ベッドフレームはなんでもいいけど選ぶときに知っておきたいこと

ベッドフレームの失敗しない選び方ベッドフレームの失敗しない選び方

 

ベッドを選ぶときに、ベッドフレーム選びはそれほど重要ではありません。

言ってしまえば、”なんでもいい”です。

 

ベッドフレームが”なんでもいい”というのは、快眠のために考えるべきは寝心地で、じっくり選ぶべきはマットレスだからです。

 

そうは言っても、

ベッドフレームをいざ使うというときに、「失敗した…」とならないために、知っておいた方がいい選び方はあります。

 

機能やデザインもいろいろあるので紹介します。

roomstyle-designのプロフィールの画像

ベッドフレームの失敗しない基本の選び方

ベッドフレームの「ここに注意しよう!」というポイントは、

  • 自分にあった大きさ・サイズ
  • 脚の高さの違いによる注意点
  • デザイン違いによる使い勝手

なんでもいいと言っても知っておいた方がいいことはいくつかあります。

使い始めて気づいた…なんてこともあるので、失敗する前に先回りしておくにこしたことはありませんね。

使う人数に必要なベッドの基本的なサイズ

ベッドフレームはサイズの選び方

ベッドフレームのサイズの選び方。

 

サイズ選びは基本の「キ」

ここでひとつ。

見出しが、なぜ”ベッドレーム”ではなく”ベッド”なのか?

ベッドのデザインの中には、「ステージベッド」というのがあります。

ベッドフレームが、マットレスよりひとまわりほど大きなサイズになっています。

 

マットレスの脇のスペースに、読みかけの本や、グラスや小皿を置いたりと、ちょっとしたテーブル代わりに使えます。

 

見た目もおしゃれなデザインで人気がありますが、選ぶとしたら、同じシングルサイスでも一般的なサイズより大きいスペースが必要になるので注意が必要です。

 

一般的なベッドサイズは…。

シングル……幅100cm

セミダブル…幅120cm

ダブル………幅140cm

クイーン……幅160cm

キング………幅200cm

*ベッドの縦の長さは190〜200cmが多いです。

 

ベッドというと、ベッドフレームとマットレスがセットになっています。

一緒に購入といった場合、一般的なベッドのサイズで購入すれば問題ありません。

 

注意が必要なのは、ベッドフレームとマットレスを別に購入する場合です。

ベッドフレームよりマットレスが大きすぎた!とならないために、センチメートルで選ぼう。

「ひとりだからシングルサイズね」

という選び方はやめておいた方がいいということです。

 

メーカーによってサイズが違う場合があります。

ベッドフレームもマットレスもシングルサイズなのに…となぜか失敗してしまうことになります。

 

ベッドフレームとマットレスを別に購入して、ぴったりサイズではなかったとして。

 

マットレスが少し小さかった場合は、使う上でそれほど気になるところはないと思います。

見た目だけでしょうか。

 

マットレスがベッドフレームより大きかった場合はちょっと問題ありです。

 

大きいと言ってもおそらくは数センチ。

その小さな誤差により、ひっかかったり、ズレやすかったりと失敗を強く感じることになります。見た目もよろしくないです。

部屋に置くときはベッドフレームの外寸で考える。

ベッドフレームにはデザインもいろいろです。

 

マットレスより大きなデザインのステージベッド。

キャビネットがついていたり、ヘッドボードに角度があったりなど、部屋に置くとなると、スペースがより必要な場合があります。

 

ベッドフレームの外寸の把握は必要です。

ローベッド・フロアベッドはデメリットを知っておこう!

ローベットの失敗しない選び方

ローベッドのデメリットを知っておく。

ベッドフレームを選ぶとき、脚が低いローベッドやフロアベッドは、デメリットを理解した上で購入することをおすすめします。

  • 湿気がこもりやすい
  • 掃除がしにくい
  • 低いことの弊害

空間の広がりが演出できるローベッド・フロアベッド。

ベッドフレームは好みで選べば”なんでもいい”ですが、使いやすいかどうかというのは考えていた方が失敗は少ないです。

ベッドが低いと湿気は”より”こもりやすい

寝具において湿気対策は必須項目ですが、ベッドが低いということはより意識が必要です。

 

一般的な高さのベッドでも、ベッドの下の湿気がこもりやすいものです。

定期的な通気は心がけたいですね。

ベッドが低いと下が掃除しにくい

フロアベッドだと、そもそもベッド下がありませんので、まめに掃除することは難しいというのは想像できるでしょうか。

 

ローベッドは隙間はあるので、お掃除ロボットを使うというご家庭もありますが、そうでないところは、深くかがんで掃除。

ベッド下は毎日掃除していてもホコリはたまっています。

しばらくぶりだと、ホコリだけでなく「なんでこんなものが?」というものがあったりします。

 

やりにくいとか、面倒というのは、放置する要因になります。

清潔な空間で過ごすためにも掃除はしやすい方がいいのです。

ベッドは高さ30cmが推奨です。

一般的なベッドより高さが低いローベッド・フロアベッド。

推奨されているベッドの高さというのは30cm以上です。

 

理由はホコリ。

 

目には目立って見えませんが、人が動くことによりホコリは舞い上がっています。

ですが、就寝中は下へ。

 

低いベッドで寝るということは…。

 

ベッドフレームは”なんでもいい”のですが、ローベッドやフロアベッドはデメリットを知った上で選んでください。

ベッドフレームのデザインをいろいろ見てみよう!

ベッドフレームのデザイン

ベッドフレームを選ぶときには機能に注目してみるのもひとつの方法です。

収納がついたベッドフレーム

引き出し収納つきのベッドフレーム
ベッドの下にBOXがついた、引き出し収納のベッドフレーム。

 

跳ね上げタイプのベッドフレーム

跳ね上げタイプの収納がついたベッドフレーム。

 

部屋の収納スペースが小さいとか、ベッド下を有効利用したい人におすすめです。

小物を置きたい「宮付き」と、なにも置かないベッドフレーム

宮付きのベッドフレーム

コンセントがついていたり、小物が置ける宮付きのベッドフレーム。

フラフットなベッドフレーム

なにも置きたくない人にはヘッドボードもないフラットなベッドフレーム。

ベッドフレームのないマットレスベッド

もっシンプルにしたいなら、マットレスに脚がついたマットレスベッドというのもあります。

ベッドフレームもなく、マットレスに脚がついたベッドです。

 

ベッドフレームの素材も、木製だったり、皮革だったり、アイアンだってあります。

 

ベッドフレームはあなたの好きで選べばいいので、”なんでもいい”ですが、あとで失敗しないために、知っておきたい基本の選び方の紹介でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました