一人暮らしでベッドの搬入に困らないための選び方。

ベッドの搬入しやすいロール梱包マットレス

マットレスはロール梱包がおすすめ

 

新生活や引っ越しで、家具やインテリアを搬入してもらうとき、注意が必要だと言われているのが大型家具。

 

中でもベッドの搬入について案内します。

 

といっても、搬入経路の確認や、入り口のサイズをあまり気にしなくてもいいベッドの話です。

 

購入や買い換えを考えているなら、ちょっと参考にしてみてください。

 

鍵はマットレスにあります。

ベッドは圧縮ロールマットレス!

roomstyle-designのプロフィールの画像

ベッドの搬入は、フレームは組み立て、マットレスはロール梱包をおすすめ。

ベッドの搬入が楽で喜ぶ一人暮らしの人

ベッドの搬入はコンパクト梱包が◎

 

ひとり暮らしのベッドなら、サイズはだいたいこれくらい。

 

シングルなら横幅100cmX縦幅200cm。

セミダブルで横幅120cmX縦幅200cm。

 

ベッドの完成品を搬入するとなると、エレベーターに入るか、階段で曲がり切れるか、部屋の入り口には入るか。

といった搬入経路をしっかり確認する必要があります。

 

多分大丈夫だろうなんて気楽に考えていると、搬入に失敗し、別途料金が発生してしまうかもしれません。

 

でも、ベッドフレームは組み立て式。

マットレスは圧縮ロール梱包なら、コンパクトにまとまります。

 

ベッドの搬入に失敗しないか不安な人はもちろん、サイズを測ったり、搬入経路を調べたりするのが面倒な人は、特におすすめです。

ベッドのマットレスは両手で抱えられる梱包サイズ

ロール梱包のマットレス

女性でも抱えることができるサイズ

 

圧縮ロール梱包のマットレスは、イメージするならカーペットの丸巻きのような状態です。

 

くるくる丸まっているからといって、布団のようなやわらかさのマットレスなんて想像しないでくださいね。

 

ボンネルコイルマットレス。

ポケットコイルマットレス。

 

一般的なマットレスの寝心地とまったく同じです。

 

マットレスの横幅サイズのロール梱包で、厚みは40cmもありません。

これならベッドの搬入に困らないと思います。

ベッドは圧縮ロールマットレス!

ベッドフレームは組み立て式ならコンパクト梱包

ベッドフレームは組み立て式でコンパクト梱包

ベッドフレームも組み立てで搬入ラク

 

ベッドフレームも、いくつかのパーツに分かれていて組み立てる仕様のベッドなら、完成品よりずっとコンパクトサイズの梱包です。

 

大きくて入り口から入らないので、吊り上げて窓から入れるしかない、なんてことはありません。

 

しかも、自分で組み立てるので、ベッドの料金もちょっとお安め。

 

組み立てるといってもプラモデルを組み立てるのとは違い、誰でもが組み立てやすい仕様になっています。

 

一人暮らしに合うシングルサイズや、セミダブルサイズよりもっと大きな、ファミリーサイズでも、組み立て式ならコンパクト梱包で、搬入も楽です。

 

子供といっしょに、家族みんなで寝たいと考えている人には、組み立て式のベッドはおすすめです。

分割タイプのベッドも搬入ラクラク

分割式ベッドも搬入に困らない

分割タイプのベッドも搬入に困らない

 

一人暮らしに人気のある脚付きマットレスベッド。

 

本体のマットレスが2つのパーツに別れる分割タイプも、梱包サイズが通常のマットレスの半分になるので、搬入もラクラク。

 

ひとつデメリットとしてあげるなら、寝ていると分割部分が少々気になる点ですが、対策として、厚手の敷きパッドを敷くことで解決できます。

 

脚付きマットレスベッドの中にも、マットレスがロール梱包のものがあります。

 

分割ではなく、普通のベッドと同じ一体型。

寝心地にこだわりがあるなら、若干お値段高めですが、梱包サイズも分割タイプよりさらにコンパクトなのでおすすめです。

ベッドの搬入の注意点を知っておこう。

ベッドの搬入の注意点

ベッドの搬入経路の確認・注意点

 

ベッドフレームは組み立て式。

マットレスは圧縮ロール梱包で搬入に困らないといっても、マンションやアパートの造りはさまざまです。

 

ベッドの搬入で失敗しないために、注意点を知っておくにこしたことはありません。

 

まずは梱包サイズを確認しておき、実際に搬入するときの注意点を3つ紹介します。

ベッドの搬入 階段には気をつけろ。

階段の横幅。

天井までの高さ。

狭い場合は要注意です。

 

階段に手すりがある場合、折り返しの場所でひっかかる可能性があります。

 

また、踊り場付近の天井が低くなっていたりすることもあるので、構造を確認しておく必要があります。

ベッドの搬入 入り口の確認は怠るな。

部屋への入り口。

幅や高さのサイズだけ確認しても不十分な場合があります。

 

いざベッドを搬入しようとしたとき、ドアノブがひっかかるなんてこともあります。

ドアが開いた状態の確認大事です。

 

入り口付近に邪魔になるようなもの、障害物はありませんか?

ドアから入ったらすぐに曲がる部屋の作りとか?

 

搬入には困らないコンパクト梱包といっても、搬入経路の確認は必要です。

ベッドの搬入は玄関受け渡しが多い。

ベッドを配達してもらったとして、多くの場合、玄関での受け渡しです。

 

つまり、玄関先まで運んでくれるけど、そこから先、部屋の中までは自分で運ばなければならないということ。

玄関のときと同じで、部屋のドア周りは確認が必要です。

 

自分で運びこむことを考えると、コンパクトサイズの梱包は助かりますし、なによりマットレスが両手で抱えられるくらいの重さというのがうれしいですよね。

圧縮ロール梱包は、女性でも抱えることができます。

 

ベッドフレームは組み立て式で、複雑な作りになっていませんが、自分で組み立てるのは不安…という場合、組み立て設置サービス付きのベッドを選ぶといいです。

 

部屋の中まで運んでくれて、組み立てしてくれて、指定した場所へ配置してくれます。

 

とってもラクラクです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました