プロモーションが含まれています。

すのこベッドと脚付きマットレスはどっちがおすすめ?比較

すのこベッドか脚付きマットレスで迷う女性

すのこベッドと脚付きマットレスはどっちがおすすめですか?

すのこベッドと脚付きマットレス。

買うならどっちが良いのか?

特に、一人暮らしの人にとって悩むことが多い問題です。

広〜い部屋に住むというわけにはいきませんから、スペースをとってしまうベッド選びは悩みます。

これまで布団で寝ていた場合、使ったことがないベッドに悩むところでもあります。

また、寝具で気をつけたいカビ問題を考えた場合、通気性はどうなのか?など、知りたいことは色々あると思います。

そこで、すのこベッド脚付きマットレス ベッド 一体型、それぞれについて、価格、通気性、耐久性、寝心地、収納の気になる5つについて紹介します。

参考にしてください。

スポンサーリンク

価格を比較

すのこベッド

すのこベッドの目安としては、シングルベッドサイズで、20.000円以内から購入できます。

すのこベッドというのは、一般的なベッドの仕様なので、土台になるベッドフレームの上に、マットレスを敷いて使います。その土台がすのこ状になっているため、すのこベッドと呼ばれています。ベッドフレームの素材は、パイプ、アイアン、スチール、木製と種類はありますが、すのこベッドの名称の場合、木製であることがほとんどです。すのこベッドの価格は、土台のベッドフレームと、寝具になるマットレスを合わせた価格が購入金額になります。

脚付きマットレス

脚付きマットレスの目安としては、シングルベッドサイズで、10,000円前後からあります。

脚付きマットレスは、マットレスに、それを支える脚がついたタイプのベッドです。ベッドの搬入をしやすくするために、2分の1に分割して扱いしやすくしたのが人気の始まりです。ただ、2つのパーツを並べて1つのマットレスにして使用するため、実際の寝心地がよくないと言う声が上がってきました。その後、マットレスに圧縮タイプが登場し、搬入時は丸まったコンパクトサイズで、開封後、1枚のマットレスになるので、分割タイプのような寝心地の違和感もなくなり、今も人気があります。

価格は、すのこベッド>脚付きマットレスです。価格重視の人や、ベッドにあまりこだわがない人には脚付きマットレスは向いています。中には、使い捨てとして考えている人もいます。

通気性を比較

すのこベッド

すのこベッドが人気がある理由の一つは、何と言っても通気性です。すのこと言えば、押入れに敷いて、その上に布団を置いていることありますよね。布団を直置きせず、隙間を作ることで、通気性をよくするためです。すのこベッドは、マットレスを支えている面がすのこ状になっているので、ただ板状のものが置いてあるのとは違い、通気性が良くなっています。とはいえ、寝具の湿気は十分に注意したいところ。すのこベッドならカビが生えない!と言い切れるものではなく、定期的に風を通すことをしないとカビが生えることはあります。ときにはマットレスを立てかけたりする、ひと工夫が必要です。

脚付きマットレス

脚付きマットレスには、すのこのような機能はないので、通気性がよくないのでは?と思うかもしれませんが、実はそうでもありません。脚付きマットレスは、マットレスに直接脚がついていて、それで支えています。湿気は下へ溜まっていきますが、脚付きマットレスの下には何もありません。そのため、湿気が溜まりにくいのです。脚付きマットレスの中には、脚の高さを変えられるタイプがあります。湿気対策を考えるなら、ロータイプより、ミドルやハイタイプがおすすめです。

通気性は、すのこベッドも脚付きマットレスでは、そちらが優勢かと言えないと思います。寝具にカビを生えさせないためには、湿気対策は重要な課題です。

耐久性を比較

すのこベッド

すのこベッドの耐久性というのは、商品説明にある対荷重のことです。人の体重をどれだけ支えられるかという意味です。対荷重表示を参考に考えてもらえば良いと思います。ただ、自分の体重だけではなく、マットレスの重さも支えていますから、対荷重が大きい方が安心できます。寝ていて寝返りをうつたびに、ギシギシ音がするのは不安ですからね。すのこベッドの中には、布団も使えるタイプもあります。それは耐久性も十分にあると思ってかまいません。

脚付きマットレス

脚付きマットレスは、構造上、すのこベッドと比べて耐久性は劣ってしまうと思います。脚だけで支えていますからね。マットレスも圧縮タイプが主流になっていますが、それは、作りが簡略されていることでもあります。ハイブランドの重厚感あるマットレスは圧縮できません。脚付きマットレスに求められているのは「手軽さ」です。人がひとり、普通に寝るには問題ありません。ただ、体が大きな人や、寝相が良くない人は、考えたほうがいいかもしれません。

耐久性は、すのこベッドの方が丈夫だと言えます。構造上、支えることを考えると、すのこベッドがおすすめです。

寝心地を比較

すのこベッド

すのこベッドは、ベッドフレームとマットレスが”別”ですから、マットレスを自分の好みで選ぶことができます。寝心地は人それぞれ。硬めが好きな人もいれば、ふわふわした感じが好きな人もいます。また、腰痛を持っている人は、寝具には気を使いますし、中には布団の寝心地が好きという人もいると思います。すのこベッドは、それらのどれにも対応できます。ベッドフレームとマットレスがセットになって販売されていることが多いですが、それぞれ単品で購入することはできます。別々に購入する場合は、マットレスがベッドフレームからはみ出さないように、サイズ選びには注意してください。

脚付きマットレス

脚付きマットレスの場合、寝心地を自由に変えることはできません。一般的に、ボンネルコイルか、ポケットコイルの2タイプです。購入時にどちらか選んでしまうと、寝心地を変えたいと思ったら、別のベッドにする必要があります。寝心地にあまりこだわりがない人や、腰痛を持っているなどの場合は向かないと言えます。

寝心地は、個人差があるのでどっちをおすすめするかは難しいです。かため、柔らかめと表示されていても、満足できなかった口コミも見られます。寝心地の選択肢に幅があるのはすのこベッドです。

収納を比較

すのこベッド

すのこベッドの場合、ベッドフレームには、シンプルなものから収納がついたものなどさまざまです。部屋に収納があまりないといった場合、収納つきのすのこベッドは役立ちます。ベッド下の収納になりますから、中にはよく使うものを入れ、開閉する回数が多くなるようにするとか、ときどき、引き出しっぱなしにするなど、換気しておくと湿気対策になります。また、ベッドフレームによっては、ヘッド部分に、小物などをおけるタイプもあります。デザインや色もいろいろあるので、お部屋に合ったタイプを選んでインテリアを楽しむことができます。

脚付きマットレス

脚付きマットレスには収納は付いていません。代わりに、ロータイプにしなければ、ベッド下にものを置くことはできます。収納ボックスを置いたり、カゴを使ったり、お部屋の雰囲気に合わせて置いてみるのもいいですね。脚付きマットレスは、シンプルな形状が特徴です。シンプルだから、どんな部屋にも合いやすいですし、使い方も自由です。ソファと兼用のように使うのもありです。収納はしまうだけではなく、見せる収納もあります。ベッドとしてはあくまでシンプルに使い、お部屋の中は工夫して楽しむのもいいですね。

収納は、どちらがおすすめとするのは難しいです。収納付きの仕様にしなくても、ベッド下には収納することができるからです。ベッド下に置かないこともできます。収納に関しては、どちらを選んでも問題ないと思います。

関連のある質問 Q&A

Q
マットレスの下にすのこを敷くのはなぜ?
A

すのこベッドは通気性と体のラインに合わせたサポートを提供します。すのこベッドはマットレスの下に敷くことで通気性を保ち、マットレスの寿命を延ばす効果があります。通気性をよくすることは、湿気・カビ対策になります。

Q
すのこベッドの上には何を敷く?
A

すのこベッドの上には直接マットレスを敷くことが一般的です。すのこベッドは通気性とサポート性を提供し、マットレスの性能を最大限に活かすために設計されています。そのため、マットレスを直接すのこベッドの上に敷くことで、体のラインに合ったサポートを得ることができます。マットレスの種類や硬さを考慮して、適切なサイズのマットレスを選ぶことが大切です。特別な場合や快適性を求める場合には、マットレスの上にマットレスパッドやシーツを追加することもできます。

Q
脚付マットレスのメリットは?
A

脚付きマットレスのメリットは、主に以下の点です。まず、床に直接置かれることなく、通気性が確保されます。これにより、湿気やカビの発生を防ぎ、マットレスの清潔さを保ちます。また、脚の高さによって、ベッドの下に収納スペースが生まれることもあります。さらに、脚付きマットレスはベッドの高さを調節できるため、寝転がりや起き上がりが楽になります。そして、部屋のデザインやインテリアに合わせて、脚のデザインを選ぶことができ、美しくスタイリッシュな空間を演出することが可能です。

まとめ

すのこベッドか脚付きマットレスか?あなたにはどちらが向いているでしょうか?寝具にあまりこだわりがなく、安いならその方がいいという考えなら、脚付きマットレスが向いているかもしれません。寝心地や耐久性、デザイン性も重視したい場合、すのこベッドの方がおすすめです。どちらにしても湿気対策は十分にしておく必要があります。