シングルにセミ、ダブルのベッドをくっつけて使いたいときのおすすめ

ベッドを2台くっつけたイメージベッドを2台並べて子どもといっしょに。

 

ベッドを2台くっつけて使いたい!

 

と、考えているあなたが気になっていること。

おすすめしたいことを案内します。

roomstyle-designのプロフィールの画像

ベッドを2台くっつけたときに気になることは3つある。

ベッドを2台くっつけたと気になること

ベッドを2台くっつけたらココが気になる

 

結婚したり、子供が生まれたりといったライフスタイルの変化にともない、ベッドのサイズをもっと大きく使いたいと思ったら、ベッドを2台ならべて使うのはおすすめです。

 

2台が同じサイズでなくてもかまいません。

 

ベッドを2台くっつけたときに、よくココが気になると言われていることは3つあります。

ベッドを2台くっつけたら、隙間ができない?

ベッドをくっつけたら隙間が気になる

ベッドをくっつけた隙間はアレで解決!

 

ベッドを2台ならべてもぴったりくっつきます!とおすすめされているベッドはたくさんあります。

人気がある証拠ですね。

 

子どもといっしょ、家族みんなで寝たい。

もっとゆったりと眠りたい。

 

ベッドを2台くっつけたなら、そんな要望に応えられます。

 

でも、と気になるのはベッド2台をくっつけたときの隙間。

 

マットレスとマットレスの間に隙間ができて、眠ったときに寝心地が気になるんじゃないか?ってこと。

 

そんな隙間は埋めてしまえとばかりに、隙間パッドというものがあります。

名前の通り、ちょっと気になる隙間を埋める専用のパッドです。

 

ベッドを2台くっつけたときにできる隙間は埋めることができるので寝心地は解消できますが、実はこの隙間パッドだけでは不十分なのです。

 

ベッドメイキングを考えてみてください。

 

一般的なベッドの使い方として、

マットレスの上に「敷きパッド」

その上に「シーツ」をかけます。

 

ベッドを2台くっつけるということは、1台のベッドよりサイズが大きくなります。

つまり、大きなサイズの「敷きパッド」「シーツ」が必要になるということです。

 

ベッドを2台くっつけて使うときは、「敷きパッド」と「シーツ」も揃えておくことをおすすめします。

ベッドを2台くっつけたら大きさ何サイズ?

ベッドをくっつけたサイズが気になる

ベッドを2台くっつけたサイズが知りたい

 

セミシングルよりシングル。
シングルよりセミダブル。
セミダブルよダブル。

と、ベッドのサイズは大きくなります。

 

セミシングルサイズは80cm。

シングルサイズは97cm。

セミダブルサイズは120cm。

ダブルサイズは140cm。

 

ベッドを2台くっつけるとさらに大きなサイズになります。
(メーカーなどにより若干の違いがあります)

 

セミシングルxセミシングル=クイーン(幅160cm)

セミシングルxシングル=キング(幅180cm弱)

シングルxシングル=ワイドキング(幅200cm弱)

シングルxセミダブル=ワイドキング(幅220cm)

セミダブルxセミダブル=ワイドキング(幅240cm)

セミダブルxダブル=ワイドキング(幅260cm)

ダブルxダブル=ワイドキング(幅280cm)

 

キングサイズ以上はワイドキング。

サイズが200cm〜280cmまであります。

 

280cmのワイドキングサイズは、ファミリーサイズとも言います。

このサイズなら、4人家族でもゆったり眠ることができますよ。

ベッドを2台くっつけても寝室に置ける?

べっどを2台くっつけて寝室に置けるか

ベッド2台は6畳の寝室に置ける?

 

大きなベッドで寝たいと思っても

寝室に置けるか?

置いたときに気をつけることはないか?

後悔しないためにも確認しておく必要があります。

 

一般的に多い6畳で考えてみます。

6畳のサイズはだいたい360㎝×270㎝。

補足しておくと、江戸間、京間、団地サイズと、畳の大きさは違うので注意は必要です。

セミシングルxセミシングルの2台ならべたとき

幅は160cm。

まったく問題ないサイズですね。

大人2人が寝るのに、ダブルサイズ140cmを利用するより、十分なサイズです。

セミシングルxシングルの2台をならべたとき

幅は180cm弱。

いわゆるキングサイズですが、2台並べても問題ないと思います。

 

大人2人でダブルサイズのベッドより、2台ならべて置いた方がゆっくり寝れてよさそうです。

シングルxシングルの2台をならべたとき

幅200cm。

ワイドキングサイズ。

ワイドキングも、幅200cmなら、壁よせにするなど、ベッドの配置の工夫で2台ならべても置くこと可能です。

シングルxセミダブルの2台をならべたとき

幅は220cm。

お子様もいっしょに寝たいと考えているなら、幅220cmのワイドキング以上がおすすめです。

シングルは一人用ですから、シングルサイズのベッドを2台ならべるより、1台がセミダブルで大きいサイズと考えるとわかりやすいですね。

 

6畳の部屋は360㎝×270㎝で考えています。

 

サイズだけ見れば2台置けそうですが、このあたりから、ベッドの空きスペースを考えていく必要があります。

セミダブルxセミダブルの2台をならべたとき

幅は240cm。

家族4人でもOK!

 

ただ、幅220cmのワイドキングサイズ以上になると、注意しておくことがあります。

 

人が通る動線は確保できていますか?

シーツを替えたり、掃除したりするとき窮屈だと大変です。

 

ドアの開閉は問題ないですか?

入り口のドア、クローゼット。

半分くらいしか開かないなんてことがないように。

 

収納ベッドなら、引き出すスペースも考えておく。

案外見落としガチなので要注意。

ベッドを2台くっつけて、大きなサイズで寝る幸せ

ベッドを2台くっつけて子どもと寝る

子どもといっしょに寝たいが叶うベッド

 

夫婦でも、子どもと家族みんなで寝ることができる大きなサイズのベッド。

 

ベッドを2台くっつけると隙間が気になりますが、敷きパッドと一体型のボックスシーツなら寝心地も問題なし。

 

6畳の寝室にも、ワイドキングになると注意が必要ですが置くことができます。

 

子どもといっしょに寝れる期間は長くはありません。

 

気になるポイントを抑えて、のびのび快適!おすすめです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました