プロモーションが含まれています。

床鳴り 音 種類/フローリングの音が鳴る原因・直し方

楽天トラベル割引クーポン!

床の音鳴り
スポンサーリンク

床鳴りの音の種類を知ろう!

「キシキシ」「パキッ」比較的高い音

床鳴りの音にはいくつかの異なる種類があります。その中でも、「キシキシ」と「パキッ」といった比較的高い音はよく聞かれるものです。

「キシキシ」の音は、通常、床の表面が摩擦しているときに生じるものです。例えば、靴底や家具の脚が床にこすれると、キシキシとしたきしみ音が発生します。この音は、表面同士の微細な摩擦が原因で、日常の生活でよく経験される床鳴りの一形態です。

一方で、「パキッ」の音は、床材や床の構造に関連していることがあります。これは、床が収縮や膨張により微細な隙間が生じ、それが圧力の変化に応じて音を発する現象です。季節や湿度の変化によって床が膨張したり収縮したりすることが原因で、「パキッ」とした音が聞こえることがあります。

「ミシミシ」「ギシギシ」低い音

「ミシミシ」と「ギシギシ」といった低い音の床鳴りは、通常、異なる原因によって引き起こされます。

「ミシミシ」の音は、床の下に敷かれたものや床と下地の間に空間ができたときに発生することがあります。この音は、床が沈下したり浮いたりすることによって、その隙間から生じるものです。床と下地の固定が緩んだ場合や、床材が変形した結果、このような音が聞こえることがあります。

一方、「ギシギシ」の音は、床材同士や床と下地の摩擦によって生じることがあります。床の下に挟まった埃や異物が原因であることも考えられます。また、床の構造や材質が劣化し、それによって摩擦が増加することもギシギシとした音の要因になります。

「コンコン」「コツコツ」低くも高くもない音

「コンコン」と「コツコツ」の音は、比較的低くも高くもない、中音域に属する床鳴りの例です。これらの音の発生要因はさまざまですが、以下に一般的な原因をいくつか挙げてみましょう。

  1. 下地の問題: 「コンコン」や「コツコツ」の音が床から発生する場合、床の下地が不均一であったり、不適切な材料が使用されていたりする可能性があります。下地の強度や安定性が不足していると、床が微細に動いたり変形したりすることで、これらの音が発生することがあります。
  2. 接着剤の劣化: 床材が接着剤で固定されている場合、接着剤が劣化することで「コンコン」や「コツコツ」の音が発生することがあります。湿度や温度の変化によって接着剤が影響を受けることが考えられます。
  3. 床の緩み: 床が緩んでいる場合、歩行や動作によって床が微細に揺れ、その際に音が発生することがあります。これは床の固定が不十分であるか、材質の変形によるものかもしれません。

床鳴りが起こる原因(フローリング本体に問題がある場合)

フローリングが伸縮している

床鳴りの原因はさまざまで、その一つに「フローリングが伸縮している」ことが挙げられます。この現象は、床材や環境の変化によって、フローリングが微細な動きをすることで生じます。

通常、フローリングは木材や合成素材でできており、これらの素材は温度や湿度の変化に敏感です。季節の変わり目や湿度の上昇など、環境の変化によってフローリングが膨張することがあります。膨張したフローリングが、取り付けられた床構造に対して余裕なく設置されている場合、その圧力によって床材が微細に動き、床鳴りが発生します。

逆に、乾燥した環境や低湿度の影響を受けると、フローリングは収縮することがあります。これにより床の一部が緩んだり、微細なすき間ができたりします。歩行や圧力のかかるところで、これらの隙間が閉じる際に音が発生することがあります。

フローリングと土台がはがれている

床鳴りの一因として挙げられる問題の一つは、「フローリングと土台がはがれている」ことです。これは、床の表面とその下にある土台(床下地や基礎部分)がしっかりと結合されていない状態を指します。

通常、フローリングは土台に取り付けられ、その際にしっかりと固定されるはずです。しかし、経年や外部の要因により、この結合が弱まることがあります。例えば、湿度の変化や温度変動、または床下の湿気が原因で木材が膨張・収縮することがあり、それが結合部分の弱化につながることがあります。

この状態では、歩行や動作によってフローリングが微細に動き、土台との接合が緩みます。この緩みが床下で音を発生させ、結果的に床鳴りが起こるのです。特に、フローリングと土台の接合が不十分な場合には、歩くたびに「キシキシ」といった音が聞こえることがあります。

床鳴りを解消するためには、まずはフローリングと土台の接合を確認し、必要に応じて再度しっかりと取り付けるか、修理を行うことが重要です。専門家の助言やプロの作業が必要な場合もありますので、問題が深刻な場合は専門家に相談することをお勧めします。

釘がこすれている

床鳴りの一因として挙げられる問題の一つは、「釘がこすれている」ことです。通常、フローリングや床材は床下地に取り付ける際に釘やネジなどで固定されています。しかし、時間が経つとともに、床や床下地が微細に変形することがあります。

この変形によって、釘が緩んで動くことがあります。歩行や動作の度に、緩んだ釘がこすれることで「キシキシ」といった音が発生し、これが床鳴りの原因となります。特に湿度の変化や季節の変わり目などにより、木材が膨張・収縮することが一因となります。

床鳴りを解消するためには、まずは床の表面に使用されている釘やネジが正しく固定されているかを確認することが重要です。緩んだ釘は、専用の工具を使用してしっかりと締め付け直すか、必要に応じて新しい釘に交換することが効果的です。

床鳴りが起こる原因(フローリング以外に問題がある場合)

フローリング下の木材がこすれている

床鳴りの一因として考えられる問題の中で、「フローリング下の木材がこすれている」ことがあります。通常、フローリングは表面の美観や歩行感を提供するために床下地に取り付けられています。床下地は主に木材で構成されており、これがフローリング下に配置されています。

しかし、湿度や温度の変動、あるいは経年によって、床下の木材が微細に変形することがあります。この変形により、木材同士がこすれる摩擦が発生します。歩行や動作の度に、こすれる木材同士が摩擦音を発し、「キシキシ」などの床鳴りが生じるのです。

床鳴りを和らげるためには、まずは床下の木材の状態を確認しましょう。緩んだ部分があれば、適切な方法で固定するか、必要に応じて補修を行います。また、湿度の管理や床下の通気性確保も床鳴りの対策として考えられます。

シロアリ

床鳴りの原因として意外かもしれませんが、「シロアリ」が関与することがあります。シロアリは木材を好んで食べる昆虫で、その食害によって床鳴りが発生することがあります。

シロアリは主に木材を食害し、木材が弱ってしまうと床の構造が不安定になります。これにより、歩行や動作によって床が微細に揺れ、シロアリが食害した箇所で「キシキシ」といった床鳴りが発生することがあります。

床鳴りがシロアリによるものである場合、まずはシロアリの被害を確認し、適切な駆除や予防策を行うことが重要です。また、被害が進んでいる場合には、シロアリによって傷ついた木材を修理または交換する必要があります。

シロアリによる床鳴りは、そのまま放置すると床の構造に悪影響を及ぼす可能性があるため、早めの対策が重要です。

床鳴りしたときの補修費用相場

部分補修

部分補修の場合、床鳴りの原因が特定され、その部分の修理が行われます。一般的に、部分補修の費用相場は約3万円となります。

部分補修の費用は、主に次の要因に影響されます:

  1. 原因の特定と作業範囲: 床鳴りの原因が明確かつ局所的であれば、修理作業も限定的になります。しかし、原因が複数箇所にわたる場合や診断に時間がかかる場合は、作業範囲が広がり、それに応じて費用も増加します。
  2. 床材の種類: 使用されている床材によっても補修費用が異なります。木材やタイル、カーペットなどの床材にはそれぞれ異なる補修手法が必要であり、それが費用に影響を与えます。
  3. プロの技術と経験: 修理作業を行うプロの技術や経験によっても費用が変動します。高い技術と経験を持つプロが必要な場合は、それに見合った費用がかかることがあります。

全面補修

床鳴りが発生し、全面的な補修が必要な場合、補修費用は床の広さや作業の複雑さによって変動します。一般的に、全面補修の費用相場は約25万円ほど見積もっておくといいです。

全面補修の費用相場は主に次の要因に影響を受けます:

  1. 床の広さと材質: 全面補修では、全体の床面積が修理の対象となります。床の広さが大きいほど、補修に必要な時間や素材の量が増え、それが費用に反映されます。また、使用されている床材によっても補修方法が異なり、それが費用に影響します。
  2. 床鳴りの原因: 全面補修が必要な場合、その原因が複雑であるほど補修には高度な技術と専門知識が必要です。原因の特定と修復に時間がかかる場合は、それが費用に反映されます。
  3. プロの技術と経験: 全面補修には高度な技術が求められます。経験豊富なプロが必要な場合、それに見合った費用がかかることがあります。

具体的な見積もりは、床の状態や補修の難易度によって大きく変動するため、専門家に相談して詳細な見積もりを取ることが重要です。

自分でDIY

床鳴りの補修費用相場の一つとして、「自分でDIY」があります。DIY(Do It Yourself)は自分で手を動かして補修作業を行うことを指し、これにはいくつかのメリットと注意点があります。

自分でDIYで床鳴りを補修する場合、費用は主に以下の要因に影響されます。

  1. 補修方法と材料の選定: DIYの場合、補修方法や使用する材料を自分で選ぶことができます。補修キットや特定の製品を使用する場合、その価格が費用になります。
  2. 床の種類: 使用されている床の材質によって、補修作業の難易度や必要な材料が異なります。木製の床やタイル、カーペットなどによって補修のアプローチが変わります。
  3. 工具の有無: DIYの場合、必要な工具や機材を所有しているかどうかが費用に影響します。必要な工具を購入する場合、その費用も考慮する必要があります。

自分でDIYで補修することのメリットは、コストを節約できることや自分のペースで作業できることです。ただし、床鳴りの原因や補修方法を正確に把握する必要があり、作業中に新たな問題が発生する可能性も考慮する必要があります。

床鳴り 音 種類Q&A

床鳴りはどんな音ですか?

床鳴りは主に「キシキシ」「パキッ」といった音がします。歩行や動作の際、床材や床下の構造が微細に動いたり摩擦が生じたりすることで、これらの音が発生します。高い音や低い音、または異なる音が発生することもありますが、床鳴りは一般的には不自然で違和感のある音として知られています。

床がギシギシ言うのはなぜですか?

床がギシギシ言うのは、通常、床材や床下の構造が変形や動きをするためです。湿度の変化や木材の膨張収縮、床の下地の緩みが原因で、歩行や圧力がかかると床材同士が摩擦し、ギシギシとした音が発生します。これは床鳴りと呼ばれ、床の状態や材質、気象条件に影響されます。

家がミシミシ音がするのはなぜですか?

家がミシミシ音を発するのは、一般的には温度や湿度の変化による材料の膨張収縮が原因です。特に木材や金属は気温や湿度の変動に敏感で、変化に応じて微細に変形します。これにより、家の構造部分が僅かに動き、ミシミシとした音が発生します。湿度の上昇や温度の変化が激しい季節の移り変わりによって、この現象がより顕著になります。

床鳴り 音 種類まとめ

床鳴りの音にはさまざまな種類があり、「キシキシ」や「パキッ」などの高い音から「ミシミシ」や「ギシギシ」などの低い音まで様々です。これらの音は通常、床材や床下構造の変形や動きによって発生します。床鳴りが起こる主な原因は、床材や床下地の膨張収縮、湿度や温度の変動による影響、床下構造の緩みや不適切な取り付け、またはシロアリ被害などが挙げられます。これらの要因が組み合わさり、歩行や圧力によって床が微細に動くことで、異なる音が生じるのです。