ZitA(ジータ) 自動開閉ゴミ箱のキャスターはオプションで。

【ひらけ、ゴミ箱】ジータ ゴミ箱

スポンサーリンク

ZitA(ジータ) 自動開閉ゴミ箱にキャスターオプション

下にコロコロをつけて
自由に動かせるようにしたい

ZitAにキャスターがあるともっと便利なのに…。

購入した人の口コミを見てみると、多く見かけるコメントでした。

ZitAはゴミ箱ですから、そう頻繁に移動させることはありません。

ゴミを捨てるときくらいでしょうか。

45Lの指定ゴミ袋がすっぽり入るZitAは、重量3キロほど。

ゴミがいっぱいになれば、さらに重さは増します。

キャスターがついていて動かすことができると、確かに便利ですよね。

そこで、お待たせしました!と登場したのが、ZitAのオプションパーツ キャスター。

ZitA本体の下にキャスターを取り付けることで、ZitAをスムーズに動かすことができます。

ZitA(ジータ) 自動開閉ゴミ箱のキャスターの付け方

ZitAのキャスターの取り付け方を紹介。

注意点として、オプションパーツのキャスターは、2020年9月以降に届けられたZitAに対応しています。

1.ZitA本体を逆さまにします。

2.底にある穴に、キャスター軸がすべて隠れるまで差し込みます。

3.フタ、ゴミ袋、リングを取り付けます。

工具を使うことなく取り付けることができます。

キャスターにはブレーキがついているので、固定することも可能です。

ちなみにカラーは黒のみ。

ZitA 通常サイズ、miniのどちらにも対応しています。

ZitA(ジータ) 自動開閉ゴミ箱のキャスターを取り付けるときの注意点

ZitAにキャスターを取り付けると、注意をすることがあります。

本体の高さにプラスして、5cm増加します。

設置場所がカウンターの下などの場合、考慮する必要が出てきます。

センサーの感知範囲の調整が必要です。

キャスターを後付けする場合だけではなく、ZitAとキャスターをいっしょに購入する際も、高さを考えて置いてください。

ZitAのオプションパーツのキャスターは、4個セットで¥1500。

なので、100円ショップの代用品でいいかな、という人もいるかもしれませんね。

その場合、対荷重を考えておいてください。

ZitA本体 フタ込みで全体3.08キロです(電池は含んでいません)

関連記事:ZitA(ジータ)自動ゴミ箱 口コミ評判&レビュー

関連記事:ZitA(ジータ)自動開閉ゴミ箱のデメリット 閉まらないときは?

関連記事:自動ゴミ箱 おすすめ!人気のセンサー付きを比較

タイトルとURLをコピーしました