テレビの後ろもおしゃれなパネルで防音しよう。

 

テレビの後ろに置いた吸音パネル

テレビ後ろの防音もおしゃれな仕上がり

 

テレビの後ろの音漏れ。

壁の向こう側のお隣に響いていないか心配の方もいると思います。

 

もしかしたら、苦情をもらったという経験があるかもしれません。

 

大きなトラブルになる前にできる対策はやっておきたいですね。

 

部屋のインテリアの雰囲気を壊さない、

おしゃれなテレビ後ろの防音におすすめの吸音パネルを案内します。(自衛目的の防音対策ではありません)

roomstyle-designのプロフィールの画像

テレビの後ろの音は吸音して小さくする。

テレビの後ろに置いた吸音パネル

テレビの後ろは吸音して対策する

 

音を防ぐ「防音」には、「遮音」「吸音」とあります。

テレビの後ろの音の場合、反射させる「遮音」より、音を吸収する「吸音」がおすすめです。

ノイズを減らすという表現がわかりやすいかもしれません。

 

新居や引っ越しで、まだ家具を置いていない部屋に入ったとき、しゃべる声が響いて聞こえませんか?

 

それは声、つまり”音”が反射しているからです。

 

では家具やインテリアを置いたあとはどうでしょう?

 

なにも置いていないときと違っていませんか?

響いていないと思います。

 

壁に並べた収納家具や本棚、床に敷いたラグやカーペットなどが、わずかにですが音を吸収しているからです。

 

集合住宅の簡単な防音対策として、大きめの家具を壁側に置くというのがあります。

これも理由は同じ。

家具が吸音の役割をしています。

 

そうは言っても、テレビの後ろに家具を置くわけにはいきませんね。

 

そこでおすすめなのが「吸音パネル」

硬質吸音フェルトボード「フェルメノン」はおしゃれな吸音パネル

テレビの後ろにおしゃれな吸音パネル

おしゃれな吸音パネルが防音お役立ち

 

防音対策といっても、防音できればいいからと、ダンボールなんか考えていませか?

卵数個入りの紙ケースなんてダメです。

そもそもどちらも防音には適しません。

 

リビングのメインの場所になろうかというテレビ。

テレビの後ろの防音対策も、インテリアの雰囲気壊さずおしゃれにやりましょう。

賃貸OK!吸音パネルはテレビの後ろに貼るだけ工事いらず

おしゃれな吸音パネルの拡大図

側面の角度が立体感+高級感あり

 

おしゃれな吸音パネル「フェルメノン」の、表面の拡大画像です。

 

9mmほど厚みがありますが、側面を角度45℃でカットしています。

なので、立体感が生まれています。

 

写真のパネルはカラーがグレーということもあり、ちょっと石にも見えますね。

 

おしゃれな吸音パネル「フェルメノン」はポリエステルフェルト。

虫ピンをさしていくだけで、穴も目立ちにくいので賃貸でもOK!自分でできます。

 

カラーやデザインにバリエーションがあるので、部屋のテイストに合わせて、おしゃれなインテリアとしてテレビ背面の防音ができます。

フェルメノンをテレビの後ろに貼ると効果はどうだろう?

商品にはつきものの、使ってよくなかったという口コミ。

高い評価があっても中にはあります。

 

そのときに気をつけたいのは、基本的な使い方と考え方が正しいかということ。

 

おしゃれな吸音パネル「フェルメノン」は、

 

音の発生源からの反射を抑え、

室内の反響音や雑音を低減させ、

外への音漏れを防ぐのが特徴です。

 

つまり。

 

テレビの後ろ側へ反射する音を抑えることにより、

部屋への反響音や発生する雑音を低減させ、

壁の向こう側への音漏れを防ぐことができます。

 

メーカーの説明によると、音がぶつかる位置に貼ると効果的なので、テレビの後ろの防音に、吸音パネル「フェルメノン」を貼ることはおすすめなのです。

 

音漏れを防ぐというのが基本なので、自衛目的の防音対策にと考えていれば効果は期待しない方がいいと思います。

 

テレビ後ろの防音に考えているなら、背面の壁の一部に吸音パネルを取り付ければOKです。

時間も費用も少なくすみます。

 

テレビの後ろに吸音パネル「フェルメノン」を貼って、防音対策もおしゃれにしようとうのは、まずひとつの提案です。

吸音パネル以外でテレビの音漏れ防音を考える

壁の向こう側への影響を考えて、音を小さく小さくと考えていませんか?

映画や音楽を楽しみたいのに配慮しすぎて楽しさ半減なんてことはないでしょうか?

 

集合住宅ですから、迷惑になるような音には注意する必要がありますが、気を使いすぎてというのも考えものです。

 

そこでおすすめしたいのは、手元スピーカー。

 

テレビの音を小さくしすぎては、聞き取りにくいことがあったりで、十分楽しむことはできません。

 

それで、テレビの近くによっていけば目が疲れてしまいます。

 

テレビとの距離をとって、音漏れも考えてテレビを楽しむために、音を手元で鳴らすことができるスピーカーは案外重宝します。

 

音が発生するのは自分の周りです。

テレビとは離れたところが発生源なので、壁にテレビを設置しても、音漏れ、防音は、気にする度合いが違ってきます。

 

 

 

集合住宅の防音の中でも、テレビの後ろの音漏れ防音について案内してきました。

気になる音というのは、壁からだけではありません。

窓からの場合もあれば、斜めの部屋からなんてこともあります。

要因がひとつにしぼれないのが難しいところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました