プロモーションが含まれています。

フロアコーティングは必要ない?不要かどうですか?

リビングの画像

フロアコーティングの必要性について、悩んでいることと思います。

多くの場合、新築のフローリングの場合です。

新しい家、新しい部屋の床はとても綺麗ですよね。

それは当然です。

だって生活はこれから始まるのですから。

傷ひとつない磨かれたようなフローリングを目にしては、フロアコーティングって必要なのかと考えてしまうのもわかります。

数年後のことなんて、わかりませんからね。

フロアコーティングをしたからといって、傷がつかないなんてことはありません。

でも、フロアコーティングをしてよかった人がいるのも本当です。

そこで、フロアコーティングが必要だとする意見と不要という意見を紹介します。

また、メリットとデメリットについても紹介していますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

フロアコーティング 必要ない/床コーティングは不要なのか?

フロアコーティングは必要!

フロアコーティングは必要という意見をまとめてみました。

フロアコーティングというのは、フローロングの床を守るためにコーティングすることを言います。

フローリングの床の上で、毎日毎日生活していますから、年数が経てば、ただの床と比べれば汚れや傷はできやすくなっています。

ここでのポイントは、傷がつきにくくするためではなく、床を守るためという点です。

人が長い間生活していくわけですから、うっかりつけてしまった傷だけではなく、湿気や日光などからの影響も受けます。

フローリングの表面を薄くコーティングすることで、それらを直接受けることなく、カバーしておくという意味でもあります。

購入した住宅はひとつの資産でもあるので、価値を落としたくない、そんな場合にも必要だと思います。

ワックス掛けで苦労していたのでフロアコーティングは必要

ワックスというのは、フローリングに汚れを直接つけないためにするものです。

フロアコーティングとは、そもそも目的が違っています。

ワックスがけで苦労したというのは、ワックスは定期的に塗り直す必要があるためです。

目安は1〜2年でしょうか。

その工程も、塗っているワックスを一度剥離させ、丁寧に掃除し、再度ワックスをかけます。

ワックスだと自分でするという人もいると思いますが、手間と労力は案外大変です。

老犬がいるのでフロアコーティングはしておきたい

新しい住宅のフローリングを、靴下のまま歩くと滑りませんか?

子供たちなら、ス~っと滑る感覚を楽しんで遊んでしまうかもしれません。

でも、その滑りは、ペットたちにとっては負担になっています。

グリップ力のない滑る床は、脱臼したり、腰に負担がかかってしまいます。

また、爪による引っ掻き傷や、尿による変色も、後々起こりうる現象です。

ペットのため、フローリングの美観を保つ、両方を叶えるためにフロアコーティングは必要だと考える人は多くいます。

ハウスクリーニングはコストがかかるので必要だと思う

部屋を綺麗に保つために、ハウスクリーニングを依頼する人もいると思います。

と言っても、それは定期的に依頼する必要があり、その度ごとにコストがかかります。

地域や部屋の広さなどによって、料金は変わってきますが、定期的となると、1回で数年以上の費用で済むフロアコーティングの数倍のコストがかかってしまいます。

ハウスクリーニングの依頼の手間とコストを考えると、フロアコーティングは必要だと考える人はいます。

長く住む予定なのでフロアコーティングはしたい

フロアコーティングは、フローリングをさまざまな要因による劣化から守るために施工するものです。

長く住んでいると、不注意による傷もあれば、自然発生的に起こる汚れや傷みが現れてしまうことも考えられます。

住み続けるのなら、フローリングの劣化は可能な限り防ぎたいもの。

傷みが大きすぎて、張り替えなければならないよなれば、コストもかかってしまいます。

長く住んでいるから、あちらこちらがボロボロというのは避けたいですね。

賃貸に出す予定なのでフロアコーティングはしたい

賃貸に入居するのなら、綺麗な部屋がいいですよね。

それは床も同じ。

部屋の状態は、賃料にもかかってきます。

また、賃貸として出すのなら、入退去の際の、クリーニングによる床洗浄をする必要があります。

フロアコーティングをしておけば、その際の床への負荷が少なく、長持ちさせることがでいるようになります。

フロアコーティングは不要!

フロアコーティングは、必ずしなければならないというものではありません。

考え方によっては、必要ないと判断することもあります。

フロアコーティングと似たような効果が得られるものは、いくつかあります。

必須ではないことから、迷っていても、後回しにすることもあります。

いくつかのケースをみてみましょう。

ワックスで十分 フロアコーティングはいらない

フロアコーティングは、基本的に専門の業者に依頼します。

その手間や費用を考えると、ワックスで十分ではないかという意見です。

ワックスとはどういうものかを理解した上で、判断することをおすすめします。

ワックスは、汚れの防止です。

定期的に行う必要があり、業者に依頼しないのであれば、自分で行う必要があります。

それが苦にならないのであれば、フロアコーティングはいらないということになります。

ワックスフリーなのでフロアコーティングは不要?

ワックスフリーというのは、床材の表面に、保護フィルムを焼き付けて、つや出しと、汚れのつきにくさを向上させたフローリングの事です。

見た目はワックスを塗ったようになりますので、ワックスがけをする必要はありません。

でも、長持ちするというものではなく、日常のダメージによってすり減ってしまいます。

水分の染み込みがあったり、シートが剥がれたりすることがあります。

フロアコーティングのように床を守るという点では、大きく差が出てしまうので、そこは理解しておく必要があります。

ペットもいないのでフロアコーティングは不要だと思う

ペットを飼っている人が、フロアコーティングを選ぶのは、ペットの足腰を考えてというだけではありません。

爪によるひっかき傷や、粗相から床を守るためでもあります。

代用できる商品もあるので、それで十分と考える人には、フロアコーティングは必要ないと考えるかもしれません。

上質なフローリングなので必要ないと思う

上質なフローリングというのは、無垢材のような1枚の板の場合を言います。

これは、その素材が活かすことがとても大切です。

その素材の良さを理解して選んだ床材になります。

フロアコーティングには、する必要性はいくつかありますが、上質なフローリングの場合、良さを十分に活かすためには、フロアコーティングはしないほうが良いです。

重ねた年数の劣化も味と捉えられる人には必要はありません。

ハウスクリーニングをする予定なのでいらない

ハウスクリーニングを定期的に依頼すれば、部屋は綺麗に保つことができます。

ただコストはその都度かかります。

それを理解しておけば、フロアコーティングはいらないかもしれません。

フロアコーティング 必要ない/床コーティングの必要性(メリット)

耐久性の向上

フロアコーティングの一大メリットは、耐久性の向上です。普段使いの床は、足踏みや家具の移動、さまざまな物の落下などによって傷つきやすいものですが、フロアコーティングを施すことで、これらの影響から床を保護することができます。

例えば、フロアコーティングによって形成される強固な保護層は、床面を傷や擦り傷から守り、長期間にわたって美しい状態を維持します。これにより、床の寿命が延び、定期的な補修や交換の必要性が減少します。

耐久性の向上は特に商業施設や工場、学校、住宅など、多くの人が利用する場所で重要です。人や物の移動が頻繁な場所では、通常の床ではなかなか難しい耐久性を提供することが期待できます。

簡単に言えば、フロアコーティングは床を頑丈な盾で守る魔法のようなものであり、普段の生活やビジネスにおいて、床面の美しさと耐久性を同時に実現する頼もしい仕組みです。

美観の向上

フロアコーティングの素晴らしいメリットの一つは、美観の向上です。通常、床は日常の使用や摩擦、汚れなどによって徐々に劣化してしまいますが、フロアコーティングを施すことで、まるで新しい床を敷いたかのような美しい仕上がりを実現できます。

フロアコーティングによって形成される光沢や均一な表面は、部屋全体に上品で清潔感のある雰囲気をもたらします。これにより、住宅や商業施設、オフィスなどの空間が一気に魅力的に変身します。

また、フロアコーティングは色や仕上げのバリエーションが豊富であり、インテリアデザインに合わせて選択できます。木目調やモダンな質感など、床の見た目を自分の好みや空間に合わせてカスタマイズすることができます。

滑りにくさ

フロアコーティングの素晴らしいメリットの一つは、滑りにくさの向上です。普段使いの床は、湿気や汚れによって滑りやすくなることがありますが、フロアコーティングを施すことで、安全性が飛躍的に向上します。

フロアコーティングによって形成される表面は、滑りにくい特性を持っています。特に公共の場や商業施設、住宅のキッチンやバスルームなどでの使用において、滑りにくい床は事故や怪我のリスクを軽減します。

このメリットは特に、子供や高齢者が多く過ごす場所や、飲食店、病院などで重要です。床が滑りにくいことで、安心して歩行できる環境が提供され、日常生活がより快適になります。

汚れの防止と掃除しやすさ

フロアコーティングの抜群のメリットの一つは、汚れの防止と掃除しやすさの向上です。通常、床は日常の使用で汚れが付きやすく、これが美観を損ねたり、清潔感を損なったりしますが、フロアコーティングを施すことでこれらの問題を解決できます。

フロアコーティングによって形成される保護層は、汚れやシミの浸透を防ぎます。液体や汚れが床にしみこむことなく、表面に滞留するため、掃除が簡単になります。普段の掃除で水拭きや軽い拭き掃除だけで、床を美しく保つことができるのです。

特にキッチンや飲食店、商業施設など、汚れが付きやすい場所では、フロアコーティングが非常に有益です。食べ物や液体の dこぼれ、足跡などが床に付着しても、簡単に拭き取ることができ、清潔で快適な環境を維持できます。

メンテナンスの簡素化

フロアコーティングの優れたメリットの一つは、メンテナンスの簡素化です。通常の床は、汚れや傷が付きやすく、そのたびに頻繁なメンテナンスが必要ですが、フロアコーティングを施すことで、手間をかけずに床を美しく保つことができます。

フロアコーティングが形成する保護層は、床面を汚れや傷から守るだけでなく、メンテナンスの頻度を大幅に減少させます。普段の掃除やメンテナンスが簡単で効果的なため、手間暇がかかりにくく、忙しい生活でも床の美しさをキープできます。

このメリットは、商業施設や公共の場、住宅など、床が頻繁に歩かれる場所や使用される場所で特に効果的です。フロアコーティングによって、床が長期間にわたって美しさを維持し、同時に手軽に清潔に保つことができるのです。

フロアコーティング 必要ない/床コーティングの必要性(デメリット)

劣化と再施工の必要性

フロアコーティングのデメリットの一つは、時間と共に劣化が生じ、それに伴って再施工が必要になることです。普段の使用や外部の要因により、コーティングが摩耗し、その結果として保護力や美観が低下します。

例えば、高い通行量のある商業施設や工場などでは、床にかかるストレスが大きく、フロアコーティングの劣化が速く進むことがあります。また、機械の移動や物品の落下なども劣化の原因となり得ます。

この劣化が進行すると、フロアコーティングが本来持っていた保護機能が低下し、床面が傷つきやすくなります。そのため、定期的なメンテナンスや再施工が必要になります。再施工を怠ると、床の寿命が短くなり、美観や耐久性が損なわれてしまいます。

施工の難しさ

フロアコーティングのデメリットの一つは、その施工が専門的な知識や技術を必要とし、素人が行うと均一な仕上がりが難しいことです。一般的な床の塗料やワックスとは異なり、適切なプロセスと技術が必要です。

例えば、フロアコーティングの施工は特定の温度や湿度の範囲内で行う必要があります。施工中にこれらの条件が悪いと、コーティングが均一に広がらず、仕上がりにムラが生じることがあります。また、適切な下地処理や均一な厚みでの塗布も重要ですが、これらが正確でないとコーティングの効果が十分に発揮されません。

さらに、フロアコーティングには異なる種類があり、それぞれの特性や施工条件が異なります。適切なコーティングを選択し、それを正しく施工するためには、プロの技術や経験が必要です。素人が行うと、効果が発揮されず、逆に問題を引き起こすことがあります。

初期費用の高さ

フロアコーティングのデメリットの一つは、その初期費用が高いことです。高品質なフロアコーティングは、特に優れた素材や技術が使用されているため、導入に際しては一定の費用がかかります。

例えば、床面積が大きい商業施設や工場などでは、必要なコーティングの量が多く、それに伴う費用も増えます。また、専門的な施工技術を持った作業者が必要となる場合もあり、これらのプロのサービスもコストを引き上げる一因となります。

初期費用の高さは、予算の制約がある場合や、低コストでの改修を希望する場合にとってはデメリットとなります。しかしながら、高い初期費用は耐久性や品質の向上に寄与し、結果として長期的なメリットが期待されることもあります。

完全な傷防止は不可

フロアコーティングのデメリットの一つは、完全な傷防止が不可能であることです。たとえ高品質なフロアコーティングを施したとしても、床が完全に傷つかないわけではありません。

普段の使用や物の移動、鋭利な物体の落下など、さまざまな要因が床に影響を与える可能性があります。フロアコーティングは床を保護する一方で、物理的な衝撃や鋭利な物体に対しては限定的な防御しか提供できません。

そのため、特に重い家具の移動や硬い物体のぶつかりなどによっては、床に傷がつくことがあります。フロアコーティングは傷の発生を軽減する効果があるものの、完全に傷を防ぐことは難しいのです。

施工業者によって仕上がりに差がある

フロアコーティングのデメリットの一つは、施工業者によって仕上がりに差が生じることです。つまり、どの業者が施工を行うかによって、仕上がりの質や均一性にばらつきが生じる可能性があります。

フロアコーティングは専門的な知識や技術が必要な作業であり、施工の手腕や経験によって仕上がりが左右されることがあります。熟練した施工業者が施工すれば均一で美しい仕上がりが期待できますが、経験の浅い業者や技術力の差がある場合、コーティングの厚みや均一性に問題が生じることがあります。

このデメリットを軽減するためには、信頼性のある施工業者を選ぶことが重要です。口コミや実績、施工前の相談などを通じて、信頼性の高い業者を選定することで、仕上がりに一貫性を持たせることができます。

フロアコーティング 必要ない/床コーティング種類別の特性

UVフロアコーティング

特徴: UVフロアコーティングは、紫外線硬化型の塗料を使用して床面をコーティングするプロセスです。紫外線によって急速に硬化するため、迅速な施工が可能です。

メリット:

  • 速乾性: 紫外線硬化により、迅速な硬化と速乾性があります。
  • 耐久性: 優れた耐摩耗性や耐薬品性を提供し、長寿命であります。
  • 美観: 透明感があり、床面の美観を向上させます。

デメリット:

  • 施工技術が必要: 適切な技術が必要で、専門の作業者が施工することが推奨されます。

ガラスコーティング

特徴: ガラスコーティングは、ガラス質の成分を含んだコーティング材料を使用し、表面を保護します。

メリット:

  • 超硬度: 高い硬度を持ち、傷や擦り傷から床を保護します。
  • 光沢: 光沢感があり、美しい仕上がりを実現します。
  • 防汚性: 汚れがつきにくく、清掃が簡単です。

デメリット:

  • 費用: 施工コストが他のコーティングよりも高い場合があります。

シリコンフロアコーティング

シリコンフロアコーティングは、シリコン樹脂を主成分とするコーティングで、柔軟性と耐候性に優れています。

メリット:

  • 柔軟性: 床の動きに対して柔軟で、クラックやヒビの発生を軽減します。
  • 耐候性: 外部要因に強く、屋外での使用に適しています。

デメリット:

  • 他のコーティングよりも耐摩耗性がやや劣ることがあります。

ウレタンフロアコーティング

特徴: ウレタンフロアコーティングは、ポリウレタン樹脂を基にしたコーティングで、床面を保護し美観を向上させます。

メリット:

  • 耐久性: 優れた耐摩耗性や耐薬品性があり、長寿命です。
  • 光沢: 光沢感があり、美しい仕上がりを実現します。

デメリット:

  • 施工時の揮発性有機化合物 (VOC) が気になる場合があります。換気が必要です。

これらのコーティングの特徴やメリット・デメリットを踏まえ、ユーザーがそれぞれの用途や好みに合わせて選択できるようになります。

よくある質問Q&A

Q
ワックスフリーのフローリングでも必要ですか?
A

ワックスフリーのフローリングは、通常のワックスを使用せずに、特殊な表面処理やコーティングによって艶やかな仕上がりや保護を提供する床材です。一般的なワックスを使わないことにより、簡便なメンテナンスや滑りにくさなどが特徴です。

Q
ワックスフリーのフローリングの特徴
A

ワックスフリーのフローリングは、通常のワックスを使用しないため、磨くことなく美しい光沢を維持できます。これにより、日常のメンテナンスが簡単で、掃除だけでフロアの美観を保つことができます。また、多くのワックスフリーのフローリングには、滑りにくい処理が施されています。これにより、床面が濡れたり滑りやすい状況でも安全性が向上します。

一見すると、ワックスフリーもフロアコーティングも違いがないように見えます。床の美観を保ち、お掃除も楽になります。ただ、基本的な考えが違うことは知っておいてください。ワックスフリーは、ワックスがけの手間を省き、日々のお手入れも簡単。フロアコーティングはというと、床の保護が1番の目的です。美観と、メンテナンスの手間を省くことに加えて、耐久年数が長いことが特徴です。

Q
フローリングワックスとフロアコーティングの違い
A

フローリングワックスは光沢を与えることが主眼であり、効果は一時的です。一方、フロアコーティングはより強力な保護を提供し、耐久性が高く、一度の施工で長期間の効果が得られます。

フローリングワックス:

主成分は通常、天然の蝋や合成のワックスです。これらの成分は床面に薄い保護膜を形成し、光沢を与える働きがあります。表面に薄い保護膜を提供し、光沢を与えることが主な目的です。耐摩耗性や耐久性は比較的低いです。通常、比較的短い期間で再塗布が必要です。日常の使用や清掃によりすぐに摩耗しやすいです。定期的なワックスの再塗布が必要で、これには一定の手間と時間がかかります。光沢の持続が限られており、時間が経つと光沢が減少します。

フロアコーティング:

強力な保護層を形成し、耐摩耗性や耐薬品性が高まります。床を外部からのダメージや汚染から保護する効果があります。耐久性が高いため、一度の施工で長期間の保護が期待できます。再塗布の頻度が低いです。一度の施工で長期間のメンテナンスが可能であり、通常の清掃で十分な場合が多いです。光沢が持続しやすく、長期間にわたり美しい仕上がりを維持します。

Q
フロアコーティングが必要な場所は?
A

家庭におけるフロアコーティングが特に必要な場所は、キッチンやバスルームです。これらの領域は水や油、調味料などがこぼれやすく、湿気の多い環境でもあります。フロアコーティングを施すことで、床面を保護し、汚れや水濡れから床を守ります。また、滑りにくくすることで安全性も向上します。

Q
フロアコーティング 何年もつ?
A

一般的な例として、ウレタンコーティングは一般的に約5〜10年、シリコンコーティングは10年以上、ガラスコーティングは約2〜5年、UVコーティングは環境や使用状況により異なりますが、数年間の持続が期待されます。ただし、正確な寿命は施工品質やメンテナンスにも依存します。

まとめ

フロアコーティングの必要性には、メリットとデメリットが存在します。メリットとしては、床の耐久性向上、美観の向上、滑りにくさの向上、汚れの防止と掃除のしやすさ、メンテナンスの簡素化が挙げられます。一方で、デメリットとしては、施工の難しさ、初期費用の高さ、滑りやすさの変化、完全な傷防止は難しい、施工業者による仕上がりの差があるといった点が考えられます。これらをバランスよく検討し、特に必要な場所や使用状況に応じて判断することが重要です。また、施工業者の見極めも大切です。数社の見積もりをとり、比較することをおすすめします。

おすすめ記事:フロアコーティング 後悔の例としない方法

【関連記事】

フロアコーティング 自分でできる!床コーティングの方法 DIY

突き板 フローリングで後悔した!

シートフローリングは後悔する?

フロアコーティングの10年後