プロモーションが含まれています。

床コンセント デメリット/注意点と設置のメリット

楽天トラベル割引クーポン!

床コンセント
スポンサーリンク

床コンセントのデメリット/床にコンセントの注意点

床に出っ張りができつまずきやすい

床コンセントの一つのデメリットは、床に出っ張りができてつまずきやすいという点です。通常の電源コンセントが壁に配置されるのに対し、床コンセントは床面に埋め込まれているため、周囲に突き出たパーツが生じます。これが、歩行中に足元で気づかないでつまずいてしまう可能性を高める原因となります。

床に出っ張りがあると、日常生活での歩行や家具の移動時に足が当たりやすくなります。特に、子供や高齢者、視覚障害を抱える方などにとっては、危険な状況を引き起こす可能性があります。また、急いで歩いたり、暗い場所での視認性が低い場合には、床コンセントの出っ張りが思わぬ事故を招く可能性も考えられます。

このデメリットを軽減するためには、注意深い歩行や床の状態を確認することが必要です。床コンセントが必要な場合は、設置の際には配置場所や照明の工夫などを検討し、安全性を確保することが重要です。

設置費用が高くなる

床コンセントのデメリットの一つは、設置費用が高くなることです。通常の電源コンセントが壁に設置されるのに対し、床コンセントは床に埋め込まれているため、その設置には追加の工事や特別な配線が必要です。

まず、床を開けて配線を通すための作業が必要であり、これには専門的な技術と労力が必要です。また、床コンセントの設置場所や数によっては、電気工事や床の改修が必要になり、これらの作業はコストがかさむ要因となります。

さらに、床コンセントは通常、防水処理が必要となるため、その工事も設置費用に含まれます。防水処理が不十分だと、水濡れなどにより床コンセントが故障するリスクが高まります。

このように、床コンセントの設置には専門的な工事や追加の対策が必要であり、それが設置費用の上昇につながります。利用する際には、設置費用に関する見積もりや詳細な情報を確認することが重要です。

ホコリや水は大敵

床コンセントのデメリットの一つは、「ホコリや水は大敵」という点です。床に埋め込まれているため、床コンセントは通常の壁コンセントよりも、外部からの異物や湿気に敏感です。

まず、ホコリが床コンセント周辺にたまりやすいです。掃除や定期的なメンテナンスが怠られると、ホコリがコンセントの開口部にたまり、接触不良や故障の原因となります。特に床の掃除が不十分な状態であれば、ホコリがコンセント内に侵入しやすくなります。

また、床コンセントが水濡れや湿気にさらされることも考慮しなければなりません。防水処理が不十分な場合、床の掃除時や床が濡れる状況で水が侵入する可能性があります。水と電気は相性が悪く、水の侵入は故障や感電の危険を引き起こす可能性があります。

このデメリットを克服するためには、床コンセント周辺の清掃を定期的に行い、防水処理に気を付けることが重要です。また、特に床が濡れやすい場所では、防水性の高い床コンセントの選択や追加の防水対策が必要です。

床コンセントはデメリットだけじゃない!メリットもある

コードが邪魔にならない

床コンセントの優れたメリットの一つは、「コードが邪魔にならない」という点です。通常の壁コンセントでは、電気機器を使う際に必要なコードが壁に沿って床にたどり着くことがあり、これが部屋の中を行き交うときに足元で絡まったり邪魔になったりすることがあります。

しかし、床コンセントは床に配置されているため、電気機器のコードが直接床を伝って配線されます。これにより、コードが天井や壁に沿わずに、床をスッキリと使うことができます。部屋の中を歩いたり、家具を移動させたりする際にコードに引っかからないため、使い勝手が向上します。

特に床面に埋め込まれた床コンセントは、配線が床下に隠れているため、スッキリとした室内デザインを実現できます。これにより、家具の配置にも制約が少なく、空間を有効活用することができます。

総じて、床コンセントの「コードが邪魔にならない」というメリットは、室内の見た目や使い勝手を向上させ、スッキリとした空間を実現する上で重要なポイントとなります。

家具の配置が自由にできる

床コンセントの素晴らしいメリットの一つは、「家具の配置が自由にできる」という点です。通常の壁コンセントが壁に固定されているのに対し、床コンセントは床に埋め込まれているため、電気機器を配置する際に制約が少なく、柔軟性が高まります。

壁コンセントが限られた数や配置に縛られることがあるのに対し、床コンセントは床全体に配置できるため、家具の配置に対する選択肢が広がります。例えば、テレビユニットやソファなど、どこにでも配置できるので、部屋のデザインや機能性に優れたアレンジが可能です。

また、家具が電源にアクセスする必要がある場合でも、床コンセントを使用すれば、コードが床に沿って配線されるため、邪魔になることがありません。これにより、家具を移動させる際にもスムーズで、部屋の雰囲気を変えることが容易になります。

総じて、「家具の配置が自由にできる」という床コンセントのメリットは、室内のレイアウトをより個性的かつ効果的に行う上で大きな利点となります。

壁や柱がなくても設置できる

床コンセントの素晴らしいメリットの一つは、「壁や柱がなくても設置できる」という点です。通常の壁コンセントは、電源を供給するために壁に取り付ける必要があり、これが部屋のレイアウトや設計に一定の制約を与えることがあります。しかし、床コンセントは床に埋め込まれているため、壁や柱がなくても簡単に設置できます。

この特長により、部屋の中に電源を必要とする場所があっても、壁に電源を設置することが難しい場合でも床コンセントを自在に配置できます。例えば、中央に座席がある円形の空間や、仕切りがないオープンスペースなど、壁に限定されないデザインの部屋において、床コンセントが効果的です。

この柔軟性があることで、家具や電化製品の配置に制限が少なくなり、部屋のデザインや使い勝手において大きな自由度が生まれます。床コンセントを活用することで、空間をより自由に有効活用できるでしょう。

床コンセント 種類は2つ

収納型

床コンセントの種類の中で特に便利なのが「収納型」の床コンセントです。このタイプの床コンセントは、使用しないときには床に収納できる仕組みがあります。

通常、床に埋め込まれている状態ではコンセントが見えず、床面が平らです。電源が必要なときには、コンセント部分が手動または自動で上昇し、使用が可能になります。使用が終わったら、押し下げるか押し込むことで、コンセントが再び床に収納され、邪魔になりません。

この収納型の床コンセントは、スマートで美しいデザインを維持しつつ、電源が必要なときにだけ必要な部分が現れるという利便性を提供します。床全体を使いたい場合や、特定の時点で電源を使いたい場合において、スッキリとした空間を保つのに役立ちます。

収納型床コンセントは、家具や装飾品の配置の自由度を高めつつ、電源の使用をスマートかつ効果的に管理する手段として、現代の住宅やオフィスで注目を集めています。

ポップアップ型

床コンセントの中でも注目すべき種類の一つが「ポップアップ型」の床コンセントです。このタイプの床コンセントは、必要なときにのみ上から浮き上がり、使用が終わったら再び収納されるスマートな仕組みを備えています。

通常、床面に埋め込まれている状態では、コンセント部分は床の中に収められています。電源が必要なときには、ボタンを押すか手動で引き上げることで、コンセントが床からポップアップして使用可能になります。使い終わったら、同じくボタンを押すか手で押し下げることで、コンセントが再び床に収まり、床面が平らになります。

ポップアップ型床コンセントは、美しい外観を維持しながらも、必要なときにスムーズに電源を利用できる利便性があります。床全体を利用するデザインや、特定の時点で電源が必要な場合において、シンプルでスタイリッシュな解決策として人気を集めています。

このようなポップアップ型床コンセントは、モダンで洗練された空間を作りたい場合や、限られたスペースを最大限に有効活用したい場合に適しています。

床コンセント おすすめの設置場所

ダイニングテーブルの下

床コンセントを設置するおすすめの場所の一つは「ダイニングテーブルの下」です。

ダイニングテーブルは家族や友人との食事だけでなく、ノートパソコンの使用やスマートフォンの充電など、様々な電化製品の利用が行われる場所です。床コンセントがダイニングテーブルの下にあれば、これらの電化製品をスムーズに使うことができます。

ダイニングテーブルの下に床コンセントを配置することで、電化製品の充電ケーブルや電源コードがテーブル上に乱れることなく、スッキリとした印象を保つことができます。これにより、テーブルの上での作業や食事が妨げられません。

ダイニングテーブルは家族や友人との交流の場でもあります。床コンセントが近くにあることで、電子デバイスを充電しながら、会話や共有の時間を大切にすることができます。

テレビ台の下

床コンセントをおすすめの設置場所として「テレビ台の下」が挙げられます。

テレビ台の下に床コンセントを配置すると、テレビやオーディオ機器などエンターテインメント機器に電源を確実に供給できます。配線が壁や床に目立たないため、美しい視覚効果を保ちつつ、スムーズな視聴環境を実現できます。

テレビ台の下に床コンセントがあれば、AV機器の配線がスッキリとまとまります。充電ケーブルや電源コードが乱れず、家電機器の取り回しがしやすくなります。

リビングルームやエンターテインメントスペースでは、テレビが中心的な存在となります。床コンセントがテレビ台の下にあれば、スペースを有効活用でき、他の家具の配置にも制約が少なくなります。

冷暖房器具を置く場所

床コンセントのおすすめの設置場所として「冷暖房器具を置く場所」があります。なぜなら、この場所に床コンセントを配置することで、快適な温熱環境の確保や電源利用の便利さが期待できるからです。

冷暖房器具は、快適な室温を保つために部屋の中で特定の場所に設置されることがあります。床コンセントがこの場所にあれば、ヒーターやエアコンなどの電源供給がスムーズに行えます。

冷暖房器具の近くに床コンセントがあると、加湿器や扇風機などの電化製品も手軽に配置できます。これにより、季節や気温の変化に合わせて効果的な電化製品の利用が可能になります。

冷暖房器具には電源コードが伴いますが、床コンセントが近くにあれば、コードを床に沿ってきれいに配置できます。これにより、部屋の美観を損なわずに電化製品を効果的に使うことができます。

床コンセント デメリットまとめ

床コンセントのデメリットは、まず設置費用が高くなる点が挙げられます。床に埋め込まれるための工事や防水処理が必要であり、これには追加の費用と手間がかかります。また、床コンセントは通常、床に埋め込まれるため、メンテナンスが難しくなり、故障時の修理や交換が比較的手間とコストがかかります。さらに、床に出っ張りができてつまずきやすいという安全上の懸念もあります。

一方で、床コンセントのメリットは、コードが邪魔にならない点が挙げられます。通常の壁コンセントでは電源コードが床に沿って通ることがあり、これが部屋の中を歩くときに足元で絡まったり邪魔になったりしますが、床コンセントではこの問題が軽減されます。また、家具の配置が自由にできるため、空間を効果的に利用できます。

床コンセントのおすすめの設置場所としては、例えば「テレビ台の下」が挙げられます。テレビ台の下に床コンセントを配置することで、視聴環境の向上や電子機器の配線がスッキリとまとまり、リビングスペースを有効に活用できます。