プロモーションが含まれています。

フローリング コーティング 剥がれ/原因・理由と対策

楽天トラベル割引クーポン!

コーティングが剥がれた!
対処法と原因を知ろう!

スポンサーリンク

フローリングのコーティングが剥がれたときの対処法

まずは程度をチェック

フロアコーティングが剥がれた場合、まずは程度をチェックすることが重要です。剥がれの程度によって、適切な補修方法や手順が異なるため、慎重な検討が必要です。

まず、剥がれた箇所を詳しく観察してください。剥がれが小さな範囲であり、他の部分はまだしっかりとしている場合、局所的な補修が可能かもしれません。逆に、広範囲にわたって剥がれが進んでいる場合は、全体的な再コーティングを考える必要があります。

程度をチェックする際に注意すべき点は、剥がれた部分が表面のみなのか、下地まで影響が及んでいるかです。もし下地にも影響がある場合、下地処理を含む大がかりな補修が必要となる可能性があります。

剥がれの程度を確認したら、補修に必要な材料や道具を用意します。局所的な小さな剥がれであれば、補修用のコーティング剤やパテを利用して修復することができます。しかし、大きな範囲や深刻な剥がれの場合は、専門家に相談してプロの手で修復することが賢明です。

保証期間と適用範囲を確認

フロアコーティングが剥がれた場合、まずは保証期間と適用範囲を確認することが大切です。保証期間内であれば、メーカーや施工業者が提供する保証に基づいて補修を受けることが可能です。

保証期間は通常、製品やサービスごとに異なります。まずはフロアコーティングを提供したメーカーや施工業者に連絡を取り、契約書や取引条件を確認しましょう。保証期間内であれば、剥がれた箇所について無償で補修してもらえる可能性があります。

同時に、保証の適用範囲も確認してください。保証が適用される具体的な条件や補修範囲が契約書や保証書に記載されているはずです。例えば、特定の使用条件や適切なメンテナンスがされていない場合、保証が適用されないことがあります。

保証期間と適用範囲を確認することで、不適切な製品や施工による剥がれに対して、メーカーや施工業者が提供するサポートを受けることができます。

自分で直すことは可能?

フロアコーティングが剥がれた場合、自分で直すことが可能かどうかは、剥がれた範囲や原因に依存します。

もし剥がれた箇所が小さく、床の表面のみに影響している場合、自分での補修が可能です。補修には、フロアコーティングの補修キットや適切な製品を使用します。これらのキットには、剥がれた部分を埋めるための特殊な補修剤やトップコートが含まれていることがあります。

もし剥がれた範囲が広く、深刻な場合は、専門家に相談することが推奨されます。大規模な剥がれには、専門的な診断が必要であり、プロの技術や経験が求められます。

フロアコーティングには保証期間が設定されていることがあります。剥がれが保証の範囲内であれば、メーカーや施工業者に連絡し、補修を依頼することができます。

注意点として、自分で補修を行う前には必ず製品の取扱説明書や補修キットの指示に従って作業を進めることが重要です。

フローリング コーティングの剥がれ・種類別対処法

UVコーティング

UVコーティングは、フロアコーティングの一種であり、紫外線硬化型のコーティングです。UVコーティングは紫外線によって瞬時に硬化します。光を照射すると、コーティングが即座に硬化し、堅牢で耐久性のある表面を形成します。この特性により、施工後のフロアは迅速に使用可能となります。施工中、別室で待っていれば、数時間後には部屋の使用が可能になります。施工後でも素材の本来の色や模様が保たれます。これにより、フロアの美しさが引き立ちます。UV硬化は非常に強力で、コーティングされたフロアは優れた耐久性を持ちます。抵抗力があり、傷や擦り傷に対して強い防御力を発揮します。清掃やメンテナンスが比較的容易です。汚れが付着しても、通常の掃除で簡単に取り除けます。

UVコーティングは一般的に化学物質に対しても強い抵抗力を示します。薬品や油、溶剤などがフロアに付着しても、その影響を最小限に抑えます。揮発性有機化合物(VOC)を含まないか、少量しか含まないため、環境への影響が少ないとされています。環境に優しい選択肢としても注目されています。

耐用年数は20〜30年。剥離することはできませんが、部分補修は可能です。ただし、自分で行うことはできません。

ガラスコーティング

ガラスコーティングは高い保護性能と美観を兼ね備えています。非常に硬く、強固な表面を形成します。これにより、フロアは優れた耐久性を持ち、傷や擦り傷から保護されます。

ガラスコーティングは透明であり、美しい光沢を持たせることができます。フロアの表面を美しく輝かせ、高級感を演出します。表面に汚れや水滴が付着しにくい特性があります。これにより、清潔で美しい状態を長期間維持することができます。ガラスコーティングを施したフロアは、通常は低メンテナンスが可能です。汚れが付着しても、簡単な掃除で効果的に取り除くことができます。完全硬化には1〜2日必要です。

ガラスコーティングは一般的に化学物質に対して強い抵抗力を示します。薬品や酸性物質、アルカリ性物質などに対して耐性があり、フロアを守ります。水や油を強くはじく性質があります。この特徴により、フロアが濡れたり油で汚れたりするのを防ぎ、安全性が向上します。

耐用年数は15〜25年。剥がれた範囲が小さければ補修することは可能で、部分補修もできます。溶剤があれば、自分で行うことはできます。

シリコンコーティング

シリコンコーティングは非常に耐摩耗性が高く、フロアを保護するために効果的です。また、耐久性も優れており、長期間にわたって効果を維持します。水をはじく性質があり、フロアを効果的に防水します。これにより、水濡れによる損傷やシミの発生を防ぎます。一般的に化学薬品に対しても耐性があります。薬品や酸性物質、アルカリ性物質などに対して強い防御力を発揮し、フロアを保護します。一般的に低臭性で、施工時に発生する臭いが少ないため、快適な作業環境を提供します。

シリコンコーティングは柔軟であり、フロアの伸縮に対応します。これにより、温度変化や建物の地盤沈下などによる変動に対しても適応性があります。耐候性に優れており、外部環境の影響からフロアを守ります。紫外線や気候変動に対して効果的な保護を提供します。シリコンコーティングは光沢があり、フロアに美しい仕上がりを与えます。また、透明性が高いため、フロアの本来の色や模様を損なわずに保持します。

シリコンコーティングは自然乾燥になり、完全硬化には1〜2日かかります。

耐用年数は10〜15年。補修は重ね塗り。自分で行うことはできません。

ウレタンコーティング

ウレタンコーティングは非常に耐摩耗性が高く、フロアを保護しやすくなります。また、耐久性も優れており、長期間にわたって効果を発揮します。ウレタンコーティングは美しい光沢をもたらし、フロアに高級感を与えます。また、均一な仕上がりが得られるため、美観の向上に寄与します。

ウレタンコーティングは一般的に化学薬品に対しても強い耐性を持ちます。薬品や酸性物質、アルカリ性物質などに対して効果的な防御を提供し、フロアを保護します。柔軟であり、フロアの伸縮に対応します。これにより、温度変化や建物の地盤沈下などによる変動に対しても適応性があります。水に対して効果的な防水性を持ちます。これにより、フロアが水濡れによって損傷するのを防ぎます。

ウレタンコーティングは自然乾燥になり、完全硬化には1〜2日かかります。

耐用年数は7〜10年。補修することはできません。また、自分で行うこともできません。

フローリング コーティングの剥がれは、4種類は主な施工を紹介しましたが、いずれも基本的に自分で対処することはできません。技術が求められるので、専門業者に依頼するのがベストな選択です。

フローリングのコーティングが剥がれる理由

日常生活でおこる摩擦

フロアコーティングが剥がれる一因は、日常生活でおこる摩擦です。床面には様々な物が移動し、人やペットの歩行などが摩擦を引き起こします。これにより、フロアコーティングの表面が擦り切れ、剥がれることがあります。

例えば、家庭では椅子やテーブルの移動、子供たちの遊び、ペットの爪の爪切りなどが挙げられます。これらの活動により、フロアコーティングが耐えるべき摩擦や圧力が発生し、時間とともにコーティングが削れてしまうことがあります。

また、使用されたフロアコーティングの種類や品質によっても耐久性が異なります。十分な耐摩耗性のあるコーティングでない場合、日常の摩擦によって剥がれやすくなります。

フロアコーティングの選定や使用後のメンテナンスが重要です。

熱やペットのおしっこによる劣化

フロアコーティングが剥がれる一因は、熱やペットのおしっこによる劣化です。まず、熱による劣化について考えてみましょう。床面が長時間にわたって高温にさらされると、フロアコーティングの成分が変質しやすくなります。たとえば、太陽光が直射し、床面が熱をこもる場合や、暖房器具が近くにある場合などが挙げられます。これによって、コーティングが劣化し、剥がれの原因となります。

次に、ペットのおしっこによる劣化です。ペットが床におしっこをすると、尿中の酸やアンモニアがフロアコーティングに影響を与えることがあります。これにより、コーティングが変質し、剥がれやすくなります。特に、おしっこがしばしばかかる箇所では、劣化の進行が速まります。

高温やペットの影響を最小限に抑えるためには、通気性のある素材のコーティングを選び、ペットのお世話には注意が必要です。

水がついた状態での放置

フロアコーティングが剥がれる主な原因の一つは、「水がついた状態での放置」です。水分は床材やコーティングに侵入し、その結果、剥がれの要因となります。

例えば、床に水がこぼれた際にすぐに拭き取らないで放置すると、水分がフロアコーティングの下に浸透し、コーティングと床材の間に隙間ができる可能性があります。この隙間に水分が侵入することで、コーティングが剥がれやすくなります。

また、湿気の多い環境でのフロアコーティングは、水分が常に存在しているため、時間とともに剥がれが進みやすくなります。湿度の高い場所では、フロアコーティングが水分を吸収し、それが原因で剥がれやすくなることがあります。

このため、水が床にかかった場合は速やかに拭き取り、湿気の多い場所では適切な換気や除湿を行うことが重要です。

コーティングの耐性の違い

フロアコーティングが剥がれる理由の中で重要な要素の一つは、「コーティングの耐性の違い」です。異なる種類のフロアコーティングは、耐久性や耐摩耗性において異なる性能を持っています。

例えば、一部のコーティングは高い耐久性を持っている一方で、他のコーティングは柔軟性があります。使用状況や床の種類によって適したコーティングが異なるため、誤った種類のコーティングを選んでしまうと、予期せぬ剥がれが生じることがあります。

コーティングの選定は、使用環境や床の用途に合わせて検討することが大切です。

施工時の密着不良や厚塗り

フロアコーティングが剥がれる原因の一つは、「施工時の密着不良や厚塗り」です。施工の際、下地の準備やコーティングの均一な厚みが不足していると、コーティングが適切に床に密着せず、剥がれのリスクが高まります。

密着不良が生じる主な原因は、まず下地処理不足です。下地処理を怠ると、コーティングが十分に密着しない可能性があります。油分、埃、汚れなどが残っていると、コーティングが下地にしっかりと密着せず、剥がれの原因となります。

フロアが湿気や水分にさらされている場合、コーティングが効果的に硬化せず、密着不良が生じやすくなります。湿度の高い環境での施工や、湿気の多いフロアへのコーティングは慎重に行う必要があります。また、フロアの表面に油分や脂が残っている場合、コーティングがこれらの物質と十分に結合できず、密着不良が起こりやすくなります。適切な洗浄や脱脂処理が必要です。

コーティングを施工する環境の温度や湿度が急激に変化すると、硬化プロセスに影響を与え、密着不良が発生する可能性があります。施工前に環境条件を確認し、最適な条件で作業することが重要です。

フロアの用途や特性に合わないコーティング材料を選択した場合も、密着不良が生じることがあります。適切なコーティング材料の選定が必要です。既存のコーティングが劣化している場合、新しいコーティングが適切に密着しない可能性があります。古いコーティングの剥がれや劣化を確認し、必要に応じて取り除くことが重要です。

施工時に厚塗りが行われると、均一な膜厚が得られず、一部分が過剰に膨れ上がることがあります。この厚塗り部分は十分な硬さを持たないため、割れやすく、剥がれの発生を招きます。

コーティングの施工技術が不十分な場合、均一な塗布や厚みの管理が難しく、密着不良が生じやすくなります。密着不良や厚塗りによる剥がれを防ぐためには、施工業者の見極めが重要になります。数社の資料を取り寄せ比較することをおすすめします。

フローリングのコーティングの剥がれを予防するために

施工不良(密着不良)を防ぐ業者選び

フロアコーティングは、専門の業者に依頼するのが一般的です。施工会社も数多くあり、どこに依頼するのか迷うと思います。だからと言って、サービスだけ、値段だけで決めてしまうのはやめておいてください。技術の伴わないところにお願いすることになるかもしれません。

フロアコーティングの剥がれの理由の中には、施工不良(密着不良)があります。それは、依頼側にはわからないことです。数年後に剥がれてきたとして、それが施工不良だったとしても、確かめることはできません。

信頼のおける業者を選ぶことは、フロアコーティングの剥がれを予防する大事な要素になります。評判の良さそうな会社ということで選ぶのではなく、数社に見積もりを出してもらい、じっくり検討することをおすすめします。

定期的なメンテナンス

フロアコーティングの表面に付着する埃や砂などの微粒子は、床に圧力をかけ、剥がれを引き起こす原因となります。定期的な掃除を行い、床を清潔に保ちましょう。柔らかいほうきや掃除機を使用し、堅いブラシや粗いモップを避けることで、コーティングの表面を傷つけないようにします。

洗浄剤の選定も重要です。強酸性や強アルカリ性の洗剤は、フロアコーティングを劣化させ、剥がれの原因になります。中性の洗剤を使用し、メーカーが推奨する洗浄剤を利用します。

家具の移動や鋭利な物の引きすぎなど、床への物理的なストレスを避けます。これにより、フロアコーティングが傷つくことなく長寿命を維持できます。床に適したクッション材を使用したり、家具の下にフェルトパッドを取り付けたりすることで、剥がれを防ぎます。

これらのメンテナンス対策を徹底的に行うことで、フロアコーティングの剥がれを予防し、美しい状態を維持することが可能です。

部屋の環境条件

フロアコーティングの剥がれを防ぐためには、床の周りの環境条件を適切に管理することが重要です。

湿度が高い環境では、フロアコーティングが水分を吸収しやすくなり、それが剥がれの原因となります。室内の湿度を一定に保つためには、除湿器や適切な換気を活用しましょう。特に湿度の高い季節や場所では、湿度管理に特に注意が必要です。

高温や低温の環境もフロアコーティングの劣化を招く可能性があります。過度な直射日光や暖房器具からの熱にさらされないように心がけ、安定した室温を維持します。

通気性のある環境がフロアコーティングの耐久性を高めます。部屋を定期的に換気し、空気の循環を促進させましょう。通気性が確保されることで、フロアコーティングがムレずに効果的に機能し、剥がれを防ぐことが期待できます。

これらの環境管理のポイントを実践することで、フロアコーティングの剥がれを最小限に抑え、美しい床を長期間維持することができます。

フロアコーティング 剥がれQ&A

フローリングのコーティングが剥がれるのはなぜ?

フローリングのコーティングが剥がれる主な原因は、摩擦や外部からの圧力による損傷、不適切なメンテナンス、または施工時の不良が挙げられます。足踏みや家具の引きずりなどが繰り返されると、コーティングが摩耗し、剥がれる可能性が高まります。正しいメンテナンスと適切な使用環境を確保し、慎重な施工が重要です。

ガラスコーティングが剥がれたらどうすればいいですか?

ガラスコーティングが剥がれた場合は、まず原因を特定します。剥がれが保証内であれば、メーカーに連絡して修理や補償を検討しましょう。保証外の場合は、専門家に相談し、再コーティングを検討するか、剥がれた箇所を専用のキットで補修することが選択肢です。

フロアコーティング 何年もつ?

フロアコーティングの寿命は使用状況やメンテナンスに依存しますが、一般的には3〜35年が一般的です。高い耐久性の製品や適切なメンテナンスを行えば、長く持続させることが可能です。しかし、高負荷な環境や適切でないメンテナンスがあれば寿命が短くなることもあります。

フローリング コーティン剥がれのまとめ

フロアコーティングが剥がれる主な理由は施工不良や下地処理の不足、厚塗り、密着不良などが挙げられます。剥がれが生じた場合の補修には、剥がれた範囲や原因によって異なりますが、製品の補修キットや専門業者の協力を得ることが一般的です。また、フロアコーティングの剥がれを予防するためには、施工前の適切な下地処理や均一な施工、そして定期的なメンテナンスが欠かせません。これらの手順を守ることで、耐久性を高めることができます。施工不良を防ぐためには、信頼性のある業者に依頼し、プロの技術や経験を活かして適切な施工を行うことが重要です。