プロモーションが含まれています。

フローリングに敷くものは何がいい?床に敷くおすすめ

フローリングに敷くものは何がいいのか悩む女性

フローリングに敷くものには何があるの?

フローリングに何を敷くのかって悩みますよね?

素材もいろいろ、デザインもいろいろ、お店に見に行くと、種類がいっぱいありますからね。

使い勝手はどうなのか…と悩むポイントもさまざまです。

フローリングに何を敷くのかで、部屋の雰囲気も変わってきます。

あなたはどんな部屋にしたいですか?

そこで!フローリングに敷くおすすめのアイテムを紹介します。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

フローリングに敷くもの/床に敷くおすすめ

絨毯・カーペット

絨毯とカーペットは同じものを指します。カーペットと付くものには種類があるので、絨毯という言葉で説明すると、絨毯とは毛織物の一種です。

カーペットは足触りが柔らかく、歩くときの心地よい感触があります。これにより、床面が冷たい場合でも足元が温かく、寒い季節に快適な空間を提供します。

一方で、床の保温性を向上させ、部屋全体を温暖に保つ効果があります。特に冷たい床面のフローリングの上に敷くことで、足裏を冷から守り、家庭内でのくつろぎを増幅させます。

さらに、床面の防音性を向上させる素材としても知られています。足音や物音が和らぎ、騒音を軽減してくれるため、集合住宅や上階の住まいでも快適な環境を作り出すことができます。

デザインの自由度もカーペットの利点の一つです。豊富な色や柄、素材が揃っており、部屋のインテリアに合わせて選ぶことができます。スタイリッシュなデザインのカーペットは、部屋全体の雰囲気を引き立て、アクセントとしての役割も果たします。

最後に、お手入れが比較的容易で、掃除機やシャンプークリーナーを使って清潔に保つことができます。これにより、長期間にわたり美しい状態を維持することが可能です。

ウッドカーペット

ウッドカーペットは、フローリングに敷くのに最適な素材の一つです。これは、木材調のデザインが特徴で、フローリングの上に敷くことで床面を暖かみのある木の風合いに彩ります。

特徴として、まず第一に自然な風合いが挙げられます。木目模様がリアルに再現されており、部屋全体に温かでナチュラルな雰囲気をもたらします。また、ウッドカーペットは滑りにくい素材でできているため、床の上での安定感があり、安全性も高いです。

お手入れも簡単で、掃除機や軽いほこり拭きで手軽に清潔感を保つことができます。さらに、フローリングを保護する役割も果たし、床面の傷や汚れから守ってくれます。

ウッドカーペットは、インテリアのアクセントとしても活躍します。様々なデザインやカラーバリエーションがあり、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。一部分だけ敷くことで、おしゃれなエリアを演出することも可能です。

タイルカーペット

タイルカーペットは、フローリングに敷く際の柔軟性と自由度を提供する素材です。このカーペットは、個別のタイル状になっているため、他の敷物とは異なり、使い勝手が非常に高いと言えます。

まず、タイルカーペットの最大の魅力は、レイアウトの自由度です。各タイルが別々になっているため、自分の好みや空間に合わせてデザインを変更することができます。これにより、独自の模様や色合いを楽しむことができ、部屋全体の雰囲気をカスタマイズすることが可能です。

取り替えが容易で手入れも簡単なのが、タイルカーペットのもう一つの利点です。汚れたり傷んだ部分だけを取り換えることができ、全体のカーペットを交換する手間がかかりません。また、タイル単位で取り外して掃除機をかけることもでき、清潔な状態を保ちやすいです。

防音性にも優れており、足音や物音を軽減する効果があります。これにより、静かで快適な空間を演出できます。個性的なデザインと実用性を兼ね備えた、フローリングに最適な選択肢の一つです。

ラグマット

ラグマットはフローリングに敷くのに最適で、快適性とデザイン性を両立させたアイテムです。

ラグマットは柔らかな質感があり、裸足で歩くときやくつろぎたいときに最適です。足触りが心地よく、床面が冷たい場合でも足元を暖かく包み込んでくれます。これにより、リビングや寝室などでの居心地を向上させます。

デザインの豊富さもラグマットの特徴の一つです。様々なサイズ、色、柄、素材が揃っており、自分の好みや部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。これにより、ラグマットは部屋のアクセントや統一感を演出する役割を果たします。

また、ラグマットは床を保護するための役割も果たします。フローリングに直接物を置くときや家具の下に敷くことで、床の傷やスレを防ぐことができます。これにより、フローリングの美しさを長く維持することができます。

お手入れも簡単で、掃除機やシェイクアウトなどで効果的に清潔に保つことができます。素材によっては機械洗いが可能なものもあり、長寿命で使い続けることができます。

ラグマットはフローリングに快適さとスタイルをもたらす素材であり、インテリアの一部として重要な役割を果たします。

クッションフロア

クッションフロアはフローリングに敷くのに理想的な素材で、その特徴は快適性とお手入れのしやすさにあります。

まず、クッションフロアは柔らかなクッション性があり、歩くときや立っているときに足や膝への負担を軽減してくれます。そのため、床冷えが気になる季節でも快適な歩行感を提供し、特にキッチンやリビング、子供部屋などで活躍します。

お手入れが簡単なのもクッションフロアの利点です。表面が平らでシームレスなため、ホコリや汚れが付きにくく、掃除機や拭き掃除で手軽に清潔な状態を保つことができます。水拭きも可能な素材が多いため、キッチンやバスルームにも適しています。

デザインの豊富さも魅力の一つです。クッションフロアは木目調や石目調、タイル模様など、多彩なデザインが用意されています。これにより、部屋のスタイルやインテリアに合わせて選ぶことができ、好みの空間を演出することができます。

耐久性にも優れており、傷や凹みに強い素材が多いです。家庭での使用において、長期間美しい状態を維持することができます。

天然素材の敷物

天然素材の敷物はフローリングに優れた自然な雰囲気と快適性をもたらす素材です。

天然素材の代表として竹や麻、綿、羊毛などがあります。これらの素材は環境にやさしく、自然な風合いが魅力です。竹や麻は通気性があり、夏は涼しく、冬は暖かい足触りを提供します。羊毛は保温性に優れ、冷たい床にも暖かさをもたらします。

天然素材の敷物は通気性に富み、湿気を逃がす効果があります。これにより、カビやアレルギーの原因となる湿気を抑え、健康的な居住空間を維持します。

耐久性も天然素材の利点の一つです。特に羊毛や竹などは頑丈で、長期間にわたり美しい状態を保つことができます。また、綿や麻はしなやかで柔らかい質感があり、歩行時に足に優しく、快適な歩行感を提供します。

デザインの面でも、天然素材はナチュラルで温かみがあります。自然の色合いや模様が表れ、部屋に自然なアクセントを与えます。これにより、リラックスした雰囲気を醸し出すことができます。

天然素材の敷物は環境への配慮や快適性、デザイン性において優れています。フローリングに取り入れることで、自然な居心地と美しさを同時に楽しむことができます。

フローリングにマットを敷くメリット・デメリット

メリット

  1. 保温効果やクッション効果: マットはフローリングが冷たく感じられる季節に、足元を暖かく包み込んでくれる保温効果があります。また、柔らかな素材のマットはクッション性が高く、歩行時の足への負担を軽減し、快適な歩行感を提供します。
  2. ダストキャッチ効果: マットは床に落ちるホコリや微粒子をキャッチする効果があります。これにより、部屋の清潔さを維持し、フローリングのお手入れを簡素化することができます。
  3. 装飾効果: マットは豊富なデザインや色彩が用意されており、部屋にアクセントを加える装飾効果があります。インテリアのコーディネートに合わせて選ぶことで、部屋全体の雰囲気を変えることができます。
  4. 防音効果: マットは床上の音を吸収するため、部屋の防音効果を高めます。これにより、足音や物音を軽減してくれ、静かで落ち着いた環境をつくり出します。特に集合住宅や上階の住まいでは、周囲への配慮となります。

デメリット

フローリングにマットを敷くことにはメリットがありますが、一方でデメリットも考慮する必要があります。

  1. ダストやアレルギーの蓄積: マットはホコリや微粒子を取り込みやすいため、定期的なお手入れが必要です。特にアレルギーを引き起こす要因となることがあり、マット自体がアレルギー源になる可能性があります。
  2. お手入れの手間: マットはお手入れが必要であり、特に大きなサイズのものは取り扱いが煩雑になることがあります。定期的な掃除やクリーニングが必要で、これが手間に感じられることがあります。
  3. 床面の色褪せ: 長時間同じ場所に敷かれたマットは、床面の一部が日光や摩擦によって色褪せする可能性があります。このため、マットの定期的な位置の変更が必要となります。
  4. 滑りやすさ: マットの下に敷かれたフローリングが滑りやすくなることがあります。特に子供や高齢者がいる場合は、滑り止めの注意が必要です。
  5. デザインの変更が難しい: マットを敷ることでフローリング全体のデザインが一定のものになるため、インテリアの変更が難しくなります。季節や気分に合わせてデザインを変えたい場合には、マットの選択に慎重さが求められます。

フローリングに敷くものは何がいいのか選び方

用途を考える

リビングはリラックスしたり、家族や友人と交流する場所です。快適性と装飾性が重要です。柔らかな素材やカラフルなデザインのカーペットやラグが適しています。座って過ごすことが多い場合は、足触りの良い素材を選びましょう。

子供がいる場合は、耐久性とお手入れのしやすさが重要です。子供が遊ぶ場所では汚れや衝撃に強い素材が必要です。また、柔らかな素材やクッション性の高いマットが子供の安全性を考える上で重要です。

ペットがいる場合、耐久性と清潔さが重要です。ペットの爪や汚れに耐えられる素材を選ぶことが大切です。また、お手入れが簡単で汚れを落としやすい素材が望ましいです。防水性のある素材も考慮しましょう。

滑り止め

敷物が床と十分に密着しているか確認しましょう。隙間があると敷物が動いてしまい、滑りやすくなります。子供やお年寄りのいる家庭では、家庭内事故を防ぐためにも注意したいポイントです。滑り止め加工された裏地を持つ敷物を選ぶようにしてください。

滑り止め加工がされていなかったり、滑り止めの効果を感じられない場合は、敷物の下に滑り止め効果のあるマットを敷くのがおすすめです。

敷物の角や端がずれるのを防ぐために、敷物を周囲に固定するダブルサイドテープなどを使用することも有効です。床の表面が滑りやすい素材である場合は、特に滑り止めの対策が必要です。

機能もチェック

  1. 撥水性: 撥水性のある敷物は、水や汚れをはじいて浸透を防ぎます。特にキッチンやバスルームなどの水回りや、子供やペットのいる部屋であれば、撥水性のある素材を選ぶことで清潔さを保ちやすくなります。
  2. 防ダニ性: 防ダニの敷物は、アレルギー症状の軽減や健康面での安心感を提供します。特に寝室や子供部屋などで使用する際には、防ダニ加工が施された素材を選ぶことで快適な睡眠環境を作り出すことができます。
  3. 防音性: 防音性のある敷物は、足音や物音を吸収し、隣の部屋や下の階への騒音を軽減します。マンションや集合住宅、音に敏感な環境であれば、防音性の高い素材を選ぶことで静かな居住環境を実現できます。

フローリングに敷くものは何がいいQ&A

フローリングに何か敷いた方がいいですか?

フローリングに何かを敷くかは個人の好みとニーズによります。保温やクッション性を求めるならマットが適しています。デザインや雰囲気の変化を楽しみたいならラグがおすすめ。床の保護や防音を重視するならクッションフロアやカーペットが有益です。用途や好みに応じて適した敷物を選ぶと、快適で魅力的な空間を演出できます。

夏 フローリングに敷くものは何がいいですか?

清涼感・通気性・涼し気なデザインなど、夏の暑さを軽減してくれるような素材のものがおすすめです。ストローマット、コットンラグ、透明なプラスチック製の敷物。竹マットやい草ラグも、自然素材でナチュラルな風合いが楽しめます。

い草ラグ デメリット/メリットとおすすめのい草ラグ・カーペット

ラグの代わりになるものはありますか?

クッションフロアや、タイルカーペットがおすすめです。フローリングの硬さを軽減。柔らかさがあり、床の傷を防ぐこともできて、防音効果も期待できます。デザイン性もあるので、好みや部屋の雰囲気に合わせて選ぶこともできます。

ラグの代わりになるもの/代用・おすすめ商品

カーペットは何のために敷くのですか?

カーペットは快適性、断熱性、装飾性のために敷かれます。足元が柔らかく温かいだけでなく、床の温度を保ちます。また、部屋全体の雰囲気を調和させ、防音や床の保護にも寄与します。カーペットは快適な居住環境を作り上げ、インテリアの一部として機能します。

フローリングにカーペットは必要か/部屋に絨毯はいる?メリット デメリット

床生活をやめるとどのような変化がありますか?

床生活をやめると、座布団や敷物などを使用して床に直接座る習慣がなくなり、椅子やソファを使用することが一般的になります。これにより、座り心地や姿勢が変化し、背中や腰への負担が軽減される可能性があります。また、床での活動が減少するため、立ち上がりやすくなり、関節への負担も軽くなるかもしれません。

一人暮らし 床生活をやめる!デメリットと椅子生活のメリット

フローリングに敷くものは何がいいのまとめ

フローリングに敷くものとしては、ラグやカーペット、クッションフロア、タイルカーペットなどがあります。これらは保温性、装飾性、快適性、防音などの機能を提供し、床を保護します。一方で、フローリングにマットを敷くメリットは保温や防音の向上、デザインの個性化などが挙げられますが、デメリットとしてお手入れの手間や滑りやすさ、床の色褪せなどが考えられます。選択には個人の好みや用途、メンテナンスの容易さを考慮することが重要です。