適な温かさに包まれます。また、床暖房の温度変動にも対応しやすく、床材自体が安定しているため、床暖房による影響を受けにくいのが特徴です。

さらに、突き板フローリングは木材の熱伝導率が高いため、床暖房を最大限に活かすことができます。部屋全体に心地よい温かさを提供しつつ、エネルギー効率を向上させることが期待できます。

突き板で後悔した事例を紹介しましたが、突き板フローリングにもメリットはあります。木のぬくもりが感じられる家は、多く人のあこがれでもあります。けれど、予算的に無垢材を選ぶのは難しい側面もあります。家にもつ理想と現実の両方を叶えることができるのが突板フローリングです。デメリットも紹介していますので、参考にしてください。

床材で後悔しないために、次のセクションでは、突き板フローリング以外の床材について紹介します。

突き板 フローリングで後悔しない!床材選び

挽き板フローリング

挽き板フローリングは、木材を薄く挽いて作った床材です。木の表面を削り出すことで、木目や質感をより鮮明に表現し、高級感のある仕上がりを実現しています。

メリット:

  1. 高級感と美しさ:挽き板フローリングは、木の表面を薄く削り出しているため、木目や質感が非常に美しく、高級感があります。
  2. 耐久性:木の表面を削り出すことで、木材の密度が上がり、耐久性が向上します。そのため、傷や磨耗に強く、長期間美しい状態を保つことができます。
  3. バリエーション豊富:様々な木材や仕上げ方法があるため、お好みやインテリアに合わせて選ぶことができます。

デメリット:

  1. コストが高い:高品質な木材を使用しており、手間のかかる製造工程が必要なため、他のフローリング材に比べてコストが高くなることがあります。
  2. メンテナンスが必要:挽き板フローリングは耐久性が高いですが、定期的なお手入れや保護が必要です。特に、傷や汚れが付着しないように注意が必要です。
  3. 収縮や膨張が起こりやすい:湿度や温度の変化によって、挽き板フローリングは収縮や膨張が起こりやすい傾向があります。特に、湿度の高い場所や乾燥した環境では、注意が必要です。

シートフローリング

シートフローリングは、柔らかくて軽量な素材を使用して作られた床材です。通常、ビニールや合成樹脂などの素材が使われており、柔軟性があり、取り扱いが簡単です。

メリット:

  1. 取り付けが簡単:シートフローリングは、一枚の大きなシート状になっており、施工時にはカットして必要なサイズに調整するだけです。そのため、取り付けが比較的簡単で、DIYでも行うことができます。
  2. メンテナンスが容易:シートフローリングは、表面が滑らかで水や汚れが付きにくく、お手入れも簡単です。普段の掃除や拭き掃除で十分な場合が多いです。
  3. 防水性が高い:ビニールや合成樹脂でできているため、シートフローリングは防水性が高く、水回りや湿気の多い場所に適しています。

デメリット:

  1. 耐久性が低い:シートフローリングは比較的薄い素材でできているため、傷や穴がつきやすく、耐久性が低い場合があります。家具の引っ掛けやペットの爪などに注意が必要です。
  2. デザインの選択肢が限られる:シートフローリングは、柄や色などのデザインのバリエーションが他の床材に比べて限られている場合があります。そのため、インテリアに合わせるのが難しいことがあります。
  3. 断熱性や遮音性が低い:素材の特性上、シートフローリングは断熱性や遮音性が低い場合があります。特に、冷たい地面や音の響きが気になる場合は、別途対策が必要です。

無垢フローリング

メリット:

  1. 自然の風合いを楽しめる:無垢フローリングは、一枚一枚が木の一部でできています。そのため、部屋に自然な温かみや趣が加わります。
  2. 味わい深い風合い:時間が経つにつれて木目が変化し、独特の味わい深い風合いになります。
  3. 長期的な投資:適切なメンテナンスを行えば、無垢フローリングは非常に耐久性があります。長期的な視点で考えると、投資に値する素材です。

デメリット:

  1. メンテナンスが必要:無垢フローリングは、汚れやキズに敏感です。定期的なお手入れや保護が必要です。
  2. コストが高い:無垢フローリングは高品質な自然素材を使用しているため、他のフローリング材よりもコストが高くなることがあります。
  3. 変形や反りが起こりやすい:湿度や温度の変化によって、無垢フローリングは変形や反りが起こりやすい傾向があります。特に、水回りの部屋や地下室など、湿気の多い場所では注意が必要です。

床材を選びのポイント

  1. 用途と場所の考慮:床材を選ぶ際には、その部屋の用途や場所を考慮することが重要です。例えば、キッチンやバスルームのような湿気の多い場所では防水性の高い床材が必要です。
  2. 耐久性:床は日常的に使われる場所であり、傷や摩耗に強い床材を選ぶことが重要です。特に、家具の移動やペットの爪などによる傷つきに強い床材を選びましょう。
  3. メンテナンスの容易さ:床材のメンテナンスは定期的に行う必要があります。掃除やお手入れが煩雑でない、または防汚性が高い床材を選ぶことで、日常生活がより快適になります。
  4. デザインとインテリア:床は部屋全体の雰囲気を大きく左右する要素の一つです。そのため、床材のデザインや色合いを部屋のインテリアと調和させることが重要です。
  5. 予算:床材の価格は様々です。予算に合わせて、耐久性やデザイン性などの要素とバランスを取りながら選ぶことが大切です。
  6. 専門家のアドバイスを聞く:床材の選択に迷った場合は、専門家やリフォーム業者に相談することもおすすめです。彼らの経験と知識を活用して、最適な床材を選ぶことができます。

突き板 フローリング 後悔Q&A

突き板フローリングの寿命は?

突き板フローリングの寿命は、適切なメンテナンスと使用条件に依存します。通常、十分なケアを施す場合、15〜25年以上もつことが一般的です。ただし、湿度の管理や適切な清掃が怠られると、寿命が短くなる可能性があります。擦り切れや傷つきにくい特性がありつつも、長寿命を追求するなら定期的なメンテナンスが欠かせません。

突き板フローリングのメンテナンスは?

突き板フローリングのメンテナンスは比較的簡単です。定期的な掃除が重要で、ホコリや砂を取り除き、柔らかい拭き掃除を心掛けましょう。汚れには中性の洗剤を用い、水拭き後は十分に拭き取ります。家具の移動時にはフェルトパッドを使い、傷つきを防ぎます。突き板が薄いため擦り切れにくいですが、定期的なメンテナンスで美しい状態を維持できます。

挽き板と 突き板の違いは?

挽き板と突き板の主な違いは、製造方法と素材厚さにあります。挽き板は天然木を2~3mmの板状に切り出し、薄い素材を使っています。一方、突き板は合板やMDFなどの基材の表面に薄い天然木(突き板)を貼り合わせた構造です。挽き板は薄くて柔軟、突き板は基材の強度を活かし、木の風合いを保ちつつ強度を確保します。どちらも天然木の風合いを楽しむが、素材の特性や用途に応じて選択します。

突き板 フローリング 後悔まとめ

突き板フローリングは自然な木の風合いを手頃な価格で楽しむことができ、経済的で施工もしやすいのがメリットです。しかし、表面が薄くキズや衝撃に弱いため、耐久性に課題があります。また、経年変化や湿度への敏感さも考慮が必要です。床に暖かみを求めつつ予算を抑えたい方や、手入れを慎重に行うことができる方におすすめです。ただし、傷つきにくい床を希望する方や、床暖房を検討している方には他の素材も検討する価値があります。

【関連記事】

フロアコーティングは必要ない?床コーティングは必要or不要 必要性

シートフローリング 後悔/フローリングの種類でおすすめな人

フロアコーティング 自分でDIY!床をコーティングする方法