ゴロゴロできるリビング(ソファーなし)におすすめインテリア

絨毯に座る女の子

ソファーをリビングに置くと場所をとるかなぁ。

でも、リビングでゴロゴロしたいからソファーは必要かなぁ。

といった悩みに提案します。

リビングにソファーがなくても、ゴロゴロとくつろぐことはできます。

特に、お子様が幼児から小学生くらいだと、いっしょに過ごす時間も長くとりたいですよね。

子どもはあっというまに大きくなって、自分の時間は自室にこもったりしてしまいます。

リビングでゴロゴロ。

ソファーがなくても家族でくつろげるおすすめインテリアを紹介します。

スポンサーリンク

ゴロゴロできるリビング ロースタイル3つのおすすめ

ソファーをなくして
リビングを広く使う
ロースタイルライフ

1番のメリットは空間を広く感じること。

お子様の遊ぶスペースや、ペットと遊ぶときもフローリングが広く使えるのは、ロースタイルのメリットだと思います。

リビングでゴロゴロするのにおすすめなのが3つ。

「フロアソファ」と「クッション」と「ラグマット」

フロアソファでゴロゴロ。

日本製 洗える2wayフロアソファ

フローリングに敷くフロアマットに低めの背もたれがついています。

マット部分はウレタン。

写真のクッションラグは30mmの厚さがあるので、子どもが転んでも安心です。

集合住宅につきものの、足音やおもちゃを落としたときの防音対策にもなるかと思います。

子どもは椅子に座るより、ぺたんと床に座ることも多いです。

座ったときのクッション性、ふんわり感は、厚さが30mmもあると随分感触が違うと思います。

遊びつかれてそのままゴロンと寝てしまうのもわかりますね。

背もたれは、腰のあたりを支える高さのロータイプ。

お子様の隣でいっしょに遊んだり、その様子を見ていたりするときに、背もたれがあるとカラダをあずけることができます。

眠ってしまったお子様といっしょにそばでお昼寝。

ママもパパも、リビングで子どもとゴロゴロできます。

マット部分は折りたたむことができます。

三つ折りでたためば、ローソファーになるので使い方を変えることができます。

もうひとつうれしいポイントに、ロースタイルの冬の定番「こたつ」と相性バツグンです。

ソファーのようにくつろぎながら、こたつでぬくもり。

ぬけだせない心地よさを体感することができます。

ビーズクションでゴロゴロ。

大きなビーズクッション

体を預けたり、腰掛けたり…。

いろいろな形でカラダにフィット。

中の細かなビーズが、寄りかかったからだに合わせて動いて、からだをやさしく受け止めます。

リビングでゴロゴロするにはぴったりのアイテムです。

リビングはアースカラーなど落ち着く色合いが多いですよね。

クッションをアクセントに、カラーで遊んでみるのも楽しいですよ。

形だっていろいろあります。

椅子のようにしっかり座るしずく型

カラダ全部を預けられるくらい大きな特大サイズ

可愛いリンゴ型はリビングにあるととってもキュート!

20cm弱ほどの極厚な低反発クッションなら、椅子のような座り心地。

じんわりと体重を受け止めて疲れにくい。

ロースタイルライフにぴったりのアイテムです。

低反発のラグマットなら、ゴロゴロ気持ちいい!

極厚29mm。毛足短く手入れがラク

低反発ウレタンラグマット

フローリングに座る、横になるということを考えると、ラグマットにこだわってみるのもいいですね。

おすすめは低反発素材のラグマット。

低反発は、からだの重さをゆっくり沈んで受け止めてくれます。

寝具で人気のある素材です。触れ心地もとっても◎。

厚みもあるので、ずっと座っていてもお尻がいたくならない、底つき感を感じません。

低反発のラグマットなら、クッション性も高く寝転んでも気持ちいいと思います。

防音にも効果があるのはちょっとうれしいポイント。

ゴロゴロできるリビング ソファーなしなら来客はどうする?

普段は片付けておける、折りたたみの椅子やテーブルを用意することが多いです。

ダイニングテーブルを、買い替えやこれから購入するなら、テーブルの幅を変えられる伸縮タイプのダイニングテーブルは便利です。

ダイニングチェアも単体で販売されていますし、おしゃれ目の脚立を、来客時に自分用の椅子として使うのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました