こたつを使うか?ソファーとテーブルか?意見をまとめて見たよ。

冬のリビングでの過ごし方。

 

こたつを使うか?

それとも、

ソファーとテーブルで過ごすか?

 

悩んでいるあなたのために、実際に使っている人の使い勝手や意見をまとめて見ました。

 

冬の暖房といえば、まずこたつをイメージするのですが、こたつは使わずソファーとテーブルというお宅には理由があると思うのです。

 

スポンサーリンク

こたつではなく、なぜソファーなのかを知ろう。

寒さを感じるようになったら出てくる「こたつかソファーか」の問題。

 

引越しや、生活スタイルが変わったり、古くなったので買い替えを検討したりときっかけはさまざまですが、1番の重要ポイントは、「冬をあたたかく過ごしたい」だと思います。

 

「冬はやっぱりこたつ」ではないのでしょうか?

こたつではなくソファーを選ぶ人の理由

肌寒く感じてきたら、CMバンバン、家具売り場でも商品が並び、こたつを連想することが多いですが、中には、こたつは使わない、好きじゃないという意見があります。

 

見るからに「冬をあたたかく過ごしたい」に適していると思うのですが、こたつではなくソファーを選ぶのはどんな理由からなのか?

 

こたつに入ると出たくなくなる、動かなくなるからソファー

外から帰ってきても、こたつに入ればすぐに暖をとることができます。

 

こたつに入ってぬくもりを感じたら、なかなかそこから出たくなくなるというのは、冬の朝、布団から出たくないのと似ています。

出るのつらいですよね。

 

この誘惑には勝てないからこたつは使わない。

自分がそうだったり、家族がこたつから動かなくなるからという理由です。

 

こたつに入って横になるのって気持ちがいいですが、そのまま寝てしまったり、結果風邪をひいてしまうこともあります。

 

そのルーズさが嫌だ、苦手と感じる場合です。

 

こたつで食事したときの食べこぼしがイヤだからソファー

こたつを使うときは、基本的にこたつ布団の上にカバーをかけます。

 

こたつ布団は頻繁に洗うものではありませんから、汚れ防止に洗いやすいカバーをかけて使用します。

 

でも、それでも完全ではありませんし、特に子供が小さいと食べこぼしも多いと思います。で、ママたちに不評。

 

埃が気になる、掃除が面倒という意見もあります。

 

こたつを出すと部屋が狭くなるからソファー

広いリビングなら気にすることはないですが、

 

「うちのリビング 狭いのよね〜」

 

と、リビングの広さにそれほど余裕がない場合、こたつを出すと狭くなるという意見です。

こたつ布団の分、テーブルだけのときより場所をとります。

 

こたつの敷布団はテーブルの下にラグを敷いているようなものですが、こたつの掛け布団がかかっているので、抜け感なく幅をとって窮屈に感じるのだと思います。

 

こたつではなくソファーを選ぶ理由をまとめて見ると…

こたつを出すことにより、リビングが狭く感じる。
こたつで食事をするときの食べこぼしなどの汚れが気になる。

 

それに加えて、床暖房の家庭が増えたことがあります。

床からのあたたかさで、こたつはなくても暖を取れるため使わなくて十分なのです。

 

でもこたつではなくソファーを選ぶ1番の理由は、こたつから出なくなる、動かなくなるから。

 

生活態度がルーズになるからとデメリットにあげるほど、こたつの心地良さは理解されていることがわかります。

 

そのデメリットが、こたつを選ぶ人のメリットになります。

 

こたつか?ソファーか?ならこたつで決まり!という理由はコレに尽きる。

人をダメにするほど心地いい場所だから。

 

ちょっと汚れとか、掃除とか面倒だし、リビングもまぁ狭く感じるけれど、あたたか〜いこたつの居心地のよさはやっぱり最高!

 

コレに尽きます。

 

こたつに家族が集まって団欒。いいじゃん。

抜け出せなくなるほど居心地いいこたつですから、家族みんなが集まります。

少し大きくなったお子様も、リビングで一緒にテレビを見たり、ゲームをしたり、こたつを囲んで過ごす時間は楽しいと思います。

 

こたつを使ったことがないなら、子供に経験として試してみるという意見もあり、こたつを使わない家庭も多いのだと感じます。

 

また、こたつはソファーに座るのと違い足が伸ばせますね。

こたつを使うか?ソファーにするか?抗う意志の強さがあるかで決まる!

なにに抗うかといえば、こたつの居心地のよさです。

 

入ったら出たくなくなる、動かなくなるのがわかっているこたつの居心地のよさには、抜け出せずにそのまま寝てしまう危険性があります。

 

ゴロゴロ、怠惰になることをある程度受け止めることができるなら、これ以上心地のいい場所はないと思います。

 

ちょっと自信がない人、ルーズになってしまうのがイヤ、不衛生さを感じてしまう場合は、ソファーとテーブルがよいと思います。

 

リビングをあたためるモノは、床暖房、電気カーペット、ヒーター、ストーブなど、こたつだけではありません。

それに、膝掛けや、着る毛布のようなモノもありますから、ソファーでも快適です。

 

あっ。

リビングにこたつは合わないからソファーという人もいるようですが、合わせることは可能ですよ。

タイトルとURLをコピーしました