連結ベッドのおすすめ!人気のファミリーベッド(フレーム)

子供と一緒が叶う連結ベッド

スポンサーリンク

連結ベッドのおすすめ/人気!ファミリーベッドのフレーム選び

子どもを挟んで家族で川の字。

子どもといっしょ、家族で寝たい!と思ったら連結ベッドがおすすめ!

家族のベッド、ファミリーベッドとして近年人気のベッドです。

2台のベッドをくっつけるので、横幅ひろびろ。

大人2人で使う。

子供ができて家族で使う。

子どもが大きくなったら、2台を別々に使うことができます。

ライフスタイルに合わせて、より長く使えるのも連結ベッドの魅力です。

ベッドの大敵、湿気対策として、すのこタイプがおすすめではありますが、見た目のデザインも、仕様もさまざまある連結ベッド。

選ぶとなると迷うこともあると思います。

使い勝手も知っておくと、あとあとの後悔もしなくてすみますよ。

連結ベッドの失敗しない選び方。

おすすめしたいベッドについて、

紹介していますので参考にしてみてください。

連結ベッド[Famite]すのこ 布団OK!

連結ベッドのおすすめ/ ベッドフレームの選び方

連結ベッドとしておすすめしたいベッドフレームはいくつかあります。

失敗しないために知っておいて欲しいポイントを紹介します。

1.ファミリーに合ったサイズ

2.ベッドの使い勝手を知る

3.注意点・安全性

1.ファミリーに合ったおすすめサイズ

連結ベッドのサイズ選びは、使う人数と誰が使うかで決まります。

基本のベッドのサイズは以下(長さは、だいたい190cm~200cmです)

セミシングル…幅80cm。

シングル…幅100cm。

セミダブル…幅120cm。

ダブル…幅140cm。

クイーン…幅160cm(大人2人も可)

キング…幅180cm(大人2人も可)

子どもといっしょの3人家族、4人家族となると、ベッドを連結して、幅200cm以上になります。

2台のベッドが同じサイズである必要はありません。

パパがシングル、ママと子供がダブルの2台。

パパと子供1人、ママと子供1人でセミダブル2台。

そんな組み合わせでもOKです。

将来、分割して、単独のベッドとして使うことを考えて選ぶのがおすすめ!

子供が使うのか、夫婦で使うのか。

連結ベッドはライフスタイルに合わせて長く使えるのがメリットですからね。

“家族みんなで一緒”のスタイルは、期間が限られています。

子供は自分の部屋ができたら、1人で寝るようになります。

そのときベッドはどうするのか?

サイズ選びに迷ったら考えてみてください。

ベッドを寝室に置いた後、動線が取れているかチェックが必要です。シーツの交換やベッドルームの掃除。またタンスやクローゼットがあれば無理なく引き出しできますか?確認しておいてください。

2.連結ベッド フレームの使い勝手

家族(ファミリー)向けにと考えられている連結ベッドは、自分で組み立てる仕様のものが多いです。

作りはしっかりしているか、どんな構造なのか、使い勝手も知っておくとなお良しです。

収納付きならBOXタイプを。

費用を抑えるために、自分で組み立てる仕様が多い連結ベッド。

収納付きを選んでもそれは同じ。

ただ、収納部分はBOXタイプをおすすめします。

収納BOXは完成品なので、作りはしっかりしています。

収納BOXも組み立てタイプ(KD ノックダウン)の場合、組み立てが面倒な上に、微妙なスキマができやすく耐久性が低いです。

収納付きを選ぶならBOXタイプ推奨です。

マットレスは囲み型or上乗せ

マットレスの置き方には2通りあります。

フレームの枠の中にマットレスを入れこむ「囲み型」

マットレスがずれることなく安定感がありますが、マットレスと枠のサイズが合っていないと使いにくいです。

マットレスだけを別に購入する際、大きすぎれば収まりませんし、小さすぎればすき間ができて、足をはさむなど事故のもとです。

フレームの上にマットレスを載せる一般的な仕様の「上乗せ」

「囲み型」に比べると、ベッドに高さは出てしまいますが、シーツの交換がしやすいメリットがあります。

ベッドの低さを最も大事とするなら「囲み型」ですが、おすすめは「上乗せ」です。

「囲み型」は、寝具の大敵、湿気も逃げにくいですし、マットレスを入れ込んでいるためフレームが歪みやすいともいわれます。

使い勝手を考えると、マットレス「上乗せ」タイプ推奨です。

収納付きは、引き出しの向きや、引き出した幅は何cm確認しておきます。何を入れるか、取り出しやすいかも考慮してください。

3.連結ベッドのフレーム選びの注意点

連結ベッドを選ぶときの注意点について紹介していきます。

子供にとっての安全性です。

子供ってどんな行動をとるかわかりませんから、安全であるということはとっても大切です。

3つのポイントを紹介します。

ベッドの低さは安心 ローベッド

もしも、子どもがベッドからコロンと落ちてしまったら?

そんな心配がないので、ベッドが低いことは○。

部屋に圧迫感がなく、広がりを感じられるとして人気のローベッド。

子どもへの安全性を考えたときにもおすすめです。

ベッド下に収納機能が欲しい場合、少し高くなるので注意が必要です。

マットレスをはめ込むタイプは注意

連結ベッド ロータイプには、マットレスをフレームの中にはめ込む仕様のものがあります。

所謂「囲み型」

枠の中にきっちり収まるので、ズレたりすることもなく安定感があるのですが、フレームとマットレスにわずかなすき間ができてしまいます。

そのスキマにうっかり足をはさめてしまう可能性があります。

ベッドの内寸と、マットレスのサイズの差があまりない方がいいので、確認しておきましょう。

レザーのフレームはふかふか

連結ベッドのにはフレームがレザーのものがあります。

中にウレタンが入っていますから、クッション性がありふかふか。

ベッドのフレームに足をぶつけても、ヘッドボードに頭があたってもふかふかで安心です。

連結ベッドを選ぶときのポイントにしてみてください。

連結ベッドのおすすめ/人気ファミリーベッド すのこフレーム

連結ベッドのフレームは
すのこがおすすめです!

イチオシ!は…。

連結ベッド[Famite]すのこ 布団OK!

セミシングル2台160cmから、ワイドキングの280cmまで。

ベッドの組み合わせのパターンの豊富さと、ベッドフレームのみなら30,000円(税込)からのお得感。

コスパの良さなら申し分なしにイチオシです。

レビュー:組み立ては大変ですが、このお値段でこのクオリティーなら満足です!多少の組み立てのズレやスレがもっと改良されれば星5です!

国産ひのきの天然木 香り高い!

国産檜すのこローベッド ワイドキング

檜が好まれるのは、その香りに含まれる天然成分「フィトンチッド」のチカラです。

疲労回復、リラックス、安眠に加え、優れた殺菌効果でダニやカビに効果的。

すのこの床板は通気性良好です。

布団使用もOKな頑丈な作りです。

レビュー:ベッド自体はすごく良いお品でしたが、組み立てがものすごく大変でした。見た目的に簡単かな?(30分くらいと書いてありました)と思って組み立てサービス頼みませんでしたが、父と二人で3時間近くかかりました、、、。ベッドはヒノキの香りが気持ちよく家族で並んで寝ています。

モダンデザイン 連結 大型フロアベッド「LTS」

モダンデザイン 大型フロアベッド 「LTS」

7、8年も人気のロングセラーの連結ベッド。最大280cmのワイドキングサイズ。4人家族はもちろん、5人家族でも大丈夫。子どもも安心なフロアベッドなので開放感もあります。マットレスは8種類の寝心地から選べるので、大人も満足できます。

収納付き連結ファミリーベッド 「WTB」

収納付き連結ファミリーベッド 「WTB」

収納がついた連結ベッドもファミリーには人気。なにかとモノが多いですから、ベッドの下に収納できるのはいいですね。連結したサイズは幅最大240cm。セミダブル✖︎セミダブルが一番大きな組み合わせになりますが、分割したときのことを考えると、使いやすいのではないかと思います。

連結ワイドor2段のスタイルチェンジできる「GRT」

連結ワイドor2段!スタイルチェンジ「GRT」

見た目でイメージできると思いますが、分割するときは2段ベッドとしても使えます。連結してワイドサイズ。将来、1台ずつに分けて使うか2段ベッドとして使うか3つのスタイルが選べます。サイズはシングル✖︎シングルのワイドキング200cmです。

連結シングル3台「ALUTERIA」


ALUTERIA ワイドK300 シングル3台

シングルサイズを3台連結できるアルテリア。3台の組み合わせはなかなかないのですが、将来的なことを考えると、分割しやすいです。布団も使えて、マットレスも6種類から選べます。フレームだけ購入することもできます。

収納つきなら【Cedric】セドリック WK300がおすすめ。

シングルサイズを3台並べるという使い方は、子供が独り寝するころのことを考えると使い勝手はいいと思います。

横幅300cmいなるので、広さも必要ですが、サイズ上、6畳の部屋に置くことは可能です。

余裕はないですけど。

ただ、3台連結できるベッドが、選べるほど種類が少ないのが難点です。

ベッドをくっつけて置く場合、連結金具などでズレのないよう固定する必要があります。

ただ並べればいいというわけにはいかないですからね。

連結ベッドの組み合わせについて、家族に合わせたおすすめのサイズ。

そのサイズから考えるおすすめの組み合わせを紹介してきました。

子どもが大きくなったときベッドをどう使うか。

少し未来のことを考えて、連結ベッドの組み合わせを選ぶ参考にしてみてください。

category/ベッド

タイトルとURLをコピーしました