赤ちゃんのためにジョイントマット以外ならラグマットがおすすめ

rugの上の赤ちゃん

ママにもうれしい!
ジョイントマット代わりにラグマット

赤ちゃんのためだからジョイントマットで我慢…と考えていませんか?

赤ちゃんのいるライフスタイルの中で、ジィントマットはあった方がいいのかなと思ってみても、デメリットが気になってしまう…。

自分の気持ちをごまかしてもストレスですよ。

ジョイントマットは、赤ちゃんのためにはメリットもありますが、デメリットを強く感じて後悔したとか、やめたという話も案外多く聞きます。

ジョイントマットのメリットを持っていて、デメリットがカバーできるラグマットをおすすします。

クッション性があって安全だから赤ちゃんにうれしい

おしゃれで、掃除のストレスから解放されるからママにもうれしい

ジョイントマットのデメリットからラグマットがおすすめな理由を考えてみます。

洗えるラグマットを楽天で探す。

roomstyle-designのプロフィールの画像

赤ちゃんにジョイントマット以外なら、デメリットをカバーするラグマッットを代わりにしよう。

顔を隠す女の子

ジョイントマットのデメリット

ママたちが、ジョイントマットに感じているデメリットは2つあります。

  • 部屋の雰囲気に合わない。
  • 掃除が大変。

ジョイントマットのメリットは、

  • 赤ちゃんに安全のクッション性。
  • 汚れても洗える。

ジョイントマットのメリットはそのままで、デメリットがカバーできて代わりになるもの。

赤ちゃんのためにもなって、ママのストレスも小さくなる。

だからラグマットがおすすめなのです。

洗えるラグマットを楽天で探す。

ジョイントマットよりグッとおしゃれでダサくない。

ジョイントマットって
ちょっとダサい
…。

赤ちゃんがいるからジョイントマットを買わなきゃ!と選ぼうとすると、カラフルで、”いかにも”なデザインが多いですよね。

かわいいとは思いますが、部屋の雰囲気にあっていないのがイマイチ。

先輩ママたちの中には、今は我慢、なにより赤ちゃんが優先!

と言う人もいますが、気になるものは気になるのですから仕方ありません。

ダサさを我慢したとして、毎日毎日目にしていると、ためなくてもいいストレスが溜まっていきます。

ラグマットなら、カラー、素材、形と、インテリアに合わせて選ぶことができます。

つなぎ目もありません。

おしゃれな柄も選べます。

洗えるラグマットを楽天で探す。

ジョイントのつなぎ目がないので掃除は面倒じゃない?

ジョイントマットは
掃除が大変ストレス

ジョイントマットのデメリットの代表が掃除が面倒であるということ。

原因はつなぎ目。

ジョイント部分のわずかな隙間から、ゴミや埃が下に溜まってしまいます。

ジョイントマットは、汚れたところだけ洗えばいいというのはメリットかもしれません。

でもはずしたその下は、こまめに掃除していないと大変なことになっていますよ。

つなぎ目部分を養生テープを貼ってゴミ防止する案もあるようですが、全部ふさぎます?

下を掃除するときはずしてまた貼るってかえって手間ではないですか?

ジョイントマットは部屋に敷き詰める必要はありません。

実際、赤ちゃんがよくいる場所とか、部屋一面ではなく特定部分にジョイントマットを敷いている人もいます。

それなら、必要な大きさのラグマットで、下を掃除をするときはパッとめくってしまった方が効率いいと思います。

毛足の短いラグマットなら掃除機もかけやすいです。

裏面に滑り止めもついていますのでズレにくい。

撥水加工。

水を弾く加工がしてあるラグマットなら、飲み物をこぼしてもサッとひと拭きです。

ジョイントマットは汚れた部分だけ洗えるのはメリットではありますが、速乾、すぐに乾くというものではありませんし、数枚洗うことになったら乾かす場所も必要です。

丸洗いできるラグマットなら、いつも清潔でいられます。

洗えるラグマットを楽天で探す。

ジョイントマットの代わりも十分なクッション性

ラグの上の赤ちゃん

赤ちゃんが安全なクッション性は必要

赤ちゃんが寝返りをうち始めたり。

座っていても後ろへたおれたり。

つかまり立ちをはじめて転んだり。

フローリングの硬さから赤ちゃんを守ってあげたいですね。

おしゃれなラグマットの中には、表面のデザインを楽しむラグマットだけではなく、厚みがあってクッション性のある素材のラグマットがあります。

例えばコレ↓


洗える 低反発ラグ

低反発の素材は、からだをゆっくりやさしく受け止めます。
表面は高密度のマイクロファイバーなので、寝転んでも触れ心地がいい。

毛足も短く、洗濯機で丸洗いもできるのもうれしいポイント。

低反発のラグマットは床の防音にも優れています。マンション住まいで、階下への配慮も考える必要がある場合、断然おすすめです。

ジョイントマットのいがいと知られていないデメリット

○赤ちゃんが「ずりばい」や「ハイハイ」をするとき、マットに触れる部分が擦れるといった声があります。

動くたびに擦れてしまうのはちょっとかわいそうです。

ラグマットは触り心地のいいものが多いですから、赤ちゃんの「ずりばい」や「ハイハイ」も問題なし。

○ジョイントマットの端をかじる、フチをはずす。

そんな赤ちゃんもいるようです。

○汗でべたつく。

ジョイントマットの上に肌触りのよい敷物を敷く、でもいいと思います。

ジョイントマットのメリット、赤ちゃんを事故から守るクッション性と、丸洗いでき、デメリットのダサさと、掃除の面倒さをカバー。

赤ちゃんにもママにもうれしいから、ラグマットはおすすめです。

洗えるラグマットを楽天で探す。

赤ちゃんにジョイントマット以外なら、代わりにクッションラグマットもおすすめ。


フロアソファになる洗えるクッションラグ

赤ちゃんがゴロンと横になれて、

もし、転んだとしても、ウレタン素材がからだを受け止めてくれます。

30mmの厚みがあるので防音もしっかり。

平織り生地で肌触りがよく、カバーリングは丸洗いできます。

折りたたむ仕様ですが、すき間はできないので、マットの下も掃除しやすく清潔さを保てます。

赤ちゃんの遊び場、プレイマットにもなります。

ソファのように背もたれがついているので、そばで見守るママもゆったりすることができます。

ジョイントマットは赤ちゃんのための消耗品だとする考えもありますが、フロアクッションラグは家族がくつろぐおしゃれなインテリアになります。

洗えるラグマットを楽天で探す。

コメント

タイトルとURLをコピーしました