プロモーションが含まれています。

フロアコーティング 相場/費用 床コーティングの価格はいくら?

フロアコーティングの相場に悩む人

スポンサーリンク

フロアコーティングの相場/種類別の費用

フロアコーティングの、種類別費用相場は地域や業者によって異なるため、以下の情報は一般的な目安として考えてください。また、耐久年数や施工時間も具体的な条件により変動します。

UVコーティングの費用価格

UVコーティングは、紫外線を照射して効果させることからそう呼ばれています。光硬化型のため、光が当たることで瞬時に硬化します。これにより、施工後のフロアは即座に使用可能となり、長い乾燥時間を必要としない速乾性があります。UV硬化コーティングは非常に硬く、フロアを傷や摩耗から保護します。そのため、長期間にわたり美しい仕上がりを維持できます。耐久年数も、フロアコーティングの種類の中で最も長くなっています。化学物質に強い耐性を持ち、酸やアルカリ、油などの薬品からフロアを守ります。塩素系の薬品にも溶けません。また、UV硬化コーティングは揮発性有機化合物(VOC)をほとんど発生させないため、環境への影響が少ないです。環境配慮型のフロアコーティングとして注目されています。

フローリングを保護するコーティングの中でも、その高い耐久性は人気があるのですが、専門的な設備や技術が必要であり、施工コストが他の方法に比べて高くなることがあります。

おすすめなのは、高級感のある仕上がりを求める人、数年に1度塗り直すようなメンテナンスの手間を省きたい人、施工する家に長く住む人、幼児やペットを飼っている人。ペットの爪の引っかき傷や糞尿による汚れも、高い耐久性が床を守ってくれます。また、防水、防汚、防カビ、抗菌、熱にも強いので、施工場所を選びません。

  • 耐久年数: 約20~30年
  • 施工時間: 数時間
  • 平米単価: 4,500円~5,000円程度
  • 3LDKマンション(70㎡)のケース: 約200,000~350,000円

UVコーティング おすすめの業者

ガラスコーティングの費用価格

ガラスコーティングは非常に透明であり、フロアに美しい光沢を与えます。この透明度は、床の本来の色や模様を引き立たせ、空間全体に明るさをもたらします。ガラスコーティングは非常に硬く、フロアを傷や擦り傷から保護し、また、耐久性が高いため、長期間にわたり美しい仕上がりを維持できます。化学物質に強い耐性を持ち、酸やアルカリ、油などの薬品からフロアを守ります。ただ、塩素系の洗剤が塗膜を溶かしてしまう恐れがあるので、もし床に落としてしまったらすぐにふき取るようにしてください。ガラスコーティングは水に対して強い撥水性を持ち、フロアを水や汚れから保護します。この特性により、清潔で衛生的な状態を維持しやすくなります。紫外線を遮断する効果も高いので、日光によるフローリングの劣化を防ぐのには最適です。もちろん100%紫外線をカットするものではないので注意が必要です。

ガラスコーティングは高品質で耐久性がありますが、その分施工コストが他の方法に比べて高くなることがあります。硬度が高く耐久性には優れているのですが、塩素系の漂白剤には弱いこと、調理中のにはねた油で跡が残ったなど、熱に弱いところがあります。ただ、床暖房の熱には問題ありません。

おすすめなのは、透明度と輝きに優れ、フロアに高級感を求める人、特にナチュラルな仕上がりを求める人には最適です。クッションフロアやPタイルにも施工は可能で、無垢フローリングに施工したい人にも、無垢の良さを残すことができるガラスコーティングはおすすめできます。無機質素材なので安全性が高く、赤ちゃんやペットがいる家庭でも安心です。

  • 耐久年数: 約20年
  • 施工時間: 1日
  • 平米単価: 3,500円~5,000円程度
  • 3LDKマンション(70㎡)のケース: 約260,000〜370,000円

ガラスコーティング おすすめの業者

シリコンコーティングの費用価格

シリコンコーティングはまず、撥水性に優れており、水分や湿気からフロアを守ります。 これにより、清潔で衛生的な状態を維持しやすくなります。同時に、撥油性耐薬品性も高いため、油や化学薬品からも強固にフロアを保護します。 工業環境や厨房などでの使用に適しています。

シリコンコーティングはまた、耐熱性が非常に高い特徴があります。 これにより、高温の環境においても劣化せず、安定した性能を発揮します。アンモニアや薬品に対する強い耐性も備えており、厳しい環境下でも安心して利用できます。

滑りにくい性質も持っており、安全性を高めます。 また、日焼けや結露による劣化を防ぎ、フロアの美観を長期間にわたり維持します。 これにより、屋内外を問わず、気候変動による悪影響を最小限に抑えます。

最も便利な特徴の一つとして、再施工が可能な点が挙げられます。 フロアが劣化したり、コーティングが減少した場合に、比較的容易に再施工できるため、長寿命なフロア状態を維持することができます。

シリコンコーティングは価格と品質のバランスに優れたコーティングと言えます。

デメリットとしては、施工から乾燥まで完了するまでに2日ほどかかるため、即入居ができません。完全硬化には1ヶ月程度かかります。耐久性は、UVやガラスコーティングにはやや劣り、耐用年数も短くなっています。施工業者が少ないのもデメリットと言えます。

おすすめなのは、子供やお年寄りがいる、ペットを飼っている、自然な仕上がりを求める人、床暖房には対応したい、できれば価格は抑えたい人におすすめです。

  • 耐久年数: 約10~20年
  • 施工時間: 2~3日(完全硬化1ヶ月程度)
  • 平米単価: 3,000円前後
  • 3LDKマンション(70㎡)のケース: 約150,000円~220,000円

シリコンコーティング おすすめの業者

ウレタンコーティングの費用価格

ウレタンコーティングは手頃なコストで手に入る優れたフロアコーティングの一種です。

ウレタンコーティングはまず、摩擦や傷に対して強い耐久性を誇ります。 そのため、高い通行量が予想される商業施設や住宅など、さまざまな環境で広く利用されています。この特性により、フロアが日常の使用や搬送などで受ける影響から守られ、長期間美しい状態を維持できます。

ウレタンコーティングはまた、ツヤをコントロールできるという柔軟性があります。 好みに合わせて光沢感を調整できるため、用途やデザインに合わせた仕上がりが可能です。これにより、シンプルで自然な仕上がりから、光り輝くような高光沢の仕上がりまで、多様なスタイルに対応できます。

ウレタンコーティングは「水性」と「油性」の2種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。水性ウレタンコーティングは環境に優しく、揮発性有機化合物(VOC)の放散が少ないため、室内環境への影響が軽減されます。現在多く使われているのは水性のウレタンコーティングです。

ウレタンコーティングは手軽な価格で入手可能であり、使い勝手の良さと多様な仕上がりの選択肢から、広範な用途に適しています。そのため、経済的で頼りになるフロアコーティングの選択となります。

ウレタンコーティングは、耐久性では劣ってしまいます。そのため、定期的に塗り直す必要があります。乾燥時間も2〜3日、完全に硬まるまでには1ヶ月程度かかってしまいます。耐薬品性に優れていないので、付着したものによってはダメージをおってしまいます。

おすすめなのは、価格を抑えたい人、仕上がりの光沢が苦手な人、多様なスタイルに対応しているので、フローリングをインテリアに合わせたい人。

  • 耐久年数: 約5~7年
  • 施工時間: 3日程度(完全硬化1ヶ月程度)
  • 平米単価: 2,000円前後
  • 3LDKマンション(70㎡)のケース: 約150,000円~200,000円

ウレタンコーティング おすすめの業者

アクリルコーティングの費用価格

アクリルコーティングは手頃な価格で手に入り、床のツヤ出しを楽しむための魅力的なフロアコーティングの一種です。

まず、安い料金が特徴の一つです。 予算に制約がある場合でも手軽に利用でき、リーズナブルな価格でフロアに美しい光沢を与えることが可能です。これにより、手軽に床を美しく仕上げたいという方に適しています。

アクリルコーティングはまるでマニキュアを塗るかのような感覚で施工でき、カラーバリエーションの選択肢が豊富です。 好みの色やスタイルに合わせて選択でき、床を個性的かつ魅力的に演出することができます。

ただし、アクリルコーティングは床の保護を主眼に置くよりも、床に美しい輝きを与えることにフォーカスしています。 耐久性は他のコーティングに比べてやや劣るかもしれませんが、その代わりに手軽な施工と美しい仕上がりが魅力です。

アクリルコーティングの利点の一つは、後から他のコーティングに変更できることです。 もし将来的に耐久性や特定の性能を求めるようになれば、切り替えが可能です。

耐久性が低く、保証期間も短いですが、それよりも予算をかけたくない人にはおすすめです。耐水性・耐薬品性も低いため、水や洗剤でのお手入れはできません。

  • 耐久年数: 約2~3年
  • 施工時間: 1〜2日
  • 平米単価: 1,000円~2,000円程度
  • 3LDKマンション(70㎡)のケース: 約70,000円~140,000円

アクリルコーティング おすすめの業者

フロアコーティングの相場/費用は変わる

フロアコーティングを施工するタイミング

フロアコーティングは、施工するタイミングによって価格が変動することがあります。

  1. 新築時の施工:
    • メリット: フロアが未使用状態で、他の建築工事に影響を受けにくいため、施工がしやすいです。これにより、効率的な作業が可能で、料金が比較的低く抑えられます。
    • デメリット: 建物全体の工事が進むまで待つ必要があり、入居まで時間がかかる場合があります。
  2. 既存の住宅への施工:
    • メリット: 即座に施工でき、新築時に比べて入居までの時間が短いです。急なニーズにも対応できます。
    • デメリット: 他の工事との連携が必要で、家具や設備がすでに配置されているため、作業がやや複雑になります。そのため、施工単価がやや高くなることがあります。
  3. フロアの状態による変動:
    • メリット: フロアが劣化していない状態であれば、補修作業が少なくて済むため、コストを抑えることができます。
    • デメリット: 逆に、フロアが傷んでいる場合は、その補修作業に追加の費用がかかる可能性があります。
  4. 季節の影響:
    • メリット: 施工する季節によっては、特定の時期において価格が割引されることがあります。需要の低い季節などが該当します。
    • デメリット: 逆に、需要が高まる時期は価格が上がることがあります。特に忙しい季節は、予定通りに施工できるか確認が必要です。

入居前にフロアコーティング

  1. 新築時の家での入居前の場合:
    • メリット: フロアが未使用状態で他の工事に影響を受けにくいため、効率的な作業が可能です。施工者は自由に動きやすく、建築プロセスに合わせてスケジュールを調整しやすいです。これにより、料金が比較的低く抑えられます。
    • デメリット: 建物全体の工事が進むまで待つ必要があり、入居までの時間がかかる可能性があります。ただし、これは新しい住まいの耐久性や美観を長期的に維持する上での投資と考えることができます。
  2. リフォーム時の家での入居前の場合:
    • メリット: 即座に施工でき、新築時に比べて入居までの時間が短いです。既存の住宅にも対応でき、急なニーズにも迅速に対応できます。
    • デメリット: 他の工事との連携が必要で、家具や設備がすでに配置されているため、作業がやや複雑になります。そのため、施工単価がやや高くなることがあります。

フロアコーティングの施工総面積

フロアコーティングは、施工総面積によって費用が変動することがあります。

  1. 施工総面積の広さ:
    • 広い場合: 施工する床の面積が広いほど、フロアコーティングの単位面積あたりの費用が低くなる可能性があります。これは、大規模なプロジェクトで材料や労働コストに対する割引が適用されやすいためです。
    • 狭い場合: 施工箇所が小さい場合、単位面積あたりの価格がやや高くなります。ただし、フロアコーティング全体の費用はそれほど高額にはなりません。
  2. 施工箇所の形状や複雑さ:
    • 床の形状が複雑な場合: 角や障害物が多い床の場合、施工者は細かい作業が必要です。これにより、作業時間や手間がかかり、フロアコーティングの単位面積あたりの価格が上昇する可能性があります。
    • シンプルな形状の場合: 床の形状がシンプルで均一な場合、効率的に作業が進むため、フロアコーティングの単位面積あたりの価格が比較的低くなります。
  3. 施工箇所の状態とクリーニングの必要性:
    • 床の状態が劣化している場合: 既存の床が傷んでいたり、修復が必要な状態であれば、補修作業に追加の費用がかかります。これにより、フロアコーティングの総費用が増加する可能性があります。
    • クリーニングが必要な場合: 施工前にクリーニングが必要な場合、これにかかる費用が追加されます。特に油汚れや汚れの濃度が高い場合は、クリーニングに時間と手間がかかり、フロアコーティングの費用が上昇します。

フロアコーティングの相場/費用価格を安く済ませるコツ

フロアコーティングは新築時に行う

フロアコーティングで価格を安く済ませるための一つのコツは、「フロアコーティングは新築時に行う」ことです。

新築時には床が未使用状態で、家具や設備がまだ配置されていないため、施工がしやすくなります。これにより、施工者は自由に動きやすく、効率的に作業を進めることができます。

フロアコーティングは、床材を保護し、美観を維持する役割を果たります。新築時に施工することで、床がまだ傷ついていない状態から保護が始まり、将来的なダメージや劣化を防ぎます。早期にすることで、長期的なコスト削減が期待できます。

新築時には他の工程との連携がしやすいため、作業が他の工程に影響を与えにくくなります。建築工事の進捗に合わせて調整しやすく、フロアコーティングのスムーズな施工が可能です。

新築時に床に傷や汚れがない状態でコーティングを行うことで、後からの補修作業が不要になります。補修作業は追加費用が発生する要因となりますが、初期からの保護によってこれを最小限に抑えることができます。

このように、新築時にフロアコーティングを行うことで、施工の効率が上がり、将来的な費用を抑えることができます。

フロアコーティングは部分施工でコストを下げる

フロアコーティングで価格を安く済ませるための一つのコツは、「フロアコーティングは部分施工でコストを下げる」ことです。

通常、フロアコーティングは全体の床面積を対象に施工されることがありますが、特定のエリアだけを重点的に施工することでコストを節約できます。たとえば、特に劣化が進んでいる箇所や頻繁に利用されるエリアを重点的にフロアコーティングすることで、全体の床面積に比べて少ない範囲で済ませることができます。

これにより、施工面積が狭まるために使用されるコーティング材料や作業時間が削減され、それに伴って費用も抑えられます。ただし、部分施工を行う際には、床のデザインや均一な仕上がりを検討することが重要です。

部分施工でコストを下げる方法は、利用頻度の高いエリアやダメージが蓄積しやすい箇所を中心に選定し、限定的な範囲でフロアコーティングを行うことで、予算を効果的に活用できます。

フロアコーティングの種類を分けて施工する

フロアコーティングで価格を安く済ませるための一つのコツは、「フロアコーティングの種類を分けて施工する」ことです。これは、部分的に異なる種類のコーティングを選び、必要な箇所に特定のコーティングを施工する方法です。

例えば、玄関ホールやLDK(リビング・ダイニング・キッチン)など、より高い耐久性が求められる箇所にはUVコーティングを選択し、他の部屋や低い利用頻度のエリアには、コストが抑えられるアクリルコーティングを選択することができます。

この方法は、高い耐久性が必要なエリアには高性能なコーティングを施し、一方でそれほど負荷のかからないエリアにはコストが低いコーティングを選ぶことで、フロアコーティングの総合的な費用を削減できます。予算を最適に活用しながらも必要な箇所に十分な保護を提供することができます。

フロアコーティングは複数の業者に見積依頼をして比較

フロアコーティングで価格を安く済ませるための一つのコツは、複数のフロアコーティング業者から見積もりを取り、それを比較することです。複数の業者に見積もりを依頼することで、サービス内容や価格の差異を明確にし、最終的には自分に合ったフロアコーティングが選択ができるようになります。

  1. 複数の業者に見積もり依頼をする: インターネットや電話を利用して、複数のフロアコーティング業者に見積もりを依頼します。各業者には、施工範囲や使用するコーティング材料、作業期間などに関する詳細な情報を提供してもらいましょう。
  2. 見積もり内容を比較する: 各業者から届いた見積もりを詳細に比較しましょう。価格だけでなく、提供されるサービスや使用される材料、施工日数なども比較対象に含めると良いです。
  3. 細かい点を確認する: 見積もりに含まれている費用が全てなのか、追加料金がある場合は何が対象なのかを確認します。また、保証期間やアフターサービスについても確認しましょう。
  4. 最終的な選択を行う: フロアコーティングの比較を踏まえて、最終的に信頼性の高く、予算に合った業者を選択します。

複数の業者からの見積もり比較を通じて、コストを節約しつつも高品質なフロアコーティングサービスを受けることが可能です。

DIYする

フロアコーティングで価格を安く済ませるための一つのコツは、「DIYする」ことです。

自ら施工するメリットは、フロアコーティングの材料は市販されており、DIYで手に入れることができます。大手業者と比較して、直接材料を調達することでコストを削減できます。自分で施工することで、業者に支払う労働費を省くことができます。手間はかかりますが、DIYによって、フロアコーティングの費用の大きな部分をカットできます。

大手のフロアコーティング業者は、時折値引きやキャンペーンを行っています。インターネットを活用して複数の業者を比較検討し、特別なプロモーションや割引を活かすことで、予算を節約できます。

また、フロアコーティング業者は施工面積が広いほど割引率が上がることがあります。一度に多くの面積を依頼すると、単位面積あたりの価格が下がり、全体のコストを抑えることができます。

DIYの際の注意点:

  • 技術と経験の重要性: DIYには専門知識と技術が必要です。施工が不十分だと耐久性や美観が損なわれる可能性があります。事前に十分な調査やトレーニングを行い、DIYのスキルを向上させましょう。
  • 適切な材料の選定: DIYプロジェクトで使用する材料を慎重に選びましょう。適切な製品を選択することで、長期的な効果を実感できます。

以上のポイントを考慮しながら、DIYでフロアコーティングを行うことで、予算を節約しながら美しい仕上がりを実現できます。

フロアコーティングの相場/床コーティングの諸経費

フロアコーティング施工後のアフターサービス

フロアコーティングを行った後に重要なのは、施工後のアフターサービスです。良いアフターサービスは、効果を持続させ、長期的な満足度を得るために不可欠です。

  1. 保証期間の確認: アフターサービスには通常、一定の保証期間が含まれます。業者によっては、数年から十数年にわたる保証を提供することがあります。保証期間中に発生した問題に対して、無償で修理や再施工を行ってくれるので、確認しておくことが大切です。
  2. アフターケアの内容: どのようなアフターケアが提供されるかも重要なポイントです。例えば、汚れや傷の発生時に迅速に対応してくれるか、適切なお手入れ方法のアドバイスが受けられるかなど、具体的な内容を確認しましょう。
  3. 追加費用の有無: アフターサービスには追加費用がかかる場合があります。しかし、一部の業者は保証期間内であれば追加費用なしで対応してくれることがあります。契約前にこの点を明確にしておくと安心です。

アフターサービスが充実している業者を選ぶことで、施工後のトラブルに迅速かつ適切に対処でき、フロアの美しさや耐久性を長期間にわたって維持できることが期待できます。

家具の移動

フロアコーティングを行う際、床面全体にわたる作業を行うことがあります。その際、家具の移動は避けられません。家具の移動には以下のようなポイントが経費に影響を与える可能性があります。

  1. 移動作業費用: フロアコーティングの施工にあたり、床の全体的なアクセスを確保するためには家具を一時的に移動する必要があります。この際に発生する作業費用が諸経費に含まれます。業者によっては、この作業費用が見積もりに含まれている場合もありますが、含まれていない場合は追加費用が発生する可能性があります。
  2. 家具の保護対策: 家具を移動する際には、床や家具自体を傷つけないように注意が必要です。床の種類や家具の大きさによっては、特別な保護材料や手順が必要となり、これらの追加対策に伴う費用が発生することがあります。
  3. 一時的な収納場所: 家具を一時的に収納する必要がある場合、その収納場所にかかる費用も諸経費となります。これには倉庫や一時的な収納スペースの利用料が含まれます。

家具の移動に伴う諸経費は、施工業者や契約内容によって異なるため、見積もりを依頼の際にはこれらの点を確認しておくことが重要です。

フロアコーティング前の下処理

フロアコーティングを施工する前に、床面を適切に下処理することが必要です。この下処理にはいくつかの要素が経費に影響を与える可能性があります。

  1. 床の清掃および除去作業費用: 施工前には、床面の汚れや古いコーティングを除去するための清掃および除去作業が行われます。これには特殊な洗剤や機器を使用する場合があり、それに伴う作業費用が発生します。
  2. 修復・補修作業費用: 床に傷や亀裂がある場合、それらを修復・補修するための作業が必要です。傷んだ箇所を補修し、均一な状態に整えることで、コーティングの密着性や美しさが向上します。
  3. 化学薬品や素材の調達費用: 下処理には床に適した洗剤や素材が必要です。これらの化学薬品や素材を調達するために発生する費用があります。

これらの要素が「コーティング前の下処理」における諸経費となります。業者によってはこれらの費用が見積もりに含まれている場合もありますが、含まれていない場合は追加費用が発生する可能性があります。見積もりを依頼する際には、具体的な下処理作業内容や費用について詳細に確認することが重要です。

フロアコーティング 相場Q&A

フロアコーティングをするメリットは?

フロアコーティングのメリットは、まず美観向上。床が美しく輝き、清潔感が増します。耐久性もあり、傷や汚れから守ります。保護層が床を防水し、掃除が簡単。また、アレルギーの原因となるホコリやカビの発生を防ぎ、健康的な室内環境を提供します。

フロアコーティングのデメリットは?

フロアコーティングのデメリットは、施工費用がかかることや、一定の期間ごとにメンテナンスが必要な点が挙げられます。また、適切な施工が行われないと、剥がれや変色が生じる可能性もあります。選択したコーティングの種類や施工業者の信頼性によっても影響があります。

フロアコーティングとワックスの違いは?

フロアコーティングとワックスの違いは、主に成分と持続性にあります。フロアコーティングは化学的な成分で作られ、強力な保護層を形成し、耐久性が長続きします。一方、ワックスは天然や合成の蜜蝋やカーナウバなどの成分でできており、光沢を与えつつも、耐久性はコーティングよりも劣ります。ワックスは時間と共に摩耗しやすく、頻繁な再施工が必要です。

フロアコーティング 相場のまとめ

「フロアコーティング 相場」において比較が重要です。各コーティングの費用相場が異なり、UVコーティングやガラスコーティングなどにはそれぞれ特有の価格帯が存在します。費用を安く済ませるコツとして、複数の業者から見積もりを取り、コーティング別の特性や耐久年数、施工後のアフターサービスを比較することが重要です。また、フロアコーティングには諸経費が発生するため、見積もりに含まれる内容や追加費用にも注意が必要です。総合的に比較し、信頼性とコストのバランスを考慮して業者を選定することがお得で賢明です。