赤ちゃんにジョイントマット以外のおすすめマット!おしゃれな選択肢

rugの上の赤ちゃん

ママにもうれしい!
ジョイントマット代わりに
ラグマットをおすすめ!

赤ちゃんのためだからジョイントマットで我慢…と考えていませんか?

ジョイントマットはクッション性があり、赤ちゃんの安全性を考え購入を検討する人も多いです。

けれど。

掃除の手間が原因で、ジョイントマットをやめたり、別の選択肢を探す人も案外多いのです。

ジョイントマットのメリットを持っていて、ジョイントマットのデメリットを解決するいいとこ取り。

だから、ジョイントマット以外なら、ラグマットがおすすめなのです。

洗濯機で丸洗いOK!

ママに大人気!赤ちゃんにも優しいキルトラグマット2,980円~

roomstyle-designのプロフィールの画像

赤ちゃんにジョイントマット以外なら、デメリットをカバーするラグマットがおすすめ!

顔を隠す女の子

ジョイントマットのデメリット

まず、ジィントマットのメリットとデメリットをみておきましょう。

ジョイントマットのメリット

○赤ちゃんに安全な、優しいクッション性。

○汚れたらサッと一拭き。その部分だけ洗うこともできる。

赤ちゃんのためにやさしいというのはとっても大事。

でも、2つ目の項目は赤字にしていますが、ココ、ちょっと注意が必要なんです。(あとで説明します)

ママたちがジョイントマットに感じている不満点は大きく2つあります。

ジョイントマットのデメリット

○部屋の雰囲気に合わない。

掃除が大変

ジョイントマットのイメージとして使われる写真を思い出してください。

リビングの雰囲気なんてまったく無視した感じですよね。

ジョイントすればぴったり!

なんて言っても、ギザギザはやっぱり目についちゃうんですよ。

そして、重要なのが掃除が大変だという点。

ジョイントマットの掃除について、ストレスだと感じているいる人が案外多いです。

手間なくパパッと掃除できるのが子育て時期には大切ですからね。

ジィントマットが赤ちゃんに優しいというのは本当です。

でも、ママのストレスのためにはラグマットをおすすめしたい。

その理由、ジョイントマットのデメリットについて説明します。

ジョイントのつなぎ目がないので掃除は面倒じゃない?

ジョイントマットは
その”つなぎ目”が
ストレスの原因です

ジョイントマットのデメリットの代表が掃除が面倒であること。

原因は、ジョイントマットの特徴でもある”つなぎ目”です。

ジョイント部分のわずかな隙間から、ゴミや埃が下に溜まってしまいます。

見た目にはぴったりジョイントされていても、よ〜く見ればわかります。

スキマはあるんです。

ジョイントマットの下って、放置しているとすごいことになっていますよ。

「こまめに掃除をすればいい」

その意見はごもっとも。

でも、毎日、でなくても2、3日に1回掃除をするとして。

1枚1枚はがして、そしてもどすを繰り返すんですか?

つなぎ目部分に養生テープを貼ってゴミ防止する案もあるようですが、全部ふさぎます?

下を掃除するときはずしてまた貼るってかえって手間ではないですか?

そもそも、そういう案が出るってことは、マットの下の掃除を気にしてるってこと。

「汚れたところだけ洗えばいい」

ジョイントマットのメリットで注意が必要だとふれました。

ジョイントマットを敷き詰めていても、汚れてしまった一部分だけはがして洗うことができるのは良い点かもしれません。

けれど、速乾性はないので、乾くのに少し時間がかかります。

数枚乾かす必要があった場合、時間もですが、乾かす場所も必要になります。

ジョイントマットは部屋に敷き詰める必要はありません。

実際、赤ちゃんがよくいる場所とか、部屋一面ではなく特定部分にジョイントマットを敷いている人もいます。

それなら、必要な大きさのラグマットで、下を掃除をするときはパッとめくってしまった方が効率いいと思います。

毛足の短いラグマットなら掃除機もかけやすいです。

裏面に滑り止めもついていますのでズレにくい。

水を弾く撥水加工がしてあるラグマットなら、飲み物をこぼしてもサッとひと拭きです。

丸洗いできるラグマットなら、いつも清潔でいられます。

専門店で洗えるラグマットを探す

楽天で洗えるラグマットを探す

ジョイントマットは見た目がちょっと…。

ジョイントマットって
ちょっとダサくない?

赤ちゃんがいるからジョイントマットを買わなきゃ!と選ぼうとすると、カラフルで、”いかにも”なデザインが多いですよね。

かわいいとは思いますが、部屋の雰囲気にあっていないのがイマイチ。

先輩ママたちの中には、今は我慢、なにより赤ちゃんが優先!

と言う人もいますが、気になるものは気になるのですから仕方ありません。

実際に掃除をするのはママですからね。

ダサさを我慢したとして、毎日毎日目にしていると、ためなくてもいいストレスが溜まっていきます。

これくらい…と思うようなストレスは、イライラの元になりやすいです。

ラグマットなら、カラー、素材、形と、インテリアに合わせて選ぶことができます。

つなぎ目もありません。

おしゃれな柄も選べます。

ジョイントマットのいがいと知られていないデメリット

ジョイントマットの
まだあるデメリット

赤ちゃんが「ずりばい」や「ハイハイ」をするとき、マットに触れる部分が擦れるといった声があります。

動くたびに擦れてしまうのはちょっとかわいそうです。

ラグマットは触り心地のいいものが多いですから、赤ちゃんの「ずりばい」や「ハイハイ」も問題なし。

ジョイントマットの端をかじる、フチをはずす。

ジョイントマットには、端にくるギザギザ部分の目隠しになる縁用のパーツがあります。

ハイハイして動けるようになった赤ちゃんは、剥がしてしまうことがあります。

赤ちゃんの目にもつくってことですよね。

剥がすだけならまだいいですが、かじって飲み込んだりしたら大変です。

汗でべたつく。

直接触れるとなると、べたつき感が気になる場合があります。

赤ちゃんが触れるものですから、肌さわりがいいものを使いたいですね。

こうやって見てみると、ジョイントマットのメリットって、赤ちゃんを事故から守るクッション性だと思います。

リビングはフローリングであることが多いですから、衝撃を吸収する機能に優れたジョイントマットは確かにいいアイテムです。

でもそれだけ。

赤ちゃんのためにと考えるなら、デメリットも多くあるジョイントマットである必要はないのです。

専門店で洗えるラグマットを探す

楽天で洗えるラグマットを探す

赤ちゃんにジョイントマット以外のおすすめラグマット

ラグの上の赤ちゃん

赤ちゃんが安全なクッション性は必要

赤ちゃんのために、ジョイントマットを選ぼうとするのは、優しさと安全性があるからですね。

赤ちゃんが寝返りをうち始めたり。

座っていても後ろへたおれたり。

つかまり立ちをはじめて転んだり。

フローリングの硬さから赤ちゃんを守ってあげたいですからね。

ジョイントマット以外を探すときも、クッション性があることは重要。

さらに。

洗える、もしくは撥水加工がされているのをチョイスする。

これも、いつでも清潔にしていたいですから選ぶポイントにしてください。

ジョイントマット代わりも十分なクッション性-低反発ラグマット

おしゃれなラグマットの中には、表面のデザインを楽しむラグマットばかりではないです。

厚みがあってクッション性のある素材、低反発ウレタンのラグマットがあります。

撥水加工がしてあることが多いので、汚れはサッとひと吹きで取り除くことができます。

低反発のラグマットは床の防音にも優れています。マンション住まいで、階下への配慮も考える必要がある場合、断然おすすめです。
極厚29mm。毛足短く手入れがラク

低反発ウレタンラグマット

3mm厚なら洗濯機OK!

ウォッシャブルラグマット

20mm厚で驚きの撥水力

撥水&低反発ラグマット

赤ちゃんにジョイントマット以外なら、代わりにフロアクッションラグマットもおすすめ。

フロアソファーにもなるからごろ寝もOK!

フロアクッションラグマット

赤ちゃんがゴロンと横になれて、転んだとしても、ウレタン素材がからだを受け止めてくれます。

30mmの厚みがあるので防音もしっかり。

平織り生地で肌触りがよく、カバーリングは丸洗いできます。

折りたたむ仕様ですが、すき間はできないので、マットの下も掃除しやすく清潔さを保てます。

赤ちゃんの遊び場、プレイマットにもなります。

ソファのように背もたれがついているので、そばで見守るママもゆったりすることができます。

フロアクッションラグマットは、こたつとも相性がいいですよ。

ジョイントマットは赤ちゃんのための消耗品だとする考えもあります。

クッション性は十分なので、割り切って購入するのもひとつの方法です。

ただ、一番のデメリット、掃除の大変さはともないます。

ママのためにも、ストレスは小さい方がいい。

なので、赤ちゃんのジョイントマット以外に、ラグマットをおすすめします。

専門店で洗えるラグマットを探す

楽天で洗えるラグマットを探す

タイトルとURLをコピーしました