タイルカーペット 2色で真似しやすいデザイン例を考えてみる。

 

タイルカーペットをフローリングに敷くことになったとき、悩むのが部屋に置いたときのデザインです。

 

1つの色、いわゆる単色や、1枚ずつ模様が入ったタイルカーペットもありますが、それなら、部屋に敷き詰めるカーペットでもいいわけです。

 

でも、タイルカーペットなら自分でデザインする楽しみがあります。

 

例えば、

タイルカーペットだからとあまり子供っぽくしたくない。

センスよく見えるおしゃれな感じにしたい。

 

そんなことも自分らしくできます。

 

通販などのイメージ写真でよく見かけるのは2色のチェック模様。

タイルカーペットといえば…というくらい見かけるデザインですね。

 

簡単にできるデザイン例ですが、少しワンパターンでもあります。

 

2色使いでも、並べ方、配色次第で、おしゃれに見せることはできます。

色数が増えると難しく感じることもあるので、2つの色で、真似しやすいタイルカーペットのデザイン例を紹介します。

画像は準備中です。

roomstyle-designのプロフィールの画像

配色、並べ方でおしゃれに変わるタイルカーペット

使う色は2色でも、組み合わせ方で案外組み合わせパターンはいろいろあります。

 

アクセントカラーがはっきりしている組み合わせ。

同じグループの色合いの組み合わせ。

 

その並べ方を少し工夫するだけで、ワンパターンから抜け出せます。

タイルカーペット2色で、簡単アレンジのデザイン

 

2色の組み合わせといっても案外組み合わせパターンはいろいろあります。

 

タイルカーペットの紹介でよく見かけるチェックの模様のようですが、同じ色を2枚つなげて中央の幅を広くすることができます。

 

 

こちらも使っている色は2色。

白と黒のモノトーンです。

 

チェックのような並べ方ですが、1色の幅が広くなっています。

2枚並べて長方形にしただけですが、おしゃれにセンスよく見えます。

タイルカーペット2色でボーダーを作ったデザイン

 

少しわかりにくいかもしれませんが、タイルカーペット2色のボーダーです。

 

中央はタイルカーペット3枚つなげて、その外側を縁どるようにもう一つの色を並べています。

太いボーダーと細いボーダーのデザインです。

 

 

こちらもボーダーのデザインです。

2色とも2枚ずつ並べてあり、ラインの太さは同じ。

 

 

こちらは同じ太さのラインを連続してボーダーにしています。

タイルカーペットもボーダーデザインだと、ひとつ違って見えますね。

タイルカーペット2色、並べ方でできるデザイン

 

 

ぱっと見た感じラグマットのようですね。

中央にアイボリーのタイルカーペットを並べて、まわりを模様のついたタイルカーペットで囲んだデザインです。

 

 

こちらも縁取りをしたデザイン例ですが、同系色でまとめています。

落ち着いた雰囲気、少し高級感さえ感じます。

 

 

同じように周りを囲んだデザイン例ですが、これまでとは反対に、中央のタイルカーペットが模様入り。

そのほかの部分を無地でまとめています。

ダイニングテーブルの下は模様入りといった”仕切る”役割にもなっています。

 

 

白と黒の2色で、こんな模様をつくることもできます。

実はこのデザイン、カラーを変えてみると…。

 

 

グレートと黒に変えただけですが、雰囲気が変わりますね。

気分を変えて一部だけ色を変更なんてことも、タイルカーペットならできます。

 

並べ方を少し工夫するだけで、使う色は2色でも、ワンパターンから抜け出せます。

タイルカーペット同色濃淡の2色なら、シックなデザインに。

ワンパターンに見えがちな2色の並べ方でも、同じ色の少し濃い色、または淡い色にして組み合わせるとセンスよく見えます。

 

白ならアイボリーとオフホワイトの組み合わせ。

 

カテゴリーでいえば同じ”白”のグループになりますが、少しクリーム色がかったアイボリーと、それより淡いオフホワイト。

白1色とは違った雰囲気が出せます。

 

たくさんの色のタイルカーペットを使わなくても、並べ方や配色でおしゃれなデザインは作れます。

タイルカーペットはデザインしやすい吸着タイプがおすすめです。

住宅用のタイルカーペットでも、糊つけするものがありますが、剥がすときのことを考えると吸着するタイプがおすすめです。

 

裏面にグリップがついていたり、加工されていて吸着するので、並べていくのも簡単です。

 

タイルカーペットは自分の好みでオリジナルのデザインが作れますが、中にはそのデザインに飽きてしまったり、部屋の模様替えをしてインテリアのテイストが変わってしまうこともあります。

 

そんなとき、吸着するだけのタイルカーペットだと、デザインの変更も並べ変えるだけで済みます。

 

タイルカーペットのおしゃれなデザインを探すと、多色使いが目につきます。

確かに目を引きますが、必要になる枚数や、部屋に並べたときのバランスを考えたとき、2色でも十分おしゃれなインテリアは演出できます。

 

タイルカーペットはフローリングの部屋にはメリットいろいろです。

おすすめのデザイン例を参考にオリジナルなタイルカーペットのデザインを楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました