ダイニングテーブルの高さ 最適!サイズ選び 標準を知る

楽天トラベル割引クーポン!

ダイニングテーブルの高さやサイズ選びは、日々の食事や家族や友人とのコミュニケーションを取る上で重要なポイントです。

この記事では、ダイニングテーブルの適切な高さを決めるためのポイントや、選び方の基準について解説しています。

また、一般的なダイニングテーブルのサイズや、家族人数やスペースに合わせた選び方も詳しくご紹介しています。

さらに、ダイニングテーブルの高さやサイズに関するよくある疑問やトラブルに対する解決方法も解説しています。

この記事を読むことで、自宅のダイニングテーブルの高さやサイズについて正しい知識を身につけることができます。

ダイニングテーブルの選び方が分からない、使い勝手が悪いと悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

より快適で楽しいダイニングタイムを過ごすためのヒントが詰まった、役立つ一本の記事に仕上がっています。

スポンサーリンク

ダイニングテーブルの高さによる最適なサイズ

ダイニングテーブルは、家族や友人との食事やコミュニケーションの場として欠かせない存在です。しかし、ダイニングテーブルの高さが適切でないと、食事や会話が妨げられてしまい、快適な時間を過ごすことができません。そこで、本記事ではダイニングテーブルの高さについて詳しく解説し、最適な使い方をご紹介します。この記事を読むことで、ダイニングテーブルの高さが適切であるかどうかを判断することができます。また、ダイニングテーブルの高さに合わせて椅子を選ぶ方法も解説します。正しい高さで使うことで、より快適な食事やコミュニケーションの時間を過ごすことができます。

ダイニングテーブルの高さ 60〜65cm-ソファダイニングに適したサイズ

ダイニングテーブルの高さ60~65cmは、ソファダイニングに適したサイズです。ソファダイニングは、ソファのように低い座面の椅子を使用するダイニングスタイルです。そのため、座面の高さが低く、テーブルの高さもそれに合わせて低めに設定されています。

この高さのダイニングテーブルは、小学生でも使いやすく、座面が低い椅子に合わせることで、食事中の姿勢が安定し、食べ物をこぼすことも少なくなります。また、ソファダイニングはリビングスペースと一体化することで、家族とのコミュニケーションを取りやすいというメリットもあります。

この高さのダイニングテーブルは、狭い空間でも取り入れやすく、コンパクトなデザインが多いため、一人暮らしの方や、ワンルームマンションなどでの使用にも最適です。また、座面の高さが低く、ダイニングスペースがリビングスペースと一体化することで、家族や友人との会話もよりリラックスして楽しむことができます。

60~65cmの高さのダイニングテーブルを選ぶ際には、椅子の高さも考慮することが大切です。座面の高さが低い椅子を使用する場合には、テーブルの高さも低めに設定されているダイニングテーブルを選ぶことが必要です。

ダイニングテーブルの高さ 70cm-標準的なサイズ

ダイニングテーブルの高さが70cmというサイズは、一般的には標準的な高さとされています。この高さのテーブルを使うことで、椅子や人間の身長に合わせた快適な食事空間を作ることができます。

この70cmの高さは、身長が平均的な日本人にとって最適な高さとされています。日本人の平均身長は男性で約170cm、女性で約157cmですが、この身長に対して70cmの高さのテーブルが一番適しているとされています。

また、70cmの高さは、椅子の座面高さが40cm程度の場合にも合わせやすく、一般的なダイニングチェアやスツールなどとも合わせやすい高さと言えます。

しかし、人間の身長や座る姿勢は様々であり、全ての人にとって70cmの高さが最適というわけではありません。例えば、身長が低い人にとっては70cmの高さだと足が浮いてしまい、不快な思いをすることがあります。その場合は、高さが低めのダイニングテーブルを選ぶことが必要になります。

また、70cmの高さだと足元に余裕があるため、小さな子供がいる家庭では、脚が引っかかって転倒してしまう可能性があります。そのため、子供がいる家庭では、高さが低めのテーブルを選んだ方が安全です。

さらに、身体的な問題を抱える人にとっては、70cmの高さが不適切な場合があります。例えば、身体障害者や高齢者にとっては、椅子に座った状態で手元に物が届かない場合があるため、高さが低めのテーブルを選ぶことが必要です。

以上のように、ダイニングテーブルの高さには様々な要因が関わっています。標準的な70cmの高さは、日本人の平均的な身長や一般的な椅子との相性を考えた場合には最適と言えますが、個人の身体的特徴や家庭環境に応じて、高さを調整することが必要になる場合もあります。

ダイニングテーブルの高さ 75cm-少し高めのサイズ

ダイニングテーブルの高さが75cmというサイズは、日本では、通常のダイニングテーブルの高さよりも少し高めであると感じられるかもしれません。実は、このサイズは欧米仕様であり、欧米では一般的な高さとなっています。欧米の家具は、脚の高さが高く、椅子も背もたれが高くなっていることが多いので、それに合わせてテーブルの高さも高くなっています。

この高さは、一般的に大人の方が使用することが多く、立ち座りがしやすく、食事をする際にもより自然な姿勢で食べることができます。ただし、日本人にとっては75cmの高さが使いにくいと感じる方もいらっしゃいます。例えば、身長が低い方、また、椅子の高さが低い場合にも、テーブルが高く感じることがあります。

小学生などの子どもたちが使用する場合には、この高さがやや使いにくいと感じることがあるかもしれません。子どもたちがダイニングテーブルに座った場合、足がつま先しか着かず、座面が浅いイスを使用している場合には、膝が高くなってしまい、テーブルに手が届かないことがあります。

ダイニングテーブルの高さは椅子との「差尺」で最適を考える

ダイニングテーブルを選ぶ際には、高さだけでなく、椅子とのバランスも重要なポイントです。ダイニングチェアとテーブルの高さが適切に調整されていないと、食事の際に快適に座ることができず、長時間座っていると疲れやすくなることもあります。この記事では、ダイニングテーブルの高さと椅子との「差尺」について詳しく解説します。適切な高さの選び方や、間違った高さでの問題点などを紹介しますので、自宅で快適に食事を楽しみたい方や、ダイニングテーブルの選び方に迷っている方には必見の内容です。

「差尺」とは何か?

「差尺」とは、ダイニングテーブルと椅子の高さの差を指します。つまり、ダイニングテーブルの高さと椅子の高さを比較して、その差を計測することで、適切な高さを求めることができます。

例えば、ダイニングテーブルの高さが70cmで、椅子の高さが40cmの場合、その差は30cmとなります。差尺は30cmほどが、使いやすいとされています。

実は、自分に適した「差尺」は、計算して求めることができます。

計算式は「座高÷3-2センチ」

座高は「身長×0.55」というのが目安になっています。

このように、ダイニングテーブルの高さと椅子の高さを比較して、その差を計測することで、適切な高さを求めることができます。

差尺は、ダイニングテーブルと椅子の高さを合わせることで、快適な食事や作業ができるようにします。適切な差尺を設定することで、姿勢が良くなり、疲れにくくなります。また、背中や腰などの負担も軽減され、長時間座っていても疲れにくくなります。

「差尺」による使いやすさの違い

差尺が合っているかどうかで、ダイニングテーブルの使いやすさが大きく変わってきます。

例えば、ダイニングテーブルの高さが70cmで、椅子の座面高さが45cmの場合、差尺は25cmとなります。この差尺が適切であれば、椅子に座ったときに腕が自然な位置にくるため、食事をする際にも疲れにくく快適に過ごせます。

身長が高い人は、座面からテーブル面までの距離が近いため、テーブル面が低いと膝を曲げたままの姿勢になってしまい、不快感を感じることがあります。一方、身長が低い人は、座面からテーブル面までの距離が遠く感じられるため、テーブル面が高いと腕が上がらずに使いづらく感じることがあります。

身長によって「差尺」の高さが異なるため、ダイニングテーブルの高さによる使い心地に違いが出ることがあります。

身長が高い人と低い人がいっしょに食事をとる場合、ダイニングテーブルの高さはどちらに合わせるのが良いでしょうか?

その場合、床に足がつくことが第一に考えるのがポイントです。

なので、身長が低い人に合わせることが推奨されます。

ライフスタイルで高さを考える

ライフスタイルに応じて、ダイニングテーブルの高さを決めることも大切です。たとえば、おしゃれなカフェ風のインテリアに合わせる場合は、ダイニングテーブルを低く設定することで、カフェ風の雰囲気を演出することができます。また、高級感のあるインテリアに合わせる場合は、ダイニングテーブルを少し高めに設定することで、より高級感を出すことができます。

さらに、家族のライフスタイルによってもダイニングテーブルの高さを決めることができます。たとえば、小さな子どもがいる家庭では、低めのダイニングテーブルが子どもたちにとって使いやすいかもしれません。一方で、趣味が料理やお酒である場合は、高めのダイニングテーブルを設置することで、作業しやすくなることもあるでしょう。

つまり、インテリアやライフスタイルに応じて、ダイニングテーブルの高さを決めることが大切です。ただし、どのような高さに設定しても、使いやすさを確認することが必要です。

使いにくいを軽減する方法

差尺の違いによって、ダイニングテーブルの使いにくさに差が出てしまいます。

そんなときの対策をして、クッションを利用することがあげられます。

適切な差尺にひらきがあった場合、椅子の上にクッションを置くことで、開いた差分を小さくすることができます。

ただ、これは、身長が低い人の対策になってしまいます。

使う人みんながちょうどいい差尺にすることを考えると、椅子の高さを変えることを考えてみるのもひとつの方法です。

身長が高い人には椅子を高めに調整し、身長が低い人には椅子を低く調整することができます。

それぞれが自分に合った椅子を使用することで、ダイニングテーブルの使いにくさは軽減されます。

また、反対に、高さ調整可能なダイニングテーブルを選び、高さを調整するのもいいと思います。

これらの方法をうまく組み合わせることで、差尺による使いにくさを解消することができます。

まとめ

【ダイニングテーブルの高さ 最適!サイズ選び 標準を知る】の記事では、ダイニングテーブルの高さについて、標準的なサイズや少し高めのサイズについて解説しました。

まず、ダイニングテーブルの標準的な高さは70cmであることが分かりました。この高さは、一般的な椅子の高さとの差尺が約25cmになるように設計されています。また、椅子の高さに合わせることで、正しい姿勢で食事ができるようになります。

一方、少し高めのサイズとして75cmがあります。この高さは、欧米仕様であり、日本ではあまり一般的ではありません。椅子との差尺が大きくなるため、使い勝手が悪くなることがあります。

標準的な差尺は、27〜30cmほどです。

さらに、ライフスタイルによってダイニングテーブルの高さを選ぶことも大切です。例えば、カフェスタイルのインテリアでは、椅子の高さに合わせてテーブルの高さを低めに設定することで、くつろぎの空間を作り出すことができます。また、キッチンカウンタータイプのダイニングスペースでは、カウンターの高さに合わせた高さが最適です。

最後に、身長の高い人や低い人が同じダイニングテーブルを使う場合は、椅子の高さや座面のクッションで調整することができます。

ダイニングテーブルの高さは、椅子との差尺を考慮して選ぶことが大切です。また、ライフスタイルやインテリアに合わせて選ぶことで、快適な食事空間を作り出すことができます。